• admin
  • topimage

    2017-09

    Happy.Birthday! - 2014.10.23 Thu

    今日は、二男くんの誕生日です

    ささやかながら、
    今日の夕食はほんの少しだけお祝いモード。

    とは言え、本当にささやかなもん。
    定番からあげを、各自に分けてよそうのではなく、
    大皿にどーんとばかり豪快に乗っけたのと、
    後はいつもの炊飯器チョコケーキを。
    NCM_0136_convert_20141023201248.jpg
    ただそれだけです。
    ただそれだけの、ささやかな“Happy Birthday”

    我が家の定番です

    ところが夕方。
    今日も学校に行った二男くんからLINEあり。

    「ラーメン食べて帰る」

    あらあら。
    ま、そんなもんね。
    1人で寄ることはまずないし、
    友人たちとの交流の延長ならば大いによし。

    この記事を書いてる途中、思い出しました。
    昨年の二男くんの誕生日の苦い苦い思い出。
    過去記事はこちらです。
    「今朝の大事件」
    「あの日は誕生日」

    そうか。
    1年前はまだ、前の高校やめてなかったんだ。
    一番最悪な時期だったんだ

    私が消えてなくなってしまいたかった頃です。
    降り始めのひとつめの雪みたいに、
    溶けてなくなってしまいたかった。

    そんな頃。

    1年たったら、
    友達数人から、ラーメンをおごちになってた

    あの頃、とてもじゃないけど予想できなかった変化です。

    大失敗したという模試の結果も戻ってきました。
    推薦を断った例の第一志望校は、D判定だったそう。

    それでも、至って平静な二男くんでしたよ。
    後悔して八つ当たりしてこない。
    そこも大きな変化。

    成長

    二男くん。今日から18歳。
    Happy Birthday


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    鍵コメKさんへ

    Kさん、こんにちは(#^^#)

    いつもありがとうございます。

    親は、子どもがどんなにもがいていても、もがくその手を止めることはできないのですよね。
    その横に、一緒にいることしかできないのだと思います。
    転んだ時、起こしてあげることも、転ばないように石ころを拾ってあげることはできないけれど、
    立ち上がるのを、横でじっと待ってあげることはできる。
    それが親の役目なんだと思っています。

    一緒にもがく。
    素敵な言葉です。

    おめでとうございます

    こんばんは。
    次男君お誕生日だったんですね。おめでとうございます。うちは先月の23日でした。日にちが同じだけ(^-^;また、昨年のブログ読み返しました。まさに、いまうちの子。

    学校に行ってきました。青白い顔した息子も。
    2年生になるのが難しくなる日数があと20何日。保健室か別室登校でもしてほしい、最終的には支援センター。
    息子とよく話してください、と。

    スクールカウンセラーの先生は
    自分のストレスに気づかないことや見通しができないことがやはり一番の原因じゃないかと。先々を考えてクリニックや、支援機関と繋がった方がよい、と。
    大人に対する好き嫌いもあるから、なかなか大変で。

    我が家の事情、ほんと大変で、夫の言葉、実はもっとひどかったけど、ここではあれでもオブラートに包みました(笑)
    明日夜くらいまでに、息子と話さないといけません・・

    chacoさんへ

    chacoさん、こんにちは(#^^#)

    二男の1年間と息子さんの今。
    確かに状況はそのままですね。
    カウントダウンが始まり、落ち着けったって落ち着けるはずもない頃。

    > 自分のストレスに気づかないことや見通しができないことがやはり一番の原因じゃないかと。先々を考えてクリニックや、支援機関と繋がった方がよい、と。

    私も、ド素人ですがそう思います。
    でも、専門機関の方々は共感を伝えるのが本当に上手。
    だから、息子さんも案外リラックスできる場所が見つかるかもしれません。

    多数派の流れとは離れ、ゆっくり彼のペースで進む方がいいことって、多分本当にあると思うんです。
    夏休み明けから、きっとものすごく頑張ってきましたよね。
    そして金曜日も。

    「行かなきゃだめだ」の思いだけで。
    その頑張りを思うと、涙が出てきます。

    笑える時間があれば、人間きっと大丈夫です。
    時にはバカになって笑って下さいね。

    祈ってます。


    kanonさん

    こんにちは。

    chakoさんとのコメントにでてきた支援機関。
    kanon家では長男さん自身が行っていますか? 一人で?

    うちはまだまだ次男が外に出られる前に私が一人で門をたたきましたが
    あまり共感してもらえず、何となく行かずじまいになっています。

    いつまでもこうして行けないときは行かなくていい状態を続けていられるいられるわけでもないので・・・方向性の幅を広げるためにもまた行ってみようかな?という気になっています。
    私はそういう窓口は多いほうが自分的によいのですが本人がどうか?というのは微妙ですので本人に聞いてみようかな?
    とコメントしながら思いました。
    多分、新しいことなので答えはNOだと思いますが・・。


    本人が共感してもらえる場所はまだ心療内科くらいしかない気がするのです。


    苦しい時は自宅にいますし。自宅で何となくくるしさを吸収してしまうのでなく
    自分で問題を解決する力をつけてほしい気もするのです。

    学校はいけるときに行っているので、いい部分しか見せられていないのです。
    行けない時にのもう少しフォローがあると嬉しいけれどそれも本人にプレッシャーになってしまうのではないか?とも思うし・・・。

    悩める母です。(いつもか…(笑)

    ももんがままさんへ

    ももんがままさん、こんにちは(#^^#)

    支援機関。そうですね…。

    長男は、高校時代に不登校になったのをきっかけに高校から紹介され、一時期福岡県の私学協会運営の学習支援センターに行っていました。こちらは、福岡特有の取り組みらしいのですが…。
    医療機関についても、やはり学校のスクールカウンセラーの先生のつながりでずっと通っていました。
    カウンセラーの先生とのカウンセリングがメインではありましたが。
    今通院しているのも同じクリニックです。
    そちらでは、今はカウンセリングは受けていません。
    以前お世話になっていた先生が異動になったため、長男も「もういいかな」くらいの感覚でした。

    支援機関と言っても、難しいですよね。
    私自身が人見知りなので、新しいところにどんどん顔を出すというのは、どうも苦手で。
    学校も、通信制の高校はその点、いいとは思います。
    調子のいい時しか顔を合わせられないのは確かですが、来れない時があることを知っていただいているのであれば、そのあたりは伝わっているのでは?

    支援機関も、おっしゃる通りいろいろあると思います。
    合う合わないも、もちろん無視できないし。
    どこにもないと焦っては、本末転倒ですしね。

    全国にある発達障がい者支援センターに相談してみるのもいいかもしれませんよ。
    私も一度電話したことがあります。
    私の住む地域の担当センターは遠方だったため、電話だけで終わりましたが。
    とても親切に応対していただきましたし、
    まず発達障害に対する基礎知識については当然ばっちりですから、
    それだけでも話し出しが楽で、ほっとしました。

    まずは学校に相談してみては?
    行けない時のフォローが物足りないと感じられるなら、
    揺れる気持ちをそのままそれを相談してもいいんではないかと思いますよ。

    外で見せる姿が子どもの本当の姿なんだと、昔言われたことがあります。
    外ではりきって頑張っていられるのなら、それが本来の息子さんなのかもしれません。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/727-1df4ad50
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    風邪? «  | BLOG TOP |  » 忘れ方が変なんです

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (554)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (97)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹