• admin
  • topimage

    2017-08

    今年の三者面談は… - 2011.06.08 Wed

    前回の記事では、ヘビーな思い出話をしてしまいました。
    ちょっぴり反省m(__)m

    昨日、あれから高校の三者面談に行ってきました。
    不登校を経ての三者面談。
    どうなるかと思いましたが、さらっとしたもので逆に拍子抜け

    でも…
    担任の先生とは、もう何度も電話でお話してるし、
    彼への対応についての要望等については、
    スクールカウンセラーの先生が何かとアクションして下さっているし、
    よくよく考えれば、改めて話すこと、特に何もありません。

    何かありませんか、と聞かれたけど、
    早く学校生活を楽しんでもらえるようになれたらって、
    私が話したのは、それだけでした。

    隣に本人いますし、ね。三者面談ですから

    先生からは、長男くんの普段の様子、
    つらそうな時は机に突っ伏して、揺らしても起きない、とか
    調子いい時は友達と楽しそうにしてる、とか
    一通り話があって…

    もちろん時には
    発達障害についての認識がちょっとずれてるかな、と
    うん?と思わせるところ、確かにありました。

    でも、いいんです。
    彼の関わる世界、これからも至るところで誤解の嵐です。

    その中で、
    今、彼のことを理解しようと、力になろうと、
    彼自身がくすぐったく感じるくらいに思いをかけてくれる他人がいるということは、
    もう、何よりの支援です。
    そう思いました。

    一方で、やはり高校の三者面談。
    しかも、長男くんの通っているのは進学目指す普通科ですから、
    当然、将来のこと聞かれました。
    志望校とか…志望学部とか…

    こちらは大問題。

    今の長男くん、自分が何に興味があるかも明確に答えられません。

    もちろん

    音楽好きだし
    パソコン好きだし
    本読むのもイラスト書くのも大好きだし
    時折、おっと思わせるような詩を書いたりもするし
    趣味ならいろいろと…ね。
    化学でベンゼンに出会った彼の生き生きした話しっぷりも忘れてはなりません

    ただこれが、将来の職業につながる『好き』になると…
    長男くんの頭は真っ白です。

    凸凹発達の長男くん。
    それならば
    彼の凸の部分に気づいて伸ばしてあげたいと思う親心。
    今のところ、空回りです

    逆に、将来につながる『好き』が見つかれば、
    これからの彼の高校生活もきっと、楽しく変わってくれると思うし、
    多少のつらさも堪えられるだけのバネとなると思うのですが。

    そんな悠長なことも言っていられない高校の現実。
    進路希望調査票の提出締切は来週火曜日です

    どうする長男くん


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    初めてコメントします!
    今日色んなブログを見ていて こちらにたどりつきました。
    今・・・とってもブルーです。毎日がモヤモヤしてます。
    長女の事で悩んでます。今月で21歳になります。
    子供の時からなんとなく変わってるよね・・・周りからはおっとりの天然さんで通ってきましたが・・
    それも個性よね。なんて軽い気持ちで今まできあのですが、4月から就職してコミュ二ケーションが下手、何度同じ事を言っても失敗をするなどの事で職場からの解雇命令・・(介護福祉士です)
    この時に確信しました。やっぱりこの子は普通じゃないんだな・・って。
    色々調べてみたら正しくアスペルガーにぴったりあてはまるのです(診断はまだ付いていません)それから支援センターに相談に行ったりしていますが、なんでもっと早くに私が気が付いてあげなかったんだろう・・こんな風に産んでしまった自分が悪いんだ・・・なんて悲観的になったりして(涙
    そんな時にこちらのブログを見せてもらいとっても勉強になり励まされました。
    今からは娘にとって生きやすい道を探して 障害があっても堂々と素敵な毎日が送れるようにと願うばかりです。私ももっと勉強しなくてわ!!
    長々とすみません・・・また遊びにきます♪

    Re: タイトルなし

    akoさん

    はじめまして。
    たくさんのブログの中から私のブログにたどりついて、
    しかもコメントまでいただいてありがとうございます。
    人生の門出でとてもつらい思いされたんですね、akoさんも娘さんも。
    変な言い方だけど、心からお疲れ様でしたm(__)m

    障害という言葉は、時に残酷な印象を与えるけど、
    akoさんが娘さんから感じていた通りのまま、それは個性なんだと私は思います。
    今このタイミングで娘さんの豊かな個性に気付いたのだとしたら、
    それはやはり、このタイミングでないと気づかないものだったのだろうと私は思います。
    このタイミングが最適なタイミングだったんだと思いますよ。

    私の日々のつたないブログで誰かの力になれれば最高です。
    私もakoさんから元気もらいました。
    ありがとうございます。

    また遊びに来て下さいね。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/69-a8217aa7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    内申点って何? «  | BLOG TOP |  » 聴く・書く・考えるに息絶え絶えだった頃

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹