• admin
  • topimage

    2017-09

    GW明けは… - 2015.05.09 Sat

    金曜日のこと。

    GW明けの、長男くん初の登校日でした。
    先週も駅まで行って帰ってきたし、もう期待度はゼロで。

    それが意外にも…。

    どうやら無事に受けてこれたようです。

    不思議。
    ダメなんだろうなと思ってたのに。
    今期については、もうあきらめていたのに。

    何が彼の心の足かせになっていて、
    何がきっかけでその足かせが時折はずれるのか。

    何もかもを知ろうとすることは、でしゃばりすぎかな。
    あくまで本人の領域で。
    だけど、そう思う一方で、
    知っていれば、
    援護射撃はしないにしても、
    救護班として待機するくらいはできるんじゃないか、とか。

    まあ、いろいろ考えます

    うまくいったらいったで、ね。

    ひとつだけ思い当たること。
    今期も教科書を買うタイミングを逃していまして。
    というか、また例のごとく、頭からすっかり抜けていただけなんですけどね。
    まあ、そんなわけで、あわててネット購入しました。
    その教科書が休みの間に届いて、
    休み明けの講義には間に合ったんです。

    もしかしたら、そんな些細なことも一つあるのかなあって。

    些細すぎて幼稚な理由。
    だけど、そういったことの積み重ねで
    心がズダボロになってきた経緯があるもので。

    学校生活で忘れ物をゼロ、なんてまず無理でした。

    教材の中には、もはや持ってこいって言われるレベルじゃない、
    教科書やノートといった“当然”のものがいっぱいあるから。
    宿題を出されたのに気づいて解いたとしても、
    明日提出しろとは言われていないから。

    あの頃、そんな彼が最終的に行き着いた策は、
    『全教科分の教材を全て持っていくこと』

    そういえば、その頃のことを長男くんに聞いてみたことがあります。
    「どんなこと考えながら全部持っていってた?」って。

    長男くんの答えは
    「これで完璧って思っとった(笑)」

    それでも忘れてたんだけどね。
    全部持っていってたはずなのにね。

    それでも、どうにかしたいと思っていたんです。
    彼の幼いなりの精一杯さで。

    それを思うと、やはり今も涙が出ます
    気付いてあげられなかったという後悔は、どうにもこうにも手に負えません。

    今の彼のスローペースに
    しっかり付き合っていこうと思えてきました。



    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    kanonさん、こんばんは。

    長男くん、行けて良かった!
    教科書が休み明けの広義に間に合ってよかった…

    些細なことは時に…人によって…
    すごく大きな運命の分かれ道くらいのことなのかも…
    良かったですね。

    長男くんが行き着いた、【全教科分の教材を全て持っていくこと】。

    自分だったら・・・?
    うちの【息子くん】がそれをしたら、私はどうするだろう。
    きっと、口うるさく、別の方法を提案してしまうかもしれない。
    最善と思って必死に考えたことを、否定してしまうかもしれない。

    今の私達親子のあり様を思うと、反省です…

    なんにせよ、休み明けの初登校日、無事に終えてよかったですね!


    さくら桜さんへ

    さくら桜さん、こんにちは(#^^#)

    忘れ物対策に全部持っていく。
    これ、ADHD傾向のある子なんかだと結構よく耳にする話なんですよ。
    話し合ったこともないのに、みんな同じ対策に行きつくんだなと、不思議に思ったことがあります。
    なんか、必死すぎて不憫ですよね。

    長男が大学に体が向かわない理由。
    もちろん、それで解決にはならないと思っていますよ。
    今後の展開については、いい意味であきらめておかないと体が持たないので(笑)

    頭に、考えないというスイッチがあれば楽なんでしょうけどねえ。
    それじゃロボットですね。

    kanonさん、こんにちは。
    うちの息子も、すべて持っていくタイプです。
    学校に限らず、他の場所へ行く時も、忘れ物があって不安になるよりは、荷物が重くなる方が良いみたいです。でも、自分でたどり着いた対策だから、満足しているみたいです。

    私も時々、自分の感情をoffにできたらなぁって思います。
    ついつい期待してしまうし、うまく行かないと落ち込むし、なかなか、ゆったりと構える大らかな母にはなれないです(^^ゞ

    試行錯誤の毎日、きっとこれからも、その繰り返しなんだろうなと思います。
    その中で、親も子も、少しずつ、たとえ1ミリずつでも、成長しているのかな・・・と思います。

    まりあさんへ

    まりあさん、こんにちは。
    お返事が遅くなり、すみません。

    まりあさんの息子さんもですか。
    その方法にたどり着く子、本当に多いですよね。
    これがいる、いらないをイメージできないわけだから、まさに苦肉の策。

    学校の先生の側でも、忘れ物の仕方で何か感じるくらい基礎知識レベルがあがることも期待してしまいます。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/777-6875b71e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    母は逃げます «  | BLOG TOP |  » ラジオ体操

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (554)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (97)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹