• admin
  • topimage

    2017-04

    学校に行けない - 2013.07.09 Tue

    二男くん、やってくれました。

    昨日の月曜日。
    朝課外の間に合う時間に家を出た二男くん。

    向かったのは…
    学校じゃありませんでした。

    どこかの公園。

    家を出た2時間後くらいに学校から電話がありまして
    「二男くんはどうしましたか?」

    血が引きました。
    体が震えました。

    とりあえず電話を切ってから、
    いつもは持って行ってない携帯が家にない確認して
    二男くんに即

    切れました。

    もう1回。
    また切れました。

    その時点で、
    「ああ、無事だ。」ってほっとして。

    そのあと、
    電話がつながったり電源切られたり。
    学校に電話したり
    ダンナさんに電話したり。

    2時間くらいして、二男くんが帰宅。

    最初は…
    責めちゃいました。

    「おかえり」だけ言ってあげられたらよかったのに。

    前日のうちから、行くふりして行かないことを決めてたって、
    そう言われて、
    前日の二男くんの様子とか、会話とか、
    いろいろ思い出して、
    すごく騙されたって気になって。

    人が心配したり傷ついたりしてもかまわないってこと。
    それってひどいよ。

    そんなことを言ったかな。
    あと、いろいろ。

    「おかえり」だけ言ってあげられたらよかった。
    それだけは、すごく後悔

    今日も学校は休みました。

    これは本格的に、学校が行けなくなりそうです。
    いろいろと、取り決めをしました。

    朝起きて、お日様の光を浴びること。
    朝昼、食欲がなくても食事を抜くことは絶対しないこと。
    休んだ日はゲームはしないこと。

    それから何より。
    学校に行くふりして実は行かない、ということはもうしないこと。
    それは、自分から口に出して誓ってくれましたよ。

    もう少し、
    自分が完全に腹くくって、現状の二男くんを受け止めきるまで、
    本当はまだもう少し、時間がかかりそう。

    だけど、こうやってブログを更新しながら、
    少しずつ気持ちが整理できています。

    ここであえて表明して、
    もう現実から逃げられなくしてるような感覚。

    頑張ります。

    頑張らないわけいかないからね。
    私が笑ってないと、二男くんも笑えないから。

    頑張ります


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    まず 無事で よかった・・・。
    でもkanonさんにしてみれば そりゃあ一言二言言ってやらんとってくらい
    心配しましたよね。
    本当に もう 心身ともに お疲れ様です。

    二男くん、行きづらくなっちゃったのかなぁ・・・。
    早く夏休みがくれば って思ったけど
    補習だらけかな。 部活も、夏休みも毎日かな…。
    堂々と休める日がしばらくあったら
    心の疲れも取れそうな気がするけれど 今の世の中難しいですね。

    休んだ日も日の光を浴びる、大事なことですよね。
    さすがkanonさんだなーと思いました。
    生体リズムだけは整えてて欲しいですもんね。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    お久しぶりです

    お久しぶりです。

    長男君がとって落ち着いてきて、ああ、もう大丈夫だねって他人事ながら勝手にほっとさせていただいて、現在中二のうちの息子もこんな風に大学生になってくれたらいいな、とのんびり見つめていました。

    3人いると3人分の喜びや心配がお母さんにはあるんですね。

    今日の二男君の話を聞いて、私の遠く離れる甥っ子(偶然にも次男)を思い出しました。
    このお家ももっとも大変だったのは長男で、二男君はまさかのダークホースでしたがやはり高校時代に心配な時期があり、学校行かずに海を見に行っていたそうです。

    今はバイトに明け暮れる元気な大学生らしいですが。

    自分を見つめなおす時期なのかもしれないですね。この時期を大切に見守ることで、長い人生と渡り合える強さを身に着けえるかもしれません。
    なんて、わかったような口をきいてごめんなさいね。

    わが子も中1の早退がうそのようになくなって、毎日重い鞄しょって学校に行ってます。
    できないこともまだまだ多いけど、できることを見てあげよう、って主人と話してます。

    kanonさんも体に気を付けて、無理しないでくださいね。

    鍵コメRさんへ

    ありがとうございます。
    ここまで自分を出せた二男に、逆にほっとすべきなのかもしれません。
    めっちゃくちゃ幼いやり方ですけれども。

    長男と二男、彼ら2人が同じような道をたどるのを見ていると、
    私のこれまでがやはり、どこか彼らにとってよくない影響を与えていたのかな、とどうしてもそう考えてしまいます。
    こんなことを言えば、きっと皆さんが全力で否定して下さるでしょうが。
    それはそれで、とても幸せ者な私です。
    そこはしっかりかみしめてます。

    しなやかな心、私もほしいです。
    ガチガチに固まってしまってますから。

    わんこsんへ

    ありがとうございます。

    二男は、どうやら本格的に不登校ってやつかな。
    学校自体ではなく、自分自身への不満がとてつもなく大きいせいに思えます。

    初めての「学校に行きたくない」という気持ちのあらわれでした。
    それをまず良しとしなければね。

    なんだか、まだまだ楽させてはもらえないんですね。

    鍵コメMさんへ

    Mさん、ご無沙汰しています。
    とてもお忙しそうな時に、わざわざコメントありがとうございます。

    ご指摘通りの部分、あると思います。
    なんにせよ、大いに不器用なのは二男も長男も変わりません。
    表に出せることはいいこと、なんですよね。
    母との距離、彼も似た年頃の男子からしたらとても近いものがあります。
    絵に描いたような反抗期もないまま来ています。

    思い返せば、反抗期になりがちな年頃は、長男の不登校問題がずっと鎮座していたんです。
    遠慮してくれてたのかもしれません。

    不器用なんです。
    彼もまた、上手に手を抜くということができない。
    長男の場合は手を抜くこと自体が出来なかったのに対して、
    二男の場合は手の抜き方があまりに下手で、周りを巻き込む。
    そんな感じかな。

    何事も、いつも真正面から向き合うMさん。
    似ている。そうかもしれません。

    今回、お母様への思いは実は意外でした。
    お母様との愛情あふれる接しぶりをいつも拝見していたので、
    少なからず、母に対しての、愛着とは真逆な感情に、
    自分自身が多少辟易している部分があり、
    Mさんのようになれそうもない自分が情けなくも思っていたんです。

    尊敬します。
    ありがとうございます。

    ねこねこみーこさんへ

    お久しぶりです♪

    コメントありがとうございます。
    ダークホース、確かに。
    とても学校が大好きな高校生できましたから。
    好きなのは今も変わらないんですよ。
    問題は自分自身。
    成長できない自分を許せないようです。

    それぞれに悩みは形も色も違いますね。

    二男にとって、学校に行けないという自覚が初めてできたのが、多分昨日なんじゃないかと思います。
    それに最初から同時進行で付き合えたのは、よかったと思ってます。

    > 自分を見つめなおす時期なのかもしれないですね。この時期を大切に見守ることで、長い人生と渡り合える強さを身に着けえるかもしれません。

    まさにそうだと、今のこれをチャンスと思わないとと思うようにしています。
    ありがとうございます。

    ねこねこみーこさんのお子さんも頑張ってるんですね。
    みんな頑張ってる。

    できることを見てあげるって、すごく難しいけど、それが理想なんですよね。
    昨日、カウンセラーの先生からまさにそのことを言われたばかりです。

    私も頑張ります。
    ありがとうございます。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/570-6e07c422
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ほっとく «  | BLOG TOP |  » 一進一退。だけど元気。

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (138)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (86)
    家族のこと (546)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (46)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (28)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (94)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (91)
    本 (17)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹