• admin
  • topimage

    2017-10

    長男くんの“挑戦” - 2013.12.03 Tue

    長男くんにとって、自己管理は永遠のテーマです。

    その弱点が予想以上に響いたために、
    今期、思いもかけず暇人と化した長男くん
    (自分の欠課を把握しきれず、すでにいっぱい単位を落としてしまったのでした。)

    落とした単位は次に回せばいい。
    凹んだ気持ちは次に生かせばいい。

    だけど、空いてしまった時間、
    ずっと家でPCの前で過ごすなんてことは、なるべく避けてほしいな。

    それを長男くんにずっと伝えていました。

    大学生になり、ぐんと成長を見せた長男くんも、
    4月から始まった自分の新しい生活に対して、
    まだ気持ちのゆとりがあるわけじゃありません。

    実はバイトだって、
    「大学とサークルで精一杯だから余裕がない。」と
    どうしても踏み切れずに至っています。

    経験のために、ぜひ早くと思う気持ちもあり。
    そこは凸凹のなせる不器用さ、受け入れなきゃという諦めもあり。

    で、ここへ来て浮いてしまった時間。
    長男くんなりに考えました。
    バイト探ししてみたりね。

    で、私からの提案もあって、彼が今回決断したこと。

    「そうだ、自動車学校に行こう!」

    いや、決めるまでには随分時間がかかりましたよ。
    なんだろう、すごく不安みたい。

    初めてのこと。
    初めての場所。

    長男くんが、
    いろいろなことを平行してこなす技量がないことは、
    私も痛感しているところ。

    だからこそ、こんな空いた時間にこそ。
    そう思って勧めたわけです。
    講義が入っていて夕方しか通えない時期より、ずっと楽じゃない?って。

    で、一応長男くんも同感だったよう。
    あとは踏ん切りの問題。

    何日も何日も悩んだあげく、
    最後には「もう考えないことにする。」と勢いで。
    今日、晴れて申込みに行ってきました。

    どうなるかな

    もしかしたら、教習中にパニクるかも。
    私の知らないところで。

    前よりは、世慣れてきた長男くんです。

    だけど、心配。
    こればかりは、どうしても心配。
    パニクった時、周囲にそれと伝わらないから

    言われたことが意味が分からず。
    だけど、どう質問したらいいかも分からず。
    沈黙のまま固まるという状況は、今も普通にあります。
    私との間でも、いまだに。

    まあ、いいや。
    私ももう考えまい。
    何か起きてくじけても、それはそれで経験として。

    おかしいですね
    自動車学校ごときで。

    ま、これが長男くんです。
    愛すべき王子第一号です。

    そうそう、二男くん。
    今日、彼の中で転学先の学校を決めました。
    今晩、父親と話をして、
    明日、高校に連絡を入れることになるのかな。

    着々と、です。

    こちらも、何が起きてまたくじけても、
    それはそれで経験として。

    ちゃんとそう思えるように、今からしっかり心の準備。



    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    おぉ、チャンスですね~♪
    いずれ就職はするのだし、出来る限り学生のうちに免許欲しいですもんね!

    私は未だに寿命を縮めながらわん太運転の助手席に座っています。
    安全運転なんですけどね~ なかなかうまくならなくて。
    免許取りたての長男くんの助手席にkanonさんが乗られるようになったら、
    「ドキドキする気持ち、わかります!」って言いたいと思います。
    多分まだ私は寿命縮めながらわん太の助手席だと思うんで
    すぐに置いて行かれるかもですね(笑) あぁ~どうしよう~~!

    にゃおを乗せて、わん太の車庫入れにつきあってたら
    にゃおが言いました
    「お母さん、これを3人分練習させるんやね」
    (うちの場合ホントは2人ですが)
    「まだ一人目か」と思うと ほんっと親は命が足りませんわ…。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    わんこさんへ

    や~っとここまで漕ぎつけました。
    今長男は、学校に向かう心配より断然土曜日の入校式に緊張なさっておいでです(#^^#)

    助手席、私付き合えるかなあ。
    今から想像するだけで気を失いそうな感覚が…。
    わんこさん、大切な寿命を縮めながら(笑)えらいです~。

    とりあえずは、自動車学校続けばいいですが…。

    鍵コメwさんへ

    はじめまして。
    以前から来ていただいていたとのこと、どうもありがとうございます。

    発達障害の彼らとの付き合いは、本当に忍耐力の勝負だなと思わされます。
    今回も、本人がGoになるまでに何週間も費やしました。
    ゴールまでたどり着くか、まだ疑心暗鬼です。
    でも、まず腰を上げたというところで喜んでおこうかと。

    大学。
    凸凹のある彼らには、大変な部分と向いた部分とそれぞれあるような気がします。
    自己管理という面では、四苦八苦ですが、
    興味のあるものを中心にできるということは、とても居心地のいい環境ですから。
    息子さん、うまく順応できるといいですね。
    うちもまだまだ。
    友人関係も、こちらの感覚からするとどうも心もとないです。
    だけど、こちらの尺度を押し付けてもいけないですからね。
    いつまでたっても難しいです。

    またぜひ遊びに来て下さいね。
    みなさんからのコメントは、本当に力になります。
    これからもよろしくお願いいたします。

    kanonさん、ご無沙汰しています。
    とはいえ、いつもブログは読ませていただいておりました。

    ご長男君、明日が入校式なんですね。緊張していらっしゃるかな?

    自分にとっても似ているところがあって、親近感いっぱいの思いで読ませていただいているご長男くんのこと。

    私が免許をとったのはまさに必要に迫られて。就職先(12月に決まりました)へは車でしかいけないことがわかり、4月に間に合わせるために卒論提出後すぐから合宿免許に。

    遠方で方言はわからないし、マニュアル車は一番苦手な同時にいくつものことをやらなきゃいけないし。
    左右が未だに一瞬で判断できず、指示器を毎回逆に出して教官にキレられるし。

    何種類かコースを覚えて走るのですが、それがからっきしだめでした。
    最後まで正直なところ覚えられてなかったかも・・・(汗)

    今は教官を選べるようになっているところが多いそうでいいですね。

    当時は怖い教官にあたるかどうかヒヤヒヤものでしたけど、切羽詰まっているし、卒業しないと合宿から帰れないので、1,2回生の男子ばかりの宿で(途中から女子が来てくれましたが)泣きそうになりながら過ごしていたことを思い出します。

    卒検の最後に「ここの景色を見るのも最後だから、しっかり見とけよ」(という意味の方言)と「運転したけりゃ、こっちきてしろ。大阪ではやめとけよ」とも言われました。こんな言葉ですが「やっと大阪に帰れる!」と嬉しくて涙がこぼれました。

    そんな私ですが、その4月から30年近く。結婚してからは毎日高速で出勤、今も実家との往復に車を使いまくっています。違反は・・・何度かありますが(苦笑)事故はありません。

    でも、何年たっても「運転が好き」とは思えません。右折や合流もどんくさいし、クラクションならされると動揺しますしね。

    それでも、運転できてよかったことは数えきれないほどあります。

    だから・・・大変だと思うけど、ご長男くんもきっと大丈夫。

    お家から通うのなら時間のゆとりもありますしね。

    どうしてもしんどければ、ちょっと休憩して・・・でもいいですものね。

    二男君のことでも、「本人が決める」ところまで忍耐されたkanonさん、なかなかできないものですよ。

    でもそれって一番大事なことですよね。

    なかなかもろ手を挙げてほっとできないのが凸凹っ子たちの子育て。

    我が家も二男の高校選び(選べる状況ではないんですが)、来年はのび太の大学受験(一応するつもりみたい)といろいろ吹き荒れそうです。

    みずきさんへ

    みずきさん、こんにちは。
    私もみずきさんのブログにはお邪魔させていただいていました。

    長男、緊張なんてもんじゃないってくらい緊張しています。
    もはや笑えます。
    ただ、入校申込みに直接出向いた祭運転手としてお供したんですが、
    緊張しながらも挙動不審ではなかった。
    はきはきとは受け答えできていないけど会話は成立してた。
    何よりそこが救いです。

    みずきさん、合宿免許とはまた冒険でしたね。
    私なら体こわしてそうです。
    やりきるところがみずきさん。えらいです。

    > 二男君のことでも、「本人が決める」ところまで忍耐されたkanonさん、なかなかできないものですよ。

    ありがとうございます。
    でも、何度もつついたりキレたり、散々なやつあたりされたり。
    本当に、私もぎりぎりでした。
    今回の選択が、果たしてよかったのかよく分かりません。
    でも、きっとなるようになってるんだろうと思うので、やっぱりよかったのかな。

    この先、もし彼が後悔に苦しむことがあるとしても、
    それを引き受けることが彼にとっては必要な経験なんでしょう。
    しんどいですけどね。

    とりあえず、今日のこの段階までこぎつけたことを喜んでます。
    まあ、いいやという感じですが。

    来年の受験はうちもしかり。
    もし二男が進学の夢をそのまま持ち続けているならダブル受験です。
    元気なくしてはいられませんね。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/629-fb7a1c34
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    今日はうれし涙 «  | BLOG TOP |  » ちっちゃな節目の日に

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (555)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (98)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (1)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹