• admin
  • topimage

    2017-04

    『地球の自転が速すぎてついていけない季節』 - 2012.04.15 Sun

    新学期が始まって1週間。

    日程を勘違いするハプニングもありましたけど、
    どうにか無事に切り抜けた長男くんに拍手

    心や体が落ち着くまでには、
    まだまだ時間はかかりそうだけど、
    私は、ゆったりと寄り添ってあげていられるでしょうか。

    長男くんがこんな詩を書いていました。


    『地球の自転が速すぎてついていけない季節』

    今日でお別れ じゃあねバイバイ
    写真撮って 泣いて泣いて
    乾く間もなく「はじめまして」
    思い出が笑う
    雑踏と夕日の間で
    寝ぼけ眼をこすっていた
    私達はどうなったの(涙)

    今日も遊ぼう そおれワイワイ
    軽い感じで笑い合って
    通じる頃にはバイバイって
    口元が笑う
    現実と逃避の間で
    寝ぼけ眼をこすっている
    俺は今どうなってるの(笑)

                by 長男くん 高3・4月



    春って、のどかなイメージがあるけれど、
    実は実は、猛烈な勢いであれよあれよと過ぎてゆく、
    そんなあわただしい季節なんですよね。

    ついていけないのも
    ちょっと分かる気がします


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    『これっぽっち』 - 2011.11.01 Tue

    今朝の長男くん、「頑張る」の気持ちが勝ちました。

    本当は、ちょっとつらい部分もあったみたい。
    だけど、ふんばってました。
    前向きです。

    今日、仕事から帰った時もお昼寝タイムではなく、
    「おかえり」と言われましたよ。

    いつだって平気そうな顔して、
    でも内心びくびくしながら、彼の毎日の調子をうかがって、
    いつまでこんなこと続くのかなあ

    …と
    ちょっとばかり、ぼやいてみました

    でも大丈夫。
    今長男くんはとても明るく元気です。
    いつも言い聞かせます。
    私の役目は併走。

    彼らが笑っていてさえくれれば、
    こちらもそれだけで元気になれます。
    親って単純。

    そんなもんです。

    我が子たちがずっとお世話になっているピアノの先生。
    先生が定期的に新聞のようなものを作って配られているのですが、
    それによく、長男くんの詩が載せられます。
    私の知らないところで、
    先生に頼まれて書いているみたいです。

    最近、長男くんの詩が少し変わったと、
    先生からわざわざ声をかけてもらいました。
    なんか前向きになってるって。

    どうなんでしょう。

    本当にそうだったら嬉しいです。


      これっぽっち

    これっぽっちのしぐさで笑ってくれて
    これっぽっちのもので喜んでくれる。
    これっぽっちの言葉で照れてくれて
    これっぽっちの愛で愛し返してくれる。
    君はそれでいいんだろうけど。

    これっぽっちの僕にほほえんでくれて
    これっぽっちの僕にも頼ってくれる。
    これっぽっちの僕を怒ってくれて
    これっぽっちの僕と一緒にいてくれる。
    君はそれでいいんだろうけど。

    だけどそんな君だからこそ
    僕のたったこれっぽっちで満足してほしくない。
    ほしくない。

                  by.長男くん 高2・9月



    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    『言葉』 - 2011.09.21 Wed

    台風が暴れてます。
    影響を受けてる地域の方々、不安な時間をお過ごしのことと思います。
    どうかお気をつけ下さい…。

    長男くんは今日も学校に行きました。

    朝起きてきたら、寒い寒いと言ってソファーに縮こまってました。
    夜中に着こんだらしく、長袖トレーナーと長ズボン姿。

    いや、実際寒い朝でした。
    だから寒いと思うのは当然。

    でも、いやに猛アピールしてきます。
    休みたいのかな…。

    はた目には、そうとしか見えません。
    体調不良を猛アピールして、「今日休んだら?」の一言を待ってる。
    そんな感じ。

    しばし無視。

    でもな…と思って声かけました。
    「そんなに寒いなら、ちょっと熱測ってごらん」

    37.2度でした。

    もう
    一番悩むあたりの数字じゃないの。

    でも、体温計がピピッと鳴って、
    「熱なかった?」と聞く母に対して
    「37.2度だから大丈夫。」と言って朝食を食べ出したのは長男くんその人。

    長男くんが起きてからこの間までの、
    部屋に漂ってた何ともシラ〜っとした空気、分かります?

    こんな時の長男くんの心理、
    まだまだ私には見極めきれません。

    ホントは休みたいのに、無理そうと思ってあきらめつつ、
    微熱はあるんだとさりげなくアピールしたのか。

    本当に“寒い”“キツい”に取りつかれてて、
    微熱程度だったからほっとしたのか。

    この際だから、ストレートに聞いてみました。
    「学校のこと考えたら気持ちがもやもやするとか?」
    今までのことがあるからねえって前置きしながら…。

    そうしたら長男くん、
    「胃はもやもやしてるけど、気持ちは別に」だって。

    大丈夫か。

    どうして信じてあげられないかなあ。
    本人は本人なりに頑張ってるのにね。
    自転車乗って、電車乗って、朝補習も欠かさず、
    真面目に毎日高校生やってるのにね。
    時々授業をさぼったりする同級生だっていたりするのにね。

    ごくごくフツーの朝、
    長男くんも、ごくごくフツーの高校生です。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

       言 葉

    思いを伝えたいとき
    僕たちは言葉を話す
    嬉しい 悲しい 好き 嫌い
    でもそんな言葉のどれにも当てはまらないとき
    僕たちは
    ビミョーと言う

    想いを伝えたいとき
    僕たちは言葉を話す
    嬉しい 悲しい 好き 嫌い
    でもそんな言葉では足りないとき
    僕たちは
    チョーと言う

             by 長男くん 高2・8月



    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    自分との会話 - 2011.09.17 Sat

    長男くんの数日前の夢、
    あれは結構考えさせられました。

    思えば、長男くんはいろいろ夢を見ます。
    不登校の頃は、とても“分かりやすい”夢を見ていました。

    例えば…
    ドアを開けたらまたドアがあって、
    そのドアを開けたらまたドアがあって…
    という繰り返しの夢。

    それは、出口のない焦りを表す典型的な夢。

    あなたは今、焦りや不安と闘ってるんだよ、と
    そんな話をしましたっけ。

    自分の不安や恐れを、
    なかなか意識することができない長男くんがいて、
    あの手この手でそれを形にしようとする
    別の長男くんがいて。

    いろいろな自分がそれぞれに必死です。

    自分はこういう理由で
    こんなにも不安なんだって、
    こんなにもつらいんだって、
    それを自分で分かってあげられるようになるだけで、
    随分と気持ちが軽くなるはず。

    それが多分、自分を知るということ…
    なのかな。

    難しいですよね。

    誰でも難しいことです。
    自分との会話。
    私だってなかなか…

    それを望み過ぎて、
    彼を追いつめることになっては本末転倒。

    今、私が気をつけるべきはそこですね。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~

    長男くんのこんな詩が出てきました。
    昨年、すごく苦しかった頃に書いてた詩。
    意外と前向きで、ほっとします。
    言うは易し…なのかな。


    なにか嫌なことがあって
    眠れない夜は
    窓を開けて月にぐちをこぼしてしまおう
    誰もそれをとがめたりはしないのだから

    自分を見失って
    動けない時は
    いっそそのまま死んだように眠ってしまおう
    どんなに暗くても明けない夜はないのだから

    気分がとてもよくて
    何故だか楽しい日は
    大切な何かを全力で愛してしまおう
    誰もそれをとがめたりはしないのだから

                  by 長男くん 高1



    明けない夜はありません。

    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    長男くんの見た夢 - 2011.09.16 Fri

    昨日、
    「いやな夢見た」と長男くんが言ってきました。

    こんな夢です。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~

    僕は不治の病に冒されている。
    病院の一室で毎日を過ごす。

    隣のベッドには、僕と同じ病気の人がいる。
    彼のベッドは窓側で、
    いつも
    「今日は天気がいいよ」
    「今日は風が強いよ」
    と、窓から見える外の様子を
    外が見えない僕に教えてくれる。

    とてもいい人で、僕は彼が好きだった。

    ある日、彼の容体が急変する。
    彼にはナースコールを押すことができない。
    僕にはできる。

    僕は彼を助けようと、ナースコールを手にした。
    その次の瞬間、僕はためらった。

    「このまま押さなければ、僕は窓側のベッドに移ることができる。」

    彼は死んだ。
    僕は窓側のベッドに移った。

    窓の外には、
    すぐ隣のビルのコンクリートの壁が立ちはだかっているだけだった。


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~

    起きたら、心臓がすごくドキドキして、
    すごくいやな気分だった。

    そう言ってます。

    脚色一切ありません。
    まるで小説の世界です。乙一さんワールド?

    あまりに深すぎて深すぎて、
    考えさせられました。

    どんな意味合いが込められているんでしょう。
    夢診断するとしたら
    一体どんな結果が待っているんでしょう。

    まだまだ苦しみの淵にいるのかな。
    何を葛藤してるのかな。

    次から次に
    考えさせられます…


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (138)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (86)
    家族のこと (546)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (46)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (28)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (94)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (91)
    本 (17)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹