• admin
  • topimage

    2017-09

    『砂の王国』 - 2013.05.16 Thu

    今日は本紹介を…

    砂の王国(上)砂の王国(上)
    (2010/11/16)
    荻原 浩

    商品詳細を見る
    砂の王国(下)砂の王国(下)
    (2010/11/16)
    荻原 浩

    商品詳細を見る

    この小説。
    発売すぐに入手して読みました。

    大手証券会社勤務からホームレスになり、
    寒さと飢えと人々の侮蔑の目中で閃く――「宗教を興す」

    段ボールハウスの設置場所を求めて辿り着いた公園で
    出会ったのは、怪しい辻占い師と若い美形のホームレス。
    世間の端に追いやられた3人が手を組み――

    ホームレス生活からの劇的な生還。
    だが多くを手に入れ、ふと振り返ると
    そこにあるのは空虚な祝祭と、不協和音だった。
    (Amazonより一部抜粋)

    登場人物がみな、泥臭いほどに等身大です。
    時にみっともなく無様で、
    時にほっとけないほど無邪気に。

    こんな風に人間は思いを巡らせていくのだろうな、と
    そこは何の誇張もなく感じさせられます。

    こんなにも
    人間はおろかで、
    どうしようもなく弱くて、
    愛すべき者たちなのだな。

    実は、
    長男くんが大学で、
    講義待ちの空き時間にいつも本を読んでるというので、
    今回、この本を勧めてみたんです。

    読み終わったそうです。
    「面白かった~。」って返しに来ました。

    なかなかシニカルな結末を迎えるのですが、
    長男くん曰く「これはハッピーエンドだと思う。」

    あまり話すとネタバレになるのだけど…。

    ただ、これがストレートなハッピーエンドかというと、
    それはちょっと違うかな…。
    だけど、確かに前向きな何かを漂わせてのエンディング。
    それを長男くんは感じ取ったようです。

    「だって、すごくすっきり強くなってるじゃん。」

    もろさを乗り越えてからの強さは無敵。
    長男くん、君も無敵だ

    荻原浩。
    『明日の記憶』は泣いて読んだけど、
    あれもラストが好きでした。

    なかなか好きな作家さんです。



    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/549-b2d5fff4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    きっかけは“演技指導” «  | BLOG TOP |  » 時代?

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (554)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (97)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹