• admin
  • topimage

    2017-04

    わらをもすがる… - 2015.09.18 Fri

    やっぱり長男くんは大変そうです。

    ひとつだけ受けたり、受けてこなかったり。
    大学まで向かえたり、向かえなかったり。

    今日は、駅から引き返して戻ってきて、
    「薬を飲む。」とコンサータをまた飲みだしました。

    先生には、前回の診察の時に、
    長男君自ら「薬を勝手に飲んでもいいですか。」
    と質問していて、
    飲み出す時は1カプセルからにするようにとの
    指示をもらっていました。

    また食欲が落ちる前提で、
    その後すぐ、
    早めのお昼にラーメンを作って食べていました。

    薬を飲んでいた時期、
    とにかく副作用の食欲不振がひどくて、
    その中でもプラスの変化があったかと言えば、
    そういうわけでもないようで。

    それでも今回また飲みだしたのは、
    文字通り「わらをもすがる」思いから。

    次の講義に向けてまた大学に向かった長男くん。
    今度は電車には乗れたけど、今回はそこまで。

    なんだかな。
    痛々しいです。

    痛々しい過ぎて、むしろイライラしてくるという…。

    本人の、大学に戻って勉強したいという気持ちは、
    多分本物です。
    でも、本人の知らないところ、
    心の奥の深い深いところで、
    行きたくない“何か”があることも確かです。

    その正体を知りたいです。

    今回もまた無理なら、それもしょうがない。
    それはいいのです。

    ただ、無理なら無理として、
    このまま同じような半年間を過ごしても、
    次の半年後、何か変わることがあるのでしょうかね。

    ないような気がするんですよ。

    長男くんに今必要なのは、はたして時間だけなの?。

    違う気がするなあ。

    私はどうしようかなあ。
    なかなかどうして、結構くたびれてきたぞ…。

    あともう一人。
    二男くんの方は、
    危なっかしいまんま、どうにかこうにか行ってます。
    本当に危なっかしさ満載なので、
    私、そっちでも緊張しっぱなしです。



    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    kanonさん、お疲れ様です。

    長男君、本当にすごく頑張っていらっしゃいますね。
    昔の息子と重なって、少し切ないです。
    息子も、「もう、休んでいいよ」と言っても、大学を続けようともがいていました。

    kanonさんもおっしゃっているように、「時間」が必要なんだと思います。
    親から見れば、必要以上に苦しまず、踏ん切りをつければ良いのにと思っていましたが、
    違う道を選ぶには、息子の場合はそれだけの時間が必要だったようです。

    でも、それだけ悩んで頑張って苦しんだ時間は決して無駄にはなりませんよね。
    息子も、大学時代を振り返って、あの挫折感があったから、自分の障害を受け入れて、周りの支援も受け入れられるようになったと言ってます。

    今、息子は、就活にはやはり何等かの資格が必要と痛感し、障碍者向けのパソコンの訓練センターに行くことを検討中です。遠回りしつつの、カメさんの歩みですが、ここまで来たら焦っても仕方ないと私も自分に言い聞かせつつ、見守っています。

    本人も見守る家族も本当に大変ですが、ご一緒にゆっくり行きましょうね。
    もう、親もカメさんになるつもりで(^^)

    まりあさんへ

    まりあさん、こんにちは(*^.^*)

    やっぱり時間でしょうか。
    まりあさんにそう言ってもらって、私、本当に救われました。
    もしかしたら何か他に要因があって、それを早く見極めないと手遅れになってしまうんじゃないか。
    そんな気持ちにとりつかれていましたから。

    連休中ではありますが、今日だけは長男くんの大学は1日講義のある日でした。

    午前中だけ受けられました。

    本人がふんぎりつけられるようになるまで、こっちも亀さんになって待ってあげなきゃ、ですね。

    ありがとうございます。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    鍵コメPさんへ

    こんにちは(#^^#)
    温かいコメントありがとうございます。

    そうですか。どんなにつらい時期も、今明るい日を重ねてくれるだけですべて帳消しになりますね。
    正直、とてもうらやましいです。
    時間をかけさえすればいいのであるなら、とても安心できます。
    何かし足りないことがあるのではないかということが、とても不安でたまらなかったのです。

    私はとてもとても、尊敬に値するようなことはできていないんです。
    お恥ずかしい限りです。
    この場を借りて、冷静になるお勉強をしているところです。
    もうぶれまくっていますよ、いつだって。
    だから、待つこともすごく苦手。
    一番の難技かもしれません。

    それでも、信じて待ってあげることが一番の愛情ですね。
    頑張ります。

    ありがとうございました。
    ぜひまた遊びにいらしてください。
    これからもよろしくお願い致します。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/802-5fdd29c6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    お月様に思う…。 «  | BLOG TOP |  » 後期始まったけど…

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (138)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (86)
    家族のこと (546)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (46)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (28)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (94)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (91)
    本 (17)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹