• admin
  • topimage

    2017-08

    二男くんの逃避行 - 2016.03.29 Tue

    お久しぶりです。

    実はまた、ちょっとした事件が起きました。
    主人公は、やっぱり二男くんです。

    先週の連休明けから、
    二男くんの大学では、履修登録が始まっていたんです。

    「履修登録した?」
    「うん。」

    そんな普通の会話をしました。
    そんな普通の会話をした後、
    二男くんの逃避行が始まりました。

    家を出ようと思ったみたいです。
    鍵も置いて、バイトもすっぽかして。

    今度は、今度こそは頑張って行こうと思ってた大学。
    いざ新学期を目の前にしてみたら、
    やっぱり無理だって怖くなった。
    何もかもから逃げたくなった。
    多分、そんなところ。

    2日ほど連絡がつきませんでした。
    いろいろな妄想が膨らんで、頭がおかしくなりそうでした。
    でも、事故や事件に巻き込まれたなら、
    すぐに連絡が入るはず。
    だからきっと無事なはず。
    どこからも連絡がないこと。それが逆に救いでした。

    明日捜索願いを出しに行こうか。
    そう思っていた夜に、メールが来ました。

    随分と遠くの県にいました。
    ネットきっかけで仲良くなった子を頼って行ったみたい。
    バイトだけはすごく頑張ってたから、
    お金だけは持ってます。

    それでも、帰ってきました。
    頼った先にすごく迷惑をかけながら。

    帰ってきたら、
    まずはわーって気持ちを爆発させました。

    こうなったのも、ああなったのも、全部親のせいだ。
    あの時、あんなこと言われたから。
    あの時、こうしてくれなかったから。
    この家にいたら全てがストレスだった。
    自分はこんなに苦しんでるのに。
    こんなにこんなにこんなに。

    自分を責める気持ちの裏返し。
    自分を責める気持ちが強すぎて、
    それに堪えられなくて、周りに責任転嫁しちゃう。

    それが今の二男くんのあり方。

    それでも少しずつ大人になってきてるかな。
    そう思ってたんだけど…。

    何にも変わってなかったな。何にも。

    大学ももう行けるとは思えない。辞めたい。
    バイトしてお金を貯めて家を出る。
    というのが、彼の希望。

    私は今、ノータッチです。
    父親との間で、
    20才の誕生日までの間に、
    自立できることを証明すること。
    そういう約束になりました。

    大学を辞めるのも、
    ただの逃げではないことを証明すること。

    そういう取り決めの後、
    気持ちが落ち着いたんでしょうね。
    まずは父との小さい約束で、
    ごみ屋敷のような部屋を片付けしていました。

    職探し。
    するようなこと言ってたけど、
    そっちの方は気配なし。

    さんざん責めたくった母に対しても、
    ごくごく普通に雑談をしかけてくる二男くんを、
    私はかなりもて余しぎみです。

    私の意見なんて、投げかけるつもりもありません。
    求められたって言いたくない。
    だってまた、
    そこを彼は逃げ場にするに違いないもの。

    それでもね、やっぱり無事でいてくれてよかった。
    そんなことを、素直に伝えられる関係に
    早くなりたいです。



    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    あぁ、わん太を見るようです…。

    わん太も、誰が聞いても理不尽なことを
    堂々と私のせいだと主張します。
    そばで聞いてるにゃおがあきれるほどです。
    余裕がなさすぎて、筋が通らないことにも気付かないのでしょうね。
    そんなわん太だから、行き先が決まっても
    何をしても不安ですわ…。

    kanonさんも、お辛いですよね。
    よく頑張ってらっしゃる。
    どうしてたって考えちゃうと思うけど
    どうか頑張りすぎないで…。

    kanonさん、あまりに似た状況です。
    ずっと以前コメントを書かせていただいたきがしますが、うちも同じです。
    大学を辞めると言って、履修しませんでした。
    うちはムスメですが、とりあえずアパートをひきはらってうちに連れ戻します。親のせいにするのも同じ。それが発作のように起こります。
    実は、今ムスメのところに向かってる最中で、同じようなことを読んでおどろいたところです。
    道中なので乱筆乱文お許しください。
    なんでこうなったのでしょうね。
    お互い頑張りましょう

    わんこさんへ

    わんこさん、ありがとうございます!

    こんななんですよ。
    いっつもそう。
    全然育ってなかったなあって、ちょっとがっかりしてます。
    正味13歳くらい。
    三男の方がずっと大人です。

    でも親であることからは逃げられないし。
    父親は逃げられても母親は逃げられないんですねえ。
    なんか、本当に今はがっかりです。

    いつも頑張り過ぎるわんこさんから、頑張り過ぎるなと言われてしまった♪
    本当にそうですね。
    ありがとうございます!
    お互いに、上手に手抜きできたらいいですね。
    ありがとうございます。

    あんこさんへ

    あんこさん、こんにちは。

    そうですか。一緒ですか…。
    でも、自分だけじゃない感じがして、分かり合える仲間がいる気がして、
    正直少し嬉しかったです。
    本当に、発作のようですね。
    19歳ですが、マイナス5歳してちょうどいい感じの彼。
    10年後は、人生を楽しんでくれてるだろうか。
    そんなこと思います。

    娘さん、大丈夫かな。
    少々ヘビーな愛情表現ですが、本当にお互い頑張りましょう。

    Kanonさんへ

    そうなんですね。
    Kanonさんみたいに
    いろいろ考えて考えてやっていても
    子どもは親のせいにするんですね。

    辛すぎる・・・・・

    と思って散歩に行きました。

    今、思うのはそれが反抗期みたいなもんじゃないかと・・・
    通過するべき点なんじゃないかと・・・

    親にしてみれば
    大学や塾の費用やら
    いろいろかかったものや
    かけた時間はあるので

    素直に喜べとは言えないけれど・・・

    そんな気がしました。

    ももんがままさんへ

    ももんがままさん、こんにちは(*^^*)

    ももんがままさんにまで辛い思いをさせてしまいました。
    反抗期。
    そうなんです。まさに二男は遅くて長い反抗期の真っ最中なんだろうと思います。
    幼いままで親の愛情をためしてるのかもしれません。

    それに付き合っていくしかないんですね、親は。
    親だから。

    13歳と思えば腹も立ちません。
    19歳だから、とてもむなしくて悲しいです。

    だけど、頑張ります。
    何をって、待つことをかな。

    いつもありがとうございます。

    Kanonさんへ

    いえいえ。
    辛いと書いてしまいましたが…
    言葉が不適切だったかな?

    覚悟を決められた分だけ
    ブログを読ませていただいている
    効果?があるってもんです。

    いつか来るにきまっていると思えば
    気が楽なもんです。

    13歳が19歳でもいいじゃないですか?
    私なんて自分自身が反抗期なしで来て
    まさか今そうかも?!
    みたいな状態です。
    笑っちゃいます。



    中2で不登校になって1年半、
    昼夜逆転をした次男のことを
    カウンセラーの先生に
    いま3歳くらいだからこれから育てると思ってください。
    二十歳くらいに追い付けばいいと思って・・・
    って言われたことがあります。

    ひきこもり(学生の年齢より上の人たち・・
    私が会ったご両親たちは子供が40歳くらいの人も結構いました))
    の団体の人からは、
    きちんと受け止めないと始まらない・・・
    みたいなことを学びました。

    まだまだ、19歳なんて若いからね!!
    と言われそうです。

    いつも、くじけそうになると
    そんな言葉を思い出しています。


    だから私も、まだまだ来る試練に立ち向かう覚悟をしています。

    でも最近、体調が良くなくて…
    ちょっと覚悟に自信がありません。
    だって頑張らないと
    立ち向かえませんよね…

    だから、いつも助けていただいています。
    ひとりじゃないって・・・
    皆さんくじけたりしながらそれぞれ頑張っているって…

    ちなみに、二男くんはうちより1歳上なんですね。
    (今頃・・)

    今はどれだけ手を抜いて
    次男に自分のことは自分でやるんだよ
    後ろには居るからね

    ということをやろうとしています。
    そろそろ反抗期も来ないとね。




    ももんがままさんへ

    ももんがままさん、ありがとうございます!
    本当に頑張らないとですね。
    何よりも自分の人生楽しむことも忘れちゃだめなんだとも思ってますよ。
    よく人にも言われます。
    子どもが幸せそうなのが、一番の人生の楽しみ方なんですけどね。
    難しいですね。

    ゆっくりいきましょうね。

    Kanonさんへ

    ほんと、ほんとです。
    子どもが幸せそうなのを見てないと
    自分が楽しいことをする元が生まれないって気がします。

    そんなに依存している気はないんですが…

    自分の楽しいこと、
    少しずつ…やりたいですね。

    ももんがままさんへ

    そうです!ももんがままさん!
    楽しいこと、頑張ってみつけましょうね。



    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/828-446873fa
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    桜と友人と私の元気 «  | BLOG TOP |  » 夢診断もどき

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹