• admin
  • topimage

    2017-11

    みんな違って当たり前 - 2011.06.18 Sat

    二男くんは受験生。
    つい先日も、高校の一日体験で楽しんできました。

    夢が原動力というのは本当です

    二男くんには今、思い描いている将来があります。
    そのためには大学進学、大学進学のためにはいい高校、と
    目下それに向かって邁進中といったところ。(気持ちだけね。気持ちだけ…)

    まあ、いつまで続く夢かはさておいて…
    こんな時期にすでに将来の夢があるなんて、とてもとても幸せなこと。

    実現は…ですね、正直かなり危ぶまれます ちょっとでかすぎるぞ、その夢…
    でもまあ、挫折だって財産だし、その可能性もひっくるめて大歓迎。
    黙ってひそかに応援しましょう。

    挫折だって財産

    長男くんはこれまで、ずっと大きな挫折感の嵐の中にいたことでしょう。
    それを財産と私が呼ぶにはおこがましいほど、
    知らずにいる可能性を考えることもなく
    母親である私自身が彼を追いつめてきました。それは事実です。
    いろいろ分からなかったとはいえ、紛れもない真実。

    長男くんの今までの経緯、二男くんの目にはどう映ってるのでしょう。

    先日、二男くんと
    長男くんの発達障害のこと、ちょっと深くくい込んで話をしました。
    まずは感覚過敏の話あたりから。

    「すごく雑音だらけのところで、人と話をするのは大変。
     でも、長男くんはきっと、そんな状態で授業を受けてきた。

     多くの人より苦労を強いられているのに、
     生まれた時からそうだし、他人と比較もできないことだから、
     みんな同じように苦労しているんだと思って、
     なのに自分だけがうまくいかないんだと思って、
     きっと、ずっと苦しかったんだと思う。

     ふいに触られて極端に反応が大きいのも、敏感な感覚を持っているから。
     けがをすると普通のところよりも触られることに敏感になるけど、
     もしかしたら、その時の感覚に似てるのかも。」


    障害のことどう知らせるかという力みは、ありません。
    二男くんにも、よその知り合いにも。

    どう知らせるも何も、
    超個性的な長男くんという人間が家族にいる、ただそれだけですから。

    カミングアウトとか、そういうことじゃなくて…

    二男くんには、ちゃんと考えていてほしかった。
    『自分と違うから相手がおかしい』は成り立たないってこと。
    そのあたり、とかく中学生が迷い込みそうな闇ですから。

    「長男くんと同じような脳の構造をしていて、
     周囲の大多数と違うということだけで理解されずに苦しんでる人が、
     世の中にはまだまだいっぱいいる。
     周囲の理解がもっと進んで、助けになってあげられたらいいなと思う。

     目の見えない人用に点字ブロックがあるように、
     できる人が苦手の人の補助をするのは当たり前のこと。」


    このあたり、私自身が人から教えられたことです。

    思うんです。
    人には人それぞれの価値基準があって、
    相手の違いを認めて、受け入れることがなんじゃないかなって。
    違いを受け入れた上で、そういう自分と相手を愛せたらいいんだって。

    金子みすゞの詩じゃないけれど
    みんな違ってみんないい。
    みんな違って当たり前。
    長男くんがみんなと違って何が悪いってね

    14歳の少年よ。
    うまく伝わってくれたかな。この母の思い


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    はじめまして。
    発達障害グレーゾーンの息子がいます。
    只今、ほぼ不登校中の高校生。

    「みんなと違って何が悪いって」なんだか泣けました。

    そうですよね。

    発達障害に対する認知度は、本当に世の中低い。

    もっと教育界の中で、知られてほしいです。

    親も、教育者も、子どもたちも、理解して、助けることがうまくできれば、
    変な2次障害も防げる気がします。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    コアラの妻さんへ

    はじめまして。こちらに来ていただいてありがとうございます。

    > もっと教育界の中で、知られてほしいです。
    >
    > 親も、教育者も、子どもたちも、理解して、助けることがうまくできれば、
    > 変な2次障害も防げる気がします。

    本当ですね、周囲の理解。
    二次障害なく、自分の個性と向き合いながら誰もが成長できる環境、
    理想だと思います。
    学校という社会が、子どもにとって占める割合って絶大なもの。
    それだけに…現実は厳しいです。

    コアラの妻さんも息子さんも、つらいでしょう。
    でも、今抱えるつらさは、
    必ず息子さんにとってプラスに転じると思います。
    息子さん、優しいでしょ?
    まっすぐ真面目な子じゃないですか?
    痛みを経験した子は、すごく優しくなれます。

    あ~、なんかすごく偉そうです。反省(;_;)

    また遊びに来て下さい。

    美歩さんへ

    私ね、失格な母親って存在しないと思うんです。
    ワイドニュースのネタになるような事件に発展した例も含めて、みんな。
    性善説すぎるかもしれないですが。

    やり方間違えてしまってる親、どこかで道からはずれてしまった親、
    それぞれが抱えてきた人生の分、親自身の幼少期も含めて事情もそれぞれにあって、
    私個人が偉そうに言えたことじゃないですが。

    でも、失格な母親はいません。
    生まれてきた子どもたち、生まれて来なければよかった子どもなど存在しないように、
    母親は、そこに存在するだけで母親。
    そもそも格なんて、あるかな。
    母親を否定することは、その子どもに自分自身を否定させることにもつながる。
    そんな気もするし。

    追い詰められてたその時の気持ちも
    その時の気持ちを悪いと思う気持ちも、
    全部母親であるがゆえじゃないですか。
    合格です(^^)v

    その当時美歩さんは、
    人生ですごく重要な授業を受けていたんだと思います。
    今、補習中なんじゃないですか?^m^

    毎日楽しみましょう♪必ず笑って振り返れるよ♪

    こんにちは kanonさん

    上の方へのコメントを読んで感動(涙)です。

    私も補習真っ只中です。
    母親であることすら否定しようとしていたんですから・・・
    (この先、度々襲うであろうこの否定的な気持ち)
    うまく書けませんが・・・
    母親業って半端ないですね。
    奥が深すぎて迷宮入りしそうです・・(トホホ)

    RinRinさんへ

    こんばんは。
    よくもまあ偉そうなことコメントしたもんだと思ってたんです。
    お恥ずかしい限りです(+o+)

    > 母親業って半端ないですね。
    まったく!深すぎて深すぎて(^_^;)
    私、いい親になろうとはこれっぽっちも思ってません。
    ただ、子ども達から愛されてる親にはなりたいな。
    共に精進…ですね(^_-)-☆


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/76-6eb1fe3d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    今日は思い出話を… «  | BLOG TOP |  » 近くて 遠い 学校かな

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (557)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (100)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (1)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹