• admin
  • topimage

    2017-06

    経験こそ最大の師 - 2011.06.04 Sat

    昨日、ドロンとした様子で学校を休んだ長男くん。
    でも、休みをとって気持ちを立て直すのは上手になったかな。
    今日はすんなり学校に向かいました。

    昨夜、長男くんと私でまたじっくり話をしました。
    時には怒り、時には笑い、
    相変わらずのジェットコースター会談です

    中間テストが終わったあたりから、
    じわじわ保健室で過ごす時間が増えてきた長男くん。

    誰よりも一番焦ってるのは本人です。
    でも、焦ってはみても、
    そこから起きる問題に対して必要とされる後始末ができない彼のことですから、
    早いうちに手を打たないと、またたまる作業に埋もれてしまいます。

    一日単位、時間単位にかかわらず、
    休む時はいつも、彼なりに精いっぱい考えて、
    これ以上無理すると、穴を開けて休むより悪い結果を招く、
    そう判断しての彼なりの苦渋の選択。

    ただ、それに任せてばかりでは、
    きつくなる→休む→立て直す→きつくなる→休むというサイクルを
    自分の都合優先で続けるだけです。

    それでいいのか。

    それではだめだと思いました。
    いずれ身を置くであろう社会にあって、それは通用しないと。

    誰しも、休息は必要。

    ただそれは、
    自分の都合に合わせて持ってくるのではなく、
    あらかじめ与えられている本来の休息時間、日曜日や休み時間などに
    自分を合わせていくべきもの。

    そのためのコントロールが、自己管理ということ。
    そのコントロールを目指す努力をしていくべきなのでは?
    そんな話をしました。

    先を見通して、今無茶すると後に響く、とか
    明日は休みだから今日は羽目はずして遊べるぞ、とか。

    先の自分をイメージすること。
    1週間先が無理なら1日先から。
    1日先が無理なら1時間先から。

    どんなに苦手でも、
    少しずつ慣れて身につけていってほしい人生のスキルのひとつです。

    長男くんの返事は「分かった。頑張る。」

    この「頑張る」はいつもながら不安を誘います。
    もやもやとした気分。
    闇雲にがんばったところでね…。

    でも、↑に書いた彼の苦渋の選択。
    これも、最近になって彼が身に付けた生きるスキルであることは確か。
    1日休むことで気持ちの立て直しができるようになってきているのも、
    彼が少しずつ自分の気持ちをコントロールしてきている証拠。

    まだまだ
    成功確率100%とはいかないですけどね

    かめさんの歩みでも、ありさんの歩みでも、
    前進していることはすばらしいことです

    今朝の長男くん、
    降りるはずの駅で寝過したりしないように、
    片道10分の電車の時間、座席には座らないと固く決意表明して家を出ていきました。

    経験こそ最大の師

    またひとつ賢くなりました
    長男くんに拍手

    瞬時に爆睡してしまうことへの心配はとりあえず置いときます…


    いつも読んでいただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: タイトルなし

    こんばんは(*^_^*)

    うちの長男の場合、きっと1人ひそかに戦ってきた時期が長いんだと思います。
    今、こんな風に学校に行くという行為が彼にもたらす疲労、恐れは、
    その頃の彼のつらさと比例しているのかな。
    はっきりと発達障害を認識し、その前提で接するようになってから、まだ日が浅い我が家です。
    私自身、思い起こせば、ずっと彼を追い詰めて苦しめてきた当事者なんですよ。

    高校になって、古くからの知り合いが全くいないクラスで、
    改めて、自分にだけ分からないことだらけの毎日に圧倒されてしまったかな。
    授業が難しくて大変に思う経験も、実は彼にとっては高校になって初めての経験。
    それだけで、初のことでどうやらパニックを起こしていたようです。
    トラウマになっているのでしょうね。

    私もほしいな、ドラえもんの道具…^m^


    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    こんばんは(*^_^*)

    いつもありがとうございます。

    うちの場合も、高校の授業での聞く、書く、考えるの同時進行の壁にぶちあたり、
    多分彼はそこから具体的に恐怖を意識してます。
    中学までは気づいてなかったんですよね、それができない自分に。
    中学の授業のあり方にも問題ありと個人的には思ってます。
    でも、社会に出る前に気づくことができてよかった、と思ってもいますよ。

    明日はどうかなあ。
    今男どもはみんなジャック・スパロウに夢中です(#^.^#)


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/66-33f9f78b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    小学校の思い出にふれた時 «  | BLOG TOP |  » 寝過ごし事件 その後…

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (549)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (30)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (94)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹