• admin
  • topimage

    2017-08

    嗚呼!履修登録 - 2015.04.17 Fri

    一昨日、携帯に1本の電話
    長男くんの大学のスクールカウンセラーの先生からです。

    「長男くんの履修登録がまだされていません。
     明日が締切で、このまま履修登録がなされないと除籍になってしまいます。」

    心配した担任の先生から、学生相談室に連絡があり、
    スクールカウンセラーの先生からの電話になった次第。

    長男くん。
    3月にあった履修ガイダンスの翌日には、登録を済ませたつもりでいたはず。

    「またやらかしたな。」
    これ、私の感想。

    バイトを終えて帰ってきた長男くんに伝えたら、
    案の定、寝耳に水状態です。

    結局、次の日慌てて履修登録しましたが、
    すでに応募者多数で締め切られていたものも
    予定よりはるかに少ないスケジュールとなりました。
    週3日、たった6コマ。

    ま、過ぎたことはしょうがないね

    ほぼ1年半休んだことになる長男くんは、
    既に2年の留年が決まってるそうで、
    ということは、1年半の休み分を2年で履修すればいいという計算。
    どっちみち、時間的には少し余裕があります。

    それに何より、
    今なお四苦八苦してる長男くんを見ていると、
    そのくらいゆっくりなペースがいいんだと、
    神様の粋な計らいなのかしらん、なんて思ってみたり。

    だから、このなりゆきについては、
    私、それほどがっくりきていません。

    ただねえ…。

    そんな重要なことのやりこぼしを見せつけられると、
    改めて、長男くんのADD的要素を思い知らされて
    それには、ちょっぴりがっくりでした。

    それにしても、
    大学の『配慮学生』制度を利用していて、本当によかった。
    『配慮』してもらったおかげで、本当に助かりました。


    長男くん。
    丸1週間欠席したことになってからの、改めてのスタート初日。

    今日は無事に2コマ受けてこられたそうです。

    飲み出したストラテラの副作用らしい頭痛も、聴覚過敏の感度アップも、
    少しおさまってきました。

    バイトも休みません。

    それでも、今後の展開にはあまり期待できないなって思ってます。
    そのくらい、長男くんはまだまだしんどそうです。

    なのに、「また休学もありじゃない?」と言えば
    「いや、もうない。」と言い切ります。
    「自分の中で、もうない」らしいんです。

    ないのならしょうがないです。

    頑張りたいものを引き止める理由が、ないんです


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    大学の履修

    kanonさん、お久しぶりです。
    ねこねこみーこです。

    とりあえず履修、間に合ってよかったですね。

    最近の大学は発達障害の学生にいろんなサポートをするシステムが出来ているようですが、なかなかかゆいところに手が届いていないところもあるようです。
    私の知人の息子さんが今年大学入学して、遠い街で一人暮らしを始めました。
    やはり履修科目の登録が大変だったらしく、締め切りぎりぎりになってもどうしていいかわからず途方に暮れていたとのこと。お母さんは生きた心地がしなかったらしいです。
    大学のサポート窓口は知っていたのに、何でそこに相談しなかったの?と後で聞いたら、
    「そこは普通の大学生の悩みを相談する場所だと思っていた。僕の悩みは普通じゃないから、そういうことを相談したらあきれられたり馬鹿にされると思った。」とのことでした。
    (彼は発達障害の診断を受けています。)

    で、最終的にどうしたかと言うと、登録ぎりぎりになって、新入生全員が入学時に先輩が一人ずつ付いて大学を案内してくれる、というサービスがあった時に対応してくれた先輩が同じ学生寮にいて、彼のところに手土産持参でお願いしに行ったら、こころよく引き受けてくれたとのこと。
    よかったよかった。

    私の息子は今年中学を卒業しました。
    なかなか次の一歩が踏み出せず、自宅で待機中(笑)。
    本当は笑い事じゃないのですが、この人生は変えることのできない、彼自身の人生だから、私ではなく、彼が向き合わなければいけないものなんだと思っています。どれだけ過酷でも。

    最近、たまに笑顔を見せて、家族との時間を楽しむ様子もありますが、ほとんどは未来を絶望して震えて生活しています。
    なんだろな~。私も淡々と生きています。
    楽しむことも忘れずに。

    人生に無駄なことは無い、を座右の銘にしてね。

    ねこねこみーこさんへ

    ねこねこみーこさん、お久しぶりです(#^^#)

    そうなんですよね。
    いつでも相談しなさいと言ってもらえる場所があることは知っていても、
    自分の『困り』を相談するということに結びつかない。
    そのことが、一般的にはかなり理解に苦しむところなんだろうと思います。

    そのお知り合いの息子さんも、無事に登録できてよかったです。
    息子さんの今を待機中と言えるねこねこみーこさんもすごく素敵です。
    楽しみましょう。
    私たちが笑顔でいないと、彼らは母の笑顔のなさをまた自分のせいにしてしまいます。
    しっかりと楽しみましょう。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/771-7143d184
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    リスタート «  | BLOG TOP |  » 「体がつながってない」

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹