• admin
  • topimage

    2017-11

    純粋な彼らから学ぶもの - 2011.06.15 Wed

    水曜日です。

    長男くん。
    今日は、立ちこぎで行きました。
    う~ん、ちょっと調子良すぎ。
    逆に心配。これは不吉なことの前ぶれかな~んて。
    まあ、ここは問題が起きた時に考えるとして…

    今日は本のご紹介をしたいと思います。

    あの人はなぜ相手の気持ちがわからないのか―もしかしてアスペルガー症候群!? (PHP文庫)あの人はなぜ相手の気持ちがわからないのか―もしかしてアスペルガー症候群!? (PHP文庫)
    (2011/01)
    加藤 進昌

    商品詳細を見る

    長男くんが見たら、
    「僕は人の気持ち分かってるよ」と文句を言ってきそうなタイトルですが…

    読んでみての感想は…
    私にとっては何だか、長男くんの『取扱説明書』みたいな本でした。

    内容としては
    アスペルガー症候群とは何ぞやという、入門書的要素が強いので、
    まずは知識を身につけようという方
    今一度、確認しておこうという方にはオススメ。

    アスペルガー症候群の人の脳は、
    「選択と集中」ができないために、常にフル回転しています。
    仕事の合間にも、周りからの種々の情報を処理しているので、
    脳は休むことができません。

    車でいえば、アイドリング時のエンジンの回転数が
    不必要に高すぎる状態かもしれません。
    そして、最初から最後までその状態が続くため、
    課題が終わったときには、グッタリしてしまいます。


    このあたり、まさに現在進行形の長男くんです。

    彼らは、「世間の目」「恥」といった観念が、どこか欠如しているようにも思えます。

    ビンゴ
    長男くんの価値基準は、あくまで他人ではなく自分です。

    だからどうする、というところまでは食い込んでいません。
    あくまで『説明書』
    長男くんたちのこと分かってもらいたいなと思う相手に読んでもらいたい
    そんな本でした。

    私自身…

    長男くんの発達障害と向き合うようになって

    障害と言っても、ちょっと強烈なただの個性じゃんって思い至って

    周囲に目を向けたら、もしかしてと感じさせる人が多くいて

    不快に思う前に、もしかしてと思うようになって

    我ながら懐深く成長できたかなって、
    愛情持って人に接することが前よりできるようになれたかなって、
    そう思います。

    たとえばアスペルガーのような凸凹発達の人々って、
    先入観がない分、純粋な彼らの懐深さってかなわない。
    そう思いませんか?

    純粋な彼らを学べば、自分自身も成長です。

    文庫本ですので、気負いなくどうぞ。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    ホントに・・・。
    先入観が全くない、純粋な娘の懐の深さにはかないません。
    先月クビになった職場から 最後の勤務の日小さなブーケを貰ってきました。私はすかさず「こんな花なんかいらないのに!!」て言ったら 娘が「お母さん、そんな事いっちゃいかんよ」って・・・。
    運転しながら私は涙が止まりませんでした。クビになったのに・・・。
    全く人の悪口を言わない彼女に私も学ぶ事が沢山あります。

    昨日嬉しい事があったんですよ!来週から又違う施設での就職が決まりました。友達の紹介だったのですが 娘のこんな所が苦手でこんな事なら出来ますと言う事も全て承知の上で是非来てくださいと決まった職場です。
    職場に一人でも娘の事を理解してもらえる人がいるだけで支援してもらえる事が出来ると思うので 以前の職場よりは働きやすいかな・・・と思っています。まぁ、やってみないと分かりませんが^^;

    いつもkanonさんのブログを見て勇気づけられています!
    ↑本、読んでみたいとおもいます♪

    akoさんへ

    よかった。本当によかったです。娘さんの再就職v-352
    もちろん、これがゴールではないけど、
    スタートさせてもらえたことが、ものすごく大きな前進ですもんね。

    心の純粋なところ、本当に教えられますね。
    娘さんにも、手を差し伸べてくれる友人がいる。
    それだけで、もう未来は明るいじゃないですか。

    私も応援してますv-266

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    美歩さんへ

    こんにちは(*^_^*)

    確かに、彼らはダメと言われるだけだと、何がダメか分かりませんね。
    特にうちの長男の場合は、怒られた→やりすごす しかなく、何がダメか聞く選択肢が全くない。
    もちろん、聞く気をなくさせてきたのは多分私です。頭ごなしに怒ってきてるんでしょうから。
    長男と接していて最近よく思うのは、今私がしてることは、彼からの信用を取り戻すことなんだなということ。
    ホントにね、かわいそうなことしてきたと思います。
    長男が委縮してきちゃったのは、そばにいる母親次第でどうとでも防げたはずだと思いますから。
    でも、まあ、このタイミングでしか気づかなかったことなんだと思って、
    そのまんまを受け入れてますけどね(^_^;)

    うっとうしいなんてこと、絶対ないです。
    むしろ嬉しいです。
    本当です。
    これからもよろしくお願いしますね♪


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/74-c1cf0527
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    『心づもり』をするための『段取り』 «  | BLOG TOP |  » 誕生日には納豆を

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (557)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (100)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (1)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹