• admin
  • topimage

    2017-06

    失言と謝罪 - 2013.07.18 Thu

    今日、二男くんの高校は終業式でした。

    とうとう、1学期は復活できないままだったな…
    やっぱりね、すごく残念です。

    おとといの晩に、
    二男くんが私のところに来て、
    「終業式からは必ず行く。」そう言いました。

    終業式から、というのも変な話だけど、
    夏休みは夏休みで、課外が入ってますので。

    昨日の夜から、
    目に見えて緊張してきているのが伝わってきた二男くんの様子でした。
    必死で戦ってることは分かりました。

    そして今朝。
    わりと早い段階でくじけてしまった二男くんでした。

    わざわざ誓いを立てに来てくれた二男くんだったから、
    やっぱり期待しちゃってましてね。
    その分、反動でがっかりも大きくって。

    結果、イライラ第2波発生

    さらに、やっちゃいましたよ。
    「自分で決めたことやろうもん」って。

    本人も、そう思ってたんだと思うんですよ。
    だまったまんま、目が潤んでいく二男くんを見ながら、
    「失敗した。」と思いました。

    失敗したと思いながら、
    仕事の準備して、
    長男くんに洗濯物干しを頼んで、
    二男くんが朝ごはん食べて歯磨きするのを見届けて、
    それから出かけました。

    ずっとね、後味悪かったです。
    今日ばっかりは、とっても。
    仕事中も、気持ち悪さはずっと続いて…。


    仕事から帰ってからすぐに、二男くんに謝りました。
    「ごめんなさい。」って。

    長男くんの不登校時代、
    同じことを何度となく繰り返してたような…。
    人って学習しない生き物です

    明日はとりあえず、学校も堂々とお休みみたいです。
    夏課外は月曜日から。

    当の二男くん。

    「課外からは行く。
     課外からは行けるような気がする。」

    そう言ってます。

    だめだめ。そんなこと言っちゃ。
    また勝手に期待しちゃうじゃん

    と、逆に耳を押さえたくなる、
    手に負えないほどにワガママな母ちゃんです。

    明日から3日間。

    ちょっとだけ、忘れよう。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    鍵コメKさんへ

    いやあ、「失敗した」の連続で、
    時々無性の自分が嫌になったりしながらの毎日です。

    でも、こんな風に長男二男となかなかない形で向き合うことがなかったら、
    自分を嫌になるほど自分と向き合う機会もなかったのかもしれません。
    そう思うと、まあよしとするのもありかな。

    高校生ともなると、頭では分かってる部分が大きくなってきて、
    本人としてはよけいに大変なのかもって思います。
    多かれ少なかれ、なりたい自分となれない自分との間ではさまれて苦しンでこその思春期ですから、
    多少打たれ弱くて潰された感が強くても、
    そこは彼の、彼らの感受性と受け止めてあげなくてはね。

    日々精進(笑)

    修業はまだまだ続きそうです(笑)

    鍵コメMさんへ

    Mさん、いつもいつもありがとうございます。
    返事が遅くなってごめんなさいね。

    二男、なかなか大変そうです。
    自分との戦い。その年にもなれば、当然と言えば当然の戦い。
    改めて見守るって大変だと思います。

    Mさんから言われたこと、考えてみました。
    今の彼の行動の意味するもの。実はまだ見えてません。
    「今」に腹立つ理由。
    腹立つというのが合ってるのかもよく分かりません。

    腹くくってるつもりでくくりきれずに、焦ってることは確か。
    だけど、それも本人にはかないませんね。

    エゴだろうが、なんだろうが、
    早くこんなことは終わってしまいたいなという正直な気持ちもあります。

    難しいです。

    でも、笑顔が消えていないので、それは本当に救いになってます。

    鍵コメBさんへ

    そうか、Bさんも大変だったんですね。
    なんというか、退屈させない子どもたちですね(笑)

    とっても頑張って気を使ってくれながら日々を過ごしてくれているんだと思うんです。
    あの子たちも。
    理屈じゃなく、肌で何かを感じてるんでしょうね。

    疲れたなら休息は必要。
    その当たり前のことが難しいです。
    我慢することが美徳だった時代に成長してきた世代ですから、
    思わず我慢しろよってなっちゃう。

    いろいろと成長させられながら、夏休みですね。
    夏のいい思い出、できたらいいですね。

    とりあえず、笑って過ごしましょう。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/576-33ef7e04
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    休日が終わる «  | BLOG TOP |  » イライラが来た

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (549)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (30)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (94)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹