• admin
  • topimage

    2017-11

    発達障害を知ってもらうために… - 2011.05.20 Fri

    少し重なった長男くんの学校欠席。
    動揺したのは親だけでなく…近くに住む祖母(私の母です)にも少なからずの波紋です。

    随分と時間と回数を重ねて説明し、理解を求めてきた発達障害への認識。
    身内なだけに、偏見と誤解のぶつけ方も容赦なくて…。

    それでも、少しずつ少しずつ
    黙って見守ることの大切さを分かってきてはくれているようですが…。

    ここにきて、また言われました。
    病院では治るためにどういう治療してるの?って。

    正直、ポイントずれすぎ

    いやいや、カウンセリングには通ってるけど

    なんか、いろんなことがずれすぎてて、一気に気持ちが

    風邪とかそういう類いのものとは違う。
    障害とは言うけど、それは凸凹な彼の個性。何を治せと言うの?

    たとえば…足が陸上選手並みに速くなくても、全然普通に過ごせるけど…

    化学のベンゼンを全部覚えられなくても、社会生活には困らないけど…(こちら参照)
    絶対音感がなくても、日常生活は支障なく送れるけど…(こちら参照)

    彼の苦手な分野が、
    たまたま
    社会で生きにくさを感じやすい分野だったということ。

    そんな話を、ずっと周囲に繰り返してきたこれまでの経緯。
    でも、会う人会う人つかまえてそんな話をぶつけるわけにもいかないし…

    そんな、少しばかりブルーな気分でネットしてたら
    こんな動画に出会いました。
    もう皆さんご存知かもしれませんが…


    我が子のため
    社会のため
    私は何ができるでしょうか。

    模索中です

    いつも応援
    ありがとうございます
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    こんばんは(*^_^*)

    いつもありがとうございます♪

    > 何故か次男だけは何も説明していないのに長男を丸ごと受け入れ、実に見事に欠点のカバーをして生活をしています。

    そうなんです!そうなんですよね。
    世の中それでいいのに。それでうまくいくのに。
    多分、子ども達の方の適応能力のなせる技でしょうが、我が家も本当にきょうだい達で救われてます。

    ちょっと今回ふてくされた内容の記事になってしまいました((+_+))反省反省

    よい週末を~

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    同じく・・・

    こんにちは。

    わが家も同じく、です。
    私の両親は息子の発達障害や起立性調節障害に理解を示そうとはしません。

    発達障害→身内にいないと信じたいみたい。「そんな目で子供を見ない方がいい」
    と言います。(まずは理解しないと始まらないんだけど)
    起立性→ありえない。たたき起こしてでも登校させなきゃ。親の対応が甘すぎ。

    ・・・このような反応がいつも返ってくるので、最近は親には息子のことをほとんど
    話しません。
    本当は身内だからこそいろいろ話を聞いてほしんですけどね。
    すべて私が「育て方を間違った」結果だそうです。
    悲しいな。

    ここで愚痴ってごめんなさい。

    でも、他にも同じような立場の人がいるかもしれないから、
    「あなただけではないよ」とエールを送りたい気持ちもあり
    コメントしました。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: 同じく・・・

    Kさんへ

    コメントありがとうございます。
    Kさん、それはつらいですね…
    いつか、理解してもらえるといいな、KさんもKさんの息子さんも。

    でも、多かれ少なかれ、誤解を受けていくことからは今後も免れないわけで、
    その中で自分を信じてくれる母がいるということは、
    きっと息子さんにとって何よりのオアシスだと思いますよ。
    時間をかかる問題もある。
    そうこうしているうちに、霧が晴れることもあるかもしれません。
    それはそれ、今は我が子を信じて、これからも彼らのそばにいてあげましょうね。
    子どもを愛おしく思う、それだけで育て方大正解です(^_-)
    私はそう思います。

    またお話聞かせてくださいね。
    ファイト!(^^)!


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/55-4832b0bf
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    発達障害を知ってもらうために…その2 «  | BLOG TOP |  » 青春の1ページ 体育祭

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (557)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (100)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (1)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹