• admin
  • topimage

    2017-09

    一進一退。だけど元気。 - 2013.07.06 Sat

    二男くんですね、また倒れちゃいました。

    期末考査後も学校に行ってたんですが、木曜日に。
    で、金曜日はやっぱり行けなかったな。

    なかなか、なかなか。
    一進一退。一筋縄ではいきません。

    だけど、前向きなのは維持できてるんですよ。

    不思議ですね。
    昨日も、行きたい大学の話をいろいろしてくれました。
    今回の期末考査が、とても悪かったこと(そりゃそうだ)、
    「勉強全然してなくても、授業受けてた時はもっと取れてた。」と、
    随分と冷静な分析もできてたしね

    倒れた後、
    保健室から教室に戻る時の気まずさが嫌だ、と
    今回、二男くんは話してくれました。
    こちらからすれば、
    学校を休み続けた後で登校した日の方が、
    ずっと気まずいのでは?と思うのですけどね。

    金曜日。
    学校に行けそうにない二男くんの相手をしながら、
    「うまくいかないね。つらいね。」
    そんなことを言ってたかな。

    二男くん、泣き出しましたよ。
    声出して泣き出しました。

    よかったかなって思います。
    泣けるのは、すごくいい。
    感情を出せることが、きっと。

    何よりも、二男くんから心を閉ざされてないと思えて、
    純粋にほっとしました。

    高校の方は、これからもちょっと大変かもしれないです。
    卒業に向けて出席日数を数える日が、
    もしかしたら、またやってくるかも。

    だけど、長男くんの時とはまるで違って、
    高校が楽しいと感じる二男くんの、
    学校に行けない理由。

    一体、何なんだろうな。

    長男くんの方は、
    精一杯今の大学生活を楽しみながら、
    私が二男くんのことで時折ど~んより落ちていると、
    頭をなでにきてくれます

    「二男くんはなんで学校に行けないんだろう。」
    長男くんに聞いてみたら、
    「分かんないよ。二男くんじゃないし。」とのお答え。

    そりゃそうだ。
    それが正解。

    分かるわけないよ。
    親だって。

    ただ必死に、
    それこそ必死に、
    想像したり妄想したりしてみてるだけです。

    ま、頑張ります。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    鍵コメKさんへ

    お返事遅くなりました。

    お互い、試練はまだまだ続くって感じかな。
    Kさんも、それはちょっと心配ですね、メンタル面で。
    一生懸命何かと戦ってるんですね、きっと。

    二男はいよいよ、学校が化け物に変わってきているようです。
    長くなりそうです。

    鍵コメ Rさんへ

    ご無沙汰しています。
    こちらに立ち寄っていただいていたこと、嬉しいです♪

    私もまだまだ渦巻く感情に巻き込まれて足とられてばっかりです。
    昨日今日と実はずっと泣き通しで、目がケロヨンみたいです(笑)
    でも、そう言っていただけると、やっぱりうれしいです。
    頑張ろうって思えます。
    ありがとうございます。

    子どもたちは、なんにしろ心が柔らかい。
    あれはマネできないって、いつも思います。
    心が柔らかいからこその感受性だったり、優しさだったり。
    大切にしたいと思う部分です。

    また遊びに来て下さい。
    私のドタバタな様子が少しでも役に立てるのなら本望です(笑)

    鍵コメ“ラ”さんへ

    拍手コメント下さった“ラ”さん、はじめまして。
    コメントどうもありがとうございます。
    息子たちを褒めていただいて、嬉しい限りです。ありがとうございます。

    コメントに気づくのが遅くなり、返事が遅れてごめんなさい。
    うちの息子たち、確かに優しいのだけが取り柄です(笑)
    長男は、さすがに年齢とともに人の痛みが分かるようになってきた成長を感じています。
    彼の場合は特に、ほんのちょっと前は自分のことでしたからね。
    彼の成長があるからこそ、今の自分は立っていられるかもしれない。
    だけど、彼のことがあったからこそ、よけいに二男のことではエネルギーを吸い取られています。
    また始まるのか~って。
    高校が違うので、そのような道筋を用意できるのかまだ見えてませんが、
    そうですね、おっしゃっていただいたように、きっといい方向に向かうと信じて、
    なるべく笑いながら頑張ります。

    本当に本当にありがとうございます。

    ももんがままさんへ

    拍手コメントいただいていたのに、気付くのが遅れて返事遅くなりました。

    子どもたち、多分誰よりも母の感情は感じ取ってくれてるのだと思いますよ。
    母がつらい思いをしていることは、ひしひしと感じてて、
    それをどうしたらいいか分からないだけで。

    慰めてあげようと思えるようになっただけ、長男は今余裕ができてきたんだなと、
    それだけは心底嬉しく思いました。

    昼夜逆転だけは避けたいですよね。
    私も、全然手探りで、答えを知っているわけではないんですけど、
    長男の時も次男の時も、頭がクールダウンしてるときに、
    静かに話し合いをして、約束事として意識はさせました。
    頭がくたくたで休息が必要な時も、
    例えば長男は「午前中休む。」と決めて報告するようになっていましたので、
    それに合わせてました。

    二男の方が、だらだらと生活を送りそうで実は心配です。
    「お日様の光を浴びなさい。学校なんかよりそっちが大切。」って、
    そりゃあしつこく言ってます。

    自宅がくつろげる空間でなくてはいけないし、本当に難しいです。

    kanon

    その危機感、私ももっともっともち、なおしていきたい!

    今日は学校が成績処理日で休みでした。あさ、ちゃんと7:30に起きてきましたよ♪
    やはり、微妙~です。

    でも、朝起きて夜寝る、これは又心を入れ替えていきたいです。

    ももんがままさんへ

    前回のコメントのお返事、
    さっきアップした記事のカウンセリングより前にしたんです。
    カウンセリングでは、約束も含めて何もせずにほっときましょうと言われました。
    自己嫌悪で苦しませましょうという意味合いで。

    その子それぞれの対応の仕方だと思うんです。
    今の時点での二男の場合は、そうだというだけ。
    だけど、やっぱり健康な生活は外せないんですよ、私。
    先生の言い分は、
    健康なのがいいことも、本人は分かってる。
    だらだら1日を過ごせばその分自己嫌悪に苦しむ。
    その苦しみを取り払おうとしてることが、つまりは関わり過ぎということ。
    だと思います。
    そこは納得できました。

    あくまでうちの二男の場合は、ですよ。
    長く昼夜逆転になってしまった子への手の差し伸べ方もまた違うでしょうし。
    今回のカウンセリングの内容は、本当に悩まされました。

    でも、早起きは守ってほしいな。
    相変わらずそう思ってます。
    ご飯も食べてほしい。

    超ワガママで言うこと聞かない母親です(笑)

    kanonさんへ

    コメントに返事をした後、私も次のブログを見て
    昼休みじゃ書ききれないっ!とPCを閉じました。

    私も、『超』のつかないわがままないうこと聞かない母親です(笑)っていうかそうなりたいです。

    次男くんが中2秋から中3の1年間の1年半、
    たくさんほめて彼の好きなようにさせていればいい方向に向かいます、なんていう言葉の通りにして、あまりほめ方がわからず、結局彼の自己肯定感は増えす、ズルズルと彼の生活を無駄に過ごさせてしまったのにまだ、『超』わがままになりきれない母親です。

    いつか、自分で何とかなってくれないかとどこかで思っています。たぶん。
    逃げたいんでしょうねえ、きっと。

    私は、「人を見る力が弱い」みたいです。
    だから、子どもたちのいろいろなことに気が付きにくい・・・・みたいです。
    あと、言いっぱなし。確認しない。
    だから、この手の子たちの守るべきことを守らせる「目」が足りないのです。
    できれば約束を守りたくない子にとって、これは絶好のラッキー♪
    最近気づいたのです。
    私は約束&確認&気づきには普通の人よりパワーがいることを・・・。

    だから、kanonさんみたいに気づいて『超』わがままでいうこと聞かない母親になりたい!!


    まあうちの場合は、基本的な生活がまだ送れないから、私がわがままになるより前に、きちんと次男に手をかけていかないといけないと思うのです。


    kanonさんちの二男くんはもっときちんと生活できているけれど、母親としてはそう思ってしまうのでしょうね。
    放ってておいて、世の中に立ち向かえる力のある子だったら、こんな思いはとっくにしてないですよね~
    そして、健康じゃない生活に転がり落ちるのはとても簡単なんだと。
    手を差し伸べないと簡単に落ちて行ってしまうのだと。



    最初に受けたカウンセラーの先生が言っていました。

    この子達の失敗はこやしにはならない、成功を積み重ねることが大切、と
    どんなことでも助けてやります。って

    アレルギーと同じで、1万人いたら1万通りの人がいるから、カウンセラーさんより母親の感覚のほうが大切♪ですよ!!きっと!!


    何の根拠もなくてごめんなさい。




    ももんがままさんへ

    ありがとうございます。

    今回いただいた助言、長男のようなタイプ、凸凹のある子には当てはまらないんだと思います。
    カウンセラーの先生も二男と何度か接し、彼の場合は、ということで下さった助言です。

    私からの話が、二男にしてみればどれも正論で、それだけに重たいんだと言われた話はとてもよく納得できました。
    正論でこうすべきだ、という話をしてきたつもりもないんですが、聞く側がどう受け止めるか、ですから。
    教えるまでもなく二男は全部分かってるから、分かった上での今だから。
    そういう話には、至極納得できました。

    凸凹な長男には、それは当てはまりません。
    今まで長男と接してきて、それが妙に悪い癖となってしまってます。

    反省すべき点、私にも大いにあるんです。
    その上で、今朝も「朝だよ。」って二男を起こしに行きました。
    本人も前向きにかわしてくれた約束なら、いいかなって思います。

    ありがとうございます。

    kanonさんへ

    そうでした!
    ごめんなさいっ!

    二男くんは凸凹さんじゃないのでしたね。

    だったら、カウンセラーの先生の言うことも一理ありですかね。


    でも、人それぞれだしなあ。百人百様。
    求められている場合は答えないと・・・

    いつか離れていくのだろうけれど、そこまで沢山自己肯定感をバケツいっぱいにしてあげたい♪

    離さないといけない時期?なのですかね。
    わかる気もするけれど・・・・

    急に変えたらそれもどう?って感じですよね。
    少しずつ・・・納得できるところからいきます?


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/569-0797ea76
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    学校に行けない «  | BLOG TOP |  » 手取り足取り

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (554)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (97)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹