• admin
  • topimage

    2017-04

    は~重たい - 2014.02.27 Thu

    最近は、二男くんの気持ちも少し落ち着いていて、
    (勉強はしてないけど)気持ちは前向きなので、
    私の方も、それほどざわざわしないでいられます。

    超・超スローペースながらも、
    学校に行っているという今の状態。
    やっぱり、それが胸張っていられる一番の理由かな。

    本当なら、
    親の愚痴を言ってみたり、
    くだらない話で盛り上がってみたり、
    青臭い人生論をぶつけあったり、
    そんな友との時間が何よりだったりするはずのお年頃。

    友達がいないわけじゃない二男くんです。
    だけど、その友達と呼べる子たちだって、
    それぞれの忙しい高校生活が生活の中心なわけで。

    その中心がとてもゆとりある今の二男くんのペースで
    過ごせるわけもないし。

    そんな彼の話し相手はどうしても、
    家族、特に私になりがちではあります。

    でも、彼の甘ったるい考えには、
    あまりにもつっこみどころ満載で、
    油断すると、また地雷を踏んでしまいます

    彼の痛いところをついてしまうという、ね。

    普通なら、親とはそんなこと話さないんだろうなということを、
    多分二男くんは私に話して聞かせていると思うんです。

    本来語り合うはずの「友」の代替品として。

    こんなんでいいんかな。
    正直思いますよ。
    こんなんで親離れできるんかなと。

    二男くんとの雑談。
    地雷を踏もうものなら、
    びっくりするような猛攻撃が来ます。

    絵に描いたような“The 反抗期”。
    今頃にね。

    それがまた、先が不安になるような薄っぺらな主張で。
    私はまた、これからの二男くんのことで、
    道に迷ってしまったような感覚に襲われるわけです。

    彼の甘さやら間違いやら目についても、
    見なかったこと、聞かなかったこと。
    もう、ほっとくことにしています。

    もっと正直なこと言えば、
    そんな話、聞きたくもない。

    自分はこんな大人なこと考えてるんだよ。
    そんな話ばっかりなので。

    本当なら、私に聞かせるような話なのかな。
    きっと違うよね。
    そこが代替品のつらさなのかな。

    なんとなく、
    くさいものにふたをしてるような心境なので、
    軽く罪悪感めいたものも。

    いいのかな、これで…。

    母親って、
    本当に時々重たい。
    逃げ出したいくらいに重たい。

    少し大人になった、分析魔の長男くんが言います。

    「だって母親は、子どもにとっては絶対的な存在だからね。
     完璧じゃないことがありえない。」

    は~重たい


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    同じです!

    kanonさん、毎日お疲れ様です。

    うちの息子も、次男君と同じで、私に話します。
    本来、この年齢の若い子なら、親にはこんな事話さないのに…と思うような事まで。
    それに、若さ特有の甘さもあって、聞いていてうんざりすることもあります。
    でも、他に話す人(友達とか先輩とか)もいないようだし、わたしが受け止めないと吐き出す場所がなくなるのかなと思い、我慢して聴いてます。

    長男くんがおっしゃってる事とよく似たことを、私も息子のカウンセラーから言われました。
    「お母さんが最後のかなめだから、お母さんに突き放されたら、すべてに見放されたって思うだろうから、今は受け止めてあげて」と。

    本当に、母親って重いですよね。やめたくなる時もありますよね。
    でも、放り出せないし…

    お互いに、時々、命の洗濯しながら、持ちこたえましょうね。
    お友達とのランチ、よかったですね!
    私も最近、古い友人と、久しぶりにランチしました。
    こういう時間も必要ですよねv-273

    まりあさんへ

    まりあさん、こんにちは(#^^#)

    マリアさんの息子さんも同じですか?
    最後の要ですか…。
    そんな重要な役どころは、多少荷が重過ぎる感じがあります。
    私も逃げてるんでしょうね…。

    少しずつ。
    笑顔が見られるだけでよしとしながら、
    少しずつ頑張らないと。

    持ちこたえるとは、ナイスな表現!
    本当にそうですね。
    ぼちぼちで。

    kanonさんへ

    遅ればせながら・・・。

    確かにきついですよね~
    『要』なんていわれてしまうと余計。

    で、最近気づいたのは
    うちはだんなもそうかも・・・・ということ。
    (言ってる時限は少し違うのだけど・・・)

    大人なんだけど・・・・・
    は、
    もう高校生なんだけど・・・
    といってるのと同じで・・・(絶句)禁句なのね(TT)

    ダメ出しなんてしようものなら
    そんなに嫌なら離婚すればいい!!
    と、毎度のように言うんだけど・・・(子どもでしょ(苦笑))

    すがられ感ばっちりで・・・

    根本が同じなのかな・・・とふと思ってしまいました。

    息子たちのことを見てきてだんながこの前
    「俺さ、高校のときに認めてもらわなかったからそう思うのかなあ」って言ってました。
    彼は地元の高校ではいい成績だったのでご両親も相当期待していたらしく、きっといつも上を目指している状態で「きみはそのままでいいんだよ」を感じられなかったのでかな・・と。

    いま、子どもたちに私が「君は君のままでいいんだよ」をやりなおしているので、きっとそう思ったのでしょうかね。


    私はパートナーほしいんだけどなあ・・・・。
    ま、でも私も親に対して認めてもらうことについては疑問を持っているからお互い様なんでしょうけれど・・・

    ちょっと疲れる。


    でも、ここや、親の会で話させてもらうことでホンと助けられています!!

    ちょっと脱線してしまってごめんなさいね。
    でもまたおじゃまします。

    ももんがままさんへ

    ももんがままさん、こんにちは(#^^#)

    ご主人がつぶやいていたこと。
    そんなふうに自分を見つめなおすことができただけでも、
    もしかしたらご主人にとっても救いになったかもしれませんね。
    ももんがままさんは大変でしょうが…。

    実は、私にも似た感情があります。
    母から「大丈夫だよ」と励まされた記憶がありません。
    叱咤激励の叱咤に限られていたような…。

    実際はそんなことないのかも、とも思います。
    私の記憶にないだけで。
    小さい頃はきっとあったのだろうし。

    二男もそうなのかなと、そこは反省しています。
    そんなつもりなかったけど、
    そっちばかり印象に残ってしまったのかな、と。

    誤解を誤解と言うと卑怯だとなじられるし。

    今、二男は誤解させた親が悪かったという着地点に立ちたくて、
    しょうがないみたいです。
    もう、これは成長を待ちます。
    もう少し、客観的に見られるようになったら分かってくれる部分もきっとあると思うので…。

    ホント、疲れちゃいますね(^^;)


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/655-2938d6ee
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    “苦手”のわけが見えた気がしたこと «  | BLOG TOP |  » 命の洗濯

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (138)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (86)
    家族のこと (546)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (46)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (28)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (94)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (91)
    本 (17)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹