• admin
  • topimage

    2017-08

    バイトの話 - 2014.11.12 Wed

    前回触れた長男くんのバイト話。

    知り合いに紹介してもらったのに、
    1日でやめてしまった仕事は、作業自体は簡単な洗浄作業。
    ですが、その洗うものが、予想以上に重たいもので。

    長男くんは、持ち上げて箱から出すことすら
    満足にできなかったようです。
    「何も役に立てなかった。」
    それだけ繰り返して、結局辞めてしまいました。

    正直がっくりきました。

    とんでもなく不器用な部分のある長男くんを、
    それでも使ってくれようとしているそんな『職場』、
    望んでもそうそうあるもんじゃありません。

    かけられた言葉が彼の頭の中に届かなくて
    ”無視”してしまう長男くんのことも、
    温かい目で見てくれていたのです。

    本当に残念やら申し訳ないやら。

    最初は1ヶ月という話で、
    いざ行ってみると2ヶ月だったこと。
    ここだと説明されていた場所ではなく、別の場所だったこと。
    そして何より、重たい物を持つ必要があったこと。

    そんな、思いがけない変更がいっぱいあって、
    どうやら、軽くパニクったところもあるみたいです。

    それにしても…。

    今回、長男くんが持とうと思って持ち上げられなかったもの。
    重たいとは言っても、
    女性でも十分持ち上げられる程度のものではあったようです。

    筋力がないというよりも、
    筋肉の使い方を間違えているのです。

    だけど、どう教えたら間違いを正せるのか。
    そこが分かりません。

    長男くんが、筋肉の使い方をどうやら間違えているらしいところ、
    実はいっぱいあります。
    コショウなどのビンのキャップを開けるのも、すごく下手だったり。

    まあ、結局は場数を踏むしかないのかな。
    どんな仕事でも、多少重たい物を運ぶシチュエーションはあります。
    クリアしなきゃいけない課題のひとつです。

    そんな長男くん。
    今日また新たなバイト面接に落ちたみたい。

    でもへこたれてません。
    それも強さか。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    難しいですね。仕事って。

    提示されたものと違うことって確かにたくさんあるのが現実。
    「話が違う」ことも大きなストレスといいうか。

    持ち上げるものの持ち方を一緒にやってもらえればきっとできるはずですよね。

    でも、ものを持つことを教える…という感覚が世間にはない・・。

    きちんと教えればきちんとできることがわかっているだけに…辛いですね。



    我が家の次男の話です。

    昼間のコースに移って早2か月。
    スクーリングが終わって早1か月。
    まだ週2日登校がやっとです。

    いらいらしますv-42

    でも、ちょうど昨年の今頃、期待に胸を膨らませ(最近ない表現ですね)
    今の通信制高校に転校したことから考えれば、
    半年で午後コースの週2日登校
    2年の1学期で午後コースの週3日登校
    2年の2学期で午前コースの週2日登校は
    妥当かなとおもいます。

    朝、起きてこないとがっかりしますが。


    学校に行かない日の過ごし方が難しいです。
    ゲーム三昧をなくさせたい!!

    英語の授業でハリーポッターの映画を字幕日本語訳付きで見たことがきっかけで、原書を買いました。
    ほんの少しずつノートに写して訳しています。
    カムフラージュくらいしか進みませんv-9でもやっています。


    わかっているけれど、わたしが今日はイライラv-430の日です
    こうして書くと、やっていること自体にもっと興味をもって接してやれば自己肯定感が上がるね!!と思うのですが…
    まだまだです。

    愚痴&心の整理でした。(苦笑)

    長男くん頑張ってますね。
    「落ち続ける」は親側としては本当に心配するところだけど
    へこたれない強さがすごい!
    強い男ですね!かっこいいです~♪

    辞めちゃったバイト、長男くんが元々職種について「力仕事だけは避ける」と
    決めていたのかもしれませんね。
    うちのわん太が音楽関係(聴覚過敏あります)の仕事を
    2か月しろと言われた状態を想像しました。
    わん太なら 多分…気が狂うと思います…。
    ちょっと、他人様に紹介していただいたってところがツライですけど…。

    力の使い方って手だけでもタイプがあるのをご存じでしょうか?
    棒を剣道やるように片手で構えてみて親指人差し指を離してみる、
    小指薬指を離してみる、を両方やってみて
    どっちが安定していられるかで見てみますと
    どちら側を使って物を握っているかわかります。
    もし使っている側でないほうで何かのビンを開けようとすると
    本来の力は出せないことに。
    開けるときの手の形が違うことにもなります。
    長男くんは言語化して頭で理解した方がうまく体を使えるかもしれませんよ。
    血の流れまで自分でわかっちゃうすごい人ですもん。
    もし、「自分は女性より非力だ」と勘違いしちゃったらやっかいです。
    少し情報を入れてあげてはいかがでしょう?
    力の使い方については古武術、スポーツ、介護の本や、
    NHKの番組などからわかりやすい言葉での解説を得られます。
    いきなりスポーツはやる気ないと蹴られるかもしれないけど
    「生活の知恵」程度に話してやるとか
    なんとなくついてるテレビとして一緒に見ちゃうとかすれば
    「へぇ」とのってきてくれないかなぁ?

    ももんがままさんへ

    彼の直面した『できない』は、
    私も含めて『できる』側がこうしたらいいというやり方を説明するのが難しくて。
    難しいことをしているわけでもなく、もう機械的にやってることなので。

    どうしたものか、悩みどころです。

    行かない日の過ごし方。
    そうですよね、そこは気になるところですね。
    でも、ちゃんと最低限は守って自分に厳しくしていられる息子さんは、
    やっぱり偉いなって思いますよ。

    原書を買ってみたのもすごい。
    息子さんは、多分これじゃダメだと思ったんですね。
    近くにいすぎて見えないことってあるんだと思います。
    私も、です。

    わんこさんへ

    わんこさん、こんにちは(#^^#)

    長男が「力仕事だけは避ける」と思ってたことは確かです。
    紹介してくれた方も、長男も私も、まさかそんな仕事内容だとは思っていなかったことも確か。
    あと、職人さんの思う力仕事のレベルが、長男が想定するよりはるかにハイレベルだったというのもあるんでしょうね。

    もう当の昔から「自分は女性より非力だ」と思ってます。
    「だから、男が重たいものを持ってあげるべしという常識、困るんだよねえ。」なんてよく言っていました。

    だけど多分、筋力、腕力の問題ではないんです。
    今回持てなかったものより重たい30㎏の米袋を段ボールから出して運ぶことはできちゃったりします。
    高い鉄棒でのけんすいが大得意だったりします。
    おそらく、自分の体の扱い方の問題。
    これがねえ、言語化しようにも、どう説明してあげたらいいのか、まったく分からなくて。

    例えばジャムの瓶のふたが開けられない時、どこにどう力を入れてるのか。
    それをどう説明するといいのか。
    それでずっと困ってました。

    介護と言われて、なるほどと思いました。

    バイト。紹介してくれた相手がいるっていうのが・・・・。
    私だったら「申し訳ない」って気持ちが先にきてしまいます。
    でも、たった一日のバイトでも、これから先につながる何かのヒント!
    になっているかも。ですよね!

    新たにバイトを探して、ダメでも凹んでいないところは
    褒めてあげたいです(*^^*)

    うちのトットも。同じく~です。
    ビンの蓋が開けられない。
    ペットボトルのフタは開けられるけど、なぜだか
    いつも、きちんと閉まってない。
    あり得ないようなところで、ものをこぼしたり、落としたり。
    「トットが触るとなぜだか壊れる」
    ってこともあります。(笑)
    不器用さが際立つ。という診断でしたが
    自分の体の扱い方が・・・。その言葉のとおりです。
    運動会のダンスも全く踊れずにいつも、猛特訓されていますし(>_<)
    パスタをフォークでクルクル巻いて食べるのも、あれれ?って感じです。

    うちも、探したらきりがないくらい
    いっぱい出てきます(笑)

    こっちがめげそうになりますが、
    ゆっくり、ゆっくりペースでいくしかないのでしょうね。



    くろくろさんへ

    「申し訳ない」ばっかりですよ~。
    ただ、長男には力仕事は避けた方がと思っていて、紹介してくれた方にとっても予想外の仕事だったようで、そこがせめてもの救い。
    この1件だけで、5歳くらい老け込んだ気分です。

    体の使い方が分かってないんですよね。
    ここに力を入れると、ここが動くという情報がいろいろとつながってない。
    そんな気がします。
    こっちも無意識で動かしてるから、説明ができないんですよね。
    難しいものです。

    長男、相変わらず落ち続けてますよ~。
    本当に、逆に感心するくらい。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/733-c6598d25
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    たかが…されど…で «  | BLOG TOP |  » バイト計画と親の会と

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹