• admin
  • topimage

    2017-04

    隣の芝? - 2014.01.27 Mon

    昨日の日曜日。
    いつものごとく、三男くんの練習試合観戦に行きまして。

    そこでね、仲良くしてるママ友さんに、
    言われたんです。

    「普通、息子たちって
     大きくなると家族でワイワイって感じにはならなくなるやん?
     なんでkanon家では、いつまでもワイワイできると?」

    そこがねえ。
    私にとっては、逆に気がかりなところ。
    普通であることをあきらめたポイントなんだけれど…。

    いろいろな見方があるもんだなぁと、改めて

    大学生になっても在宅率いまだ高い長男くんのことは、
    いつまでもこんなんでいいのか?って本当に気がかり。

    いつまでもこんなんじゃないはず、と思える二男くんはさておいてね。

    でもまあ…。
    彼なりの速度で、
    じわじわと彼の世界が広がってることも確かで。

    だからまだ、ぐっとこらえて
    諦めて傍観していることができていますけどね。

    長男くんはね、
    自分みたいな子どもができたら大変だから、と
    「結婚や、それにつながる恋愛についても前向きにはなれない。」
    そうです。

    寂しい話

    「え~!君が息子でよかったよ~!」
    なんてことも言ったりしてるんですけどね。

    まあ、そこは
    何よりも出会いがあった時の話だから、
    親としちゃあ、それこそノータッチですけど。

    「自分みたいな子どもができたら」なんていうセリフは、
    やっぱりね、ちょっと悲しいです。

    こっちはそんなこと、全然思ってないよってこと、
    ちゃんと伝わってるのかな、とか
    ちょっとだけ心配になります。

    友達づきあいに大忙し。
    そんな若者の方が、
    ずっとずっと頼もしいし、安心できる。

    な~んていうのは、隣の芝ってやつかしらね。

    そんなことを、ちょっと思った週末。



    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    あらちょうど。
    我が家も花札で盛り上がり・・・・高校男子二人と中1女子と母親ですよ。

    でも、娘もちょうど落ちてた時だったし…
    ほかの家と比べずに
    楽しいことをやって、気持ちが安定すればいいね。
    とと今回は思っています。

    以前は中学生や高校生は親から離れたがるという一般的な状態になることを望んでいた時期もありましたから…

    いつか離れていくために必要な道・・・ですよね。

    沢山くっついていないとダメな人も、さらっと親から離れるタイプに人もいるって思っています。
    初めが足りなくって、たくさんくっついいていないとだめ名内のタイプは…長引きますですね。きっと。


    うちらしくうちらしく・・・


    隣の芝はよく見えますよね。
    ほかの家族が順調にいっていると思えると余計に・・
    すごくわかりますわ・・・。

    だから、我が家モードへ変換っ!!ほかは見てないふり…。
    ってとこでしょうか?

    はじめまして。いつもブログ拝見しています。読み逃げばかりですみません。
    うちは高校一年のグレーゾーンの娘が一人おりますが、友達関係が薄くて…一人行動平気なもんだから出掛けるのも90パーセントが一人。在宅率も高いですよ~(*_*)友達とワイワイ、悩みなんかも打ちあけあって…という関係こそ素晴らしいと思ってしまう私にとって、娘の姿はとてもつまらないものに思えて、娘には無理とわかってはいながらつい、一般的な高校生女子の姿を求めてしまい、違いすぎる娘の現状に私が勝手に凹んでいます(^-^;
    隣の芝、とてもうらやましくなっちゃいます!!
    どうしたら今のまま、ありのままでいいって心から思えるのでしょうねぇ??これって私にとっては永遠のテーマかもしれません。
    いつもkanonさんのブログに元気をいただいています。三人の王子くんたちの毎日を心から応援しています。お互い頑張りましょうね。

    僕みたいな子かぁ…

    ちょっとショックですね…。
    にゃおは、兄がすごいと思ってるところがあるんですよ。
    頭いいところとか…。
    全然勉強もせんくせにちょっとはできるところ。
    同時に、努力が足りなすぎると怒ってもいますけど(笑)
    長男くんにも妹とかいたら陰でそういうんじゃないかな。
    (男同士では言わないかもだけど)

    やっぱこの子たちは自己肯定感が低くなりやすいのかな…。

    ももんがままさんへ

    うちも最初が足りなかったんだろうなあ。
    もっと過保護上等だったんじゃないだろうかと、今は少し後悔もしてる私です。

    そうですね。
    これが永遠続くわけじゃない。
    それはこんな今の状態でも信じていられます。

    うちはうち、よそはよそ。
    分かってはいながら…
    やっぱり隣の芝はいつでもまぶしい青さです。

    ゆっこさんへ

    ゆっこさん、はじめまして。
    いつも来ていただいていたとのこと、とっても嬉しいです。

    友達とつるむ時はつるむ。
    1人がいい時は1人になる。
    自分のペースを大切にしながら、一番快適なように過ごしているんだということ。
    理解もできるんですけどね。
    やっぱり、寂しい気持ちも完全には消えませんね。
    欲張りな話です(^^;)

    人に流されない自分を持っているということでもあるから、
    そこは素晴らしいことでもあるんですけどね。
    分かってはいるんだけどなあ。

    いつもこんな感じ。
    ふらふらしっぱなりの母です。

    これからも遊びに来て下さいね。
    私の等身大を笑って見守っていて下されば幸いです。

    わんこさんへ

    そうなんです。
    やっぱり多少ショックでした。

    自分を否定しているというより、
    親に対して、苦労かけたなという優しい気持ちからでてきたセリフではあるのですが。

    自己肯定感。
    本当に大切ですね。
    自分はこれでいいんだという、自分を愛する気持ち。
    自分を甘やかすのとは違って。
    そのあたり、口で言っても伝わるものでもないしね。

    難しいです。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/646-d34893c3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    予想以上いろいろ «  | BLOG TOP |  » 変化?

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (138)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (86)
    家族のこと (546)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (46)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (28)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (94)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (91)
    本 (17)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹