• admin
  • topimage

    2017-04

    学校再開したけれど - 2014.01.10 Fri

    今週から、
    我が家の王子たちも、三人三様に学校再開です。

    二男くんは、
    今週から週に1~2回、1コマずつクラス授業に参加することになっていました。
    で、どうだったかというと…。
    初日行ったら、次の日には「風邪をひいた」と欠席。

    そうなんだ。
    簡単にはいかないんだ、やっぱり

    だけど、
    休むなら、自分を正当化しようと工作しないで、
    くじけた自分から目を背けずに休んでほしい。

    そう思いましたよ。

    こんな時、
    自分を繕う嘘に身を隠される時、
    親はだまされてあげるべきなのか、どうなのか。
    いつも悩みます。

    私の場合、結局嘘に耐えられないのが常。
    そして今回も。
    やっぱり非情につっこんでしまった…。

    責めてるように受け取られないように。
    そこは気をつけたつもりです。一応はね…。

    頑張ってみたけどくじけてしまった。
    その現実をしっかり認めてあげないと、
    頑張ってみた自分もいなかったことになってしまうじゃないですか。
    そんなの、悲しすぎるでしょ。

    だけど…。

    だまされてあげるべきなのかな。
    こういう時って。
    ずっとずっと、答えの出ていない悩みです。
    長男くんの頃からずっと。

    嘘を見過ごすことに結局耐えられないのも、ずっと変わらず。

    さらに白状してしまえば、
    自分にだけ甘い二男くんの今は、見てるのも苦痛。

    時々、どう応援したらいいか分からなくなります。
    分からない時は、どうしたって分からないので、
    そんな時は、お構いなしに全部やめにしちゃいます。

    考えるのも、動くのも。
    もう全部。

    こんな自分が、二男くんを追いつめていなければいいです。
    そこだけは心配です。

    難しいな。
    口で言ったところで伝わらないこと。
    でもどうしても伝えたいこと。

    どうすれば、伝わる?

    二男くんの中にでんと根を張る、
    「苦しんでいる自分は今特別だから。」という甘え。
    特別じゃないって、どうしたら分かる?

    超難問

    考えるのやめにしちゃう頃合い。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    kanonさん、以前、書き込みさせて頂いた、まりあです。
    今年もよろしくお願いいたします。

    騙されてあげるべきか、私もいつも悩みます。
    苦しいですよね、すごく。
    以前、カウンセラーさんが、当人が苦しんでいる時は、その苦しさだけを受け止めてあげてと言いました。
    正論を言っても、通じない時もあるって。
    でも、自分にだけ甘い態度には、我慢できない時もありますよね。
    親だって頑張ってるんです。
    本人にも自分の現状を受け止めて、認めて欲しいですよね。

    疲れた時は、なんにも考えず、ちょっとお休みしてくださいね。
    好きなお茶でも飲んで、好きな音楽を聴いて、
    御自分を労わってあげてくださいね。

    わたしも、毎日、一喜一憂(一喜二憂?)しながら、頑張っています。
    また、時々、コメントさせてくださいね。

    私、カウンセラーの先生に言われました。
    本人すごく疲れるんだそうです。
    週に1~2日、3時間だけ行っても・・・・。

    まあ、2年間昼夜逆転していた次男の場合ですけれどね。

    騙されるって考えずに、ホントにきついんだと考えればこちらの気持ちも収まるし
    本人の気持ちにも寄り添えるし・・・。
    (私も旦那に言い聞かせてるつもりで書いてます。)

    弱いことは事実で、
    将来どうするんだ!!
    と旦那は言います。

    でもそこまですら、いけなかったらだめだから、
    本人の気持ちに寄り添うんですよ・・・って
    先生はおっしゃいます。

    私も半信半疑ですが、信じないとねえ。
    一応私の先生は、
    ご自分の娘さんが小1の時不登校になって
    今、二十才。お仕事もしています。
    信じてみます。
    アスペルガーではなかったと思いますが。



    まりあさんへ

    まりあさん、こんにちは(#^^#)
    >
    正論。通じませんねえ。
    でも、本心はその正論が分かってるからこその“反乱”なんでしょうね。
    分かってるからこそつらくて、そこから逃げる道を探してしまう。

    分かるんですよ、そのつらさも。
    だけど、その一方で、
    こっちだってつらいし、とか思っちゃう。

    あっちもこっちも人間ですね。

    今年もいい年でありますように。
    お互い頑張りましょう。
    一喜二憂しながら(笑)

    ありがとうございます。

    ももんがままさんへ

    ももんがままさん、こんにちは(#^^#)

    いつもありがとうございます。
    二男の場合、初めて顔を出す『クラス』が予想以上に人数が多くて、
    そこから逃げたくなったのが正直な気持ちのようです。
    それならそれで、きついのは当然。
    ただ、そこから逃げた自分と正面からぶつかってほしいのに。
    そう思ってしまうんですよ。

    慣れるのと、力尽きるのと、どちらが先か。
    これからの展開も、正直ドキドキです。

    ここまで来ると、本当にこちらはすることもう全部してしまって、
    あとは何もすることがないというか。
    本人にしかすることは残っていませんものね。

    はあ、きつい。
    でも、腹くくらなきゃね。
    学校に行かないとしても、どうにかなる道に修正したのだし。

    ありがとうございます。
    ももんがままさんのコメントで、少し気持ちが楽になりましたよ。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/641-4d540f07
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    『ジブリ展』に行ってきた♪ «  | BLOG TOP |  » 初仕事と初蹴りと

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (138)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (86)
    家族のこと (546)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (46)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (28)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (94)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (91)
    本 (17)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹