• admin
  • topimage

    2017-08

    理解者になること - 2013.08.24 Sat

    二男くんと私。
    「ほっとく」というか「関わらない」

    怒ってるとは思われてないです。
    「おはよう」「ただいま」「おかえり」そんな会話は継続中。
    だけど、それくらい。

    なんと言っても、私自身が
    二男くんと深く絡みたくないという心境なので。

    まずいかな。
    でも、いやなんだもの。
    ちょっぴり気をもみながらの時間が過ぎてます…。


    ちょっと話を変えますね。

    我が家の三男くんが、サッカーの次に夢中なのがマンガ。
    なかでも、ずっとイチオシ作品だったのがこれです。
    6198obEE63L__SL500_AA300_.jpg
    篠原健太著『SKET DANCE』

    基本的にはドタバタ高校生活マンガです
    高校生らしいバカさ加減で、
    ひたすら熱く人助け部なるものを結成したお調子者が主人公。

    これがね~。
    なかなか、バカにできないんですよ。
    心をぐっとつかまれる感動的なお話も時々あって。
    結局、父も母もどっぷりはまりました

    そのマンガが、最近最終回を迎えまして
    小遣いで発売当日に入手してきた三男くんが
    得意げに貸してくれた最終巻。
    SKET DANCE 32 (ジャンプコミックス)SKET DANCE 32 (ジャンプコミックス)
    (2013/08/02)
    篠原 健太
    商品詳細を見る

    ありがたく、内容に涙しながら読みました(笑)

    その中にあったとある場面での主人公のセリフが、
    ものすごく強烈でした。
    こんな言葉です。

    「君にとって人助けとはなんだ?」との問いに対する答え―――

    「理解者になること
     乗り越えることは変わることじゃなくていい
     その人が今いる位置を認めて
     愛しいと思えるように
     背中を押すこと」


    ガツンとやられた

    理解者になる。
    その人が今いる位置を認める。

    そうありたいです。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    日付が変わりました。
    とうとう、きちゃいました。始業式。
    トットは、やっと・・・。宿題に向き合い始めたようです。
    って、遅すぎだろ~!!
    叫びたいです。(T_T)

    ドキドキします。
    おそらく、トットはいくつかの宿題を
    不提出。
    小学校6年間。始業式に耳をそろえて宿題を提出してたトット。
    明日はどうするのかな?
    ちゃんと、できてませんって言えるのかな?
    考えても仕方ないけれど、無意味な妄想しちゃいます。
    毎晩、夢にうなされています。(私が)

    次男君。気になります。
    この時間。明日の始業式を前に
    始業式という言葉の重みを
    それぞれ感じているトットと次男君。
    二人にとっての始業式。
    それは、まったく違うものでありながら、
    同じようなもの。(意味不明でゴメンナサイ)

    トットは宿題はもちろんの事。
    しばらくは午前授業と言えども、
    宿題以外に
    待ち受けている問題(?)があります。
    噂という、問題。
    急に話をしてくれなくなった友達の問題。
    二学期を迎えてクラスでのトットの立ち位置が
    また変わるかもという不安の問題。

    次男君は、自分の中の何かと
    戦っているかな?
    それが一番手ごわいですね。
    あいてが自分だから・・・。

    トットの一番の理解者でありたいと
    思っていますが、それが一番難しい。
    私もガツンと来ました。
    「その人が今いる位置を認めて
     愛しいと思えるように
     背中を押すこと」

    それこそ、
    私を待ち受ける難関。

    昔は・・・
    始業式って9月1日って絶対に決まっていた!
    ・・・と、思います(笑)


    今、始業式どうしてこんなに早いのかしら。
    9月1日だったらよかったのに。

    だけど、始業式って言葉と
    戦っているのはトットと次男君だけではない。
    きっと、日本中にたくさんいるはず。
    (本当は少しの国であってほしいけれど)

    自分で戦うしかないのですね。
    それぞれが。それぞれに。

    見守ることしかできないですね。
    それしかできないから。
    変わってあげることはできないから。
    せめて、始業式の朝は
    どんなことになっていても
    「おはよう」って笑顔で言いたい。
    (言う自信はゼロ。だから、ここで自分にいい聞かせます。)

    kanonさん。2学期もよろしくお願いします。
    また、伺いますね。

    追伸

    やっぱり、笑顔でおはようなんて無理でした。
    おはよう。っていうだけで精一杯でした。

    怒らなかったけど、あれこれと
    言ってしまいました。

    さてさて。今日から始まりました。
    お弁当。また頑張らなきゃ!

    kanonさんへ

    あら!うちの娘もはまっているコミックでした。

    今までは興味を示していなかったけれど今回はどんな話か聞いてみようっと!

    くろくろさんへ

    おはようが言えたんです。
    くろくろさん、よく頑張りました(#^^#)

    私も、だめでした。
    案の定学校に行けないままの二男と、あまり友好的とは言えない関係のまんまです。
    でも頑張らなきゃね。
    とりあえず、自分が笑顔でいることを頑張ってみようと思います。

    ももんがままさんへ

    あれね、ジャンプの連載で、
    私も基本的にはジャンプに興味はないんですが…。
    なかなかどうして!でした。
    あちこちに泣くツボがちりばめられていますよ。

    ぜひ一度!(笑)

    今日始業式なの?

    うちのほうは9月からだよ。地区によって違うのかしら。近所の小学生も朝、遊んでたし。
    なんか、どうしていいかわからないよね。どうにもできないことだから。

    そのコミック、読んでみます。

    私も ガツンとやられました。

    まさみさまさんへ

    小中学校は9月からが多いですよ。
    うちは2学期制なので、小中学校も数日早く始まりますが…。
    だけど、高校はこのくらいからばっかりじゃないかな。話に聞く限りは。
    夏休みと言っても課外が結構入ってるし、今どきの高校生は忙しいですね。

    私はしっかり9月からでした。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/590-3ada58ea
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    2学期始まった «  | BLOG TOP |  » 意地悪?

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹