• admin
  • topimage

    2017-10

    愛の抱擁と愛のチョコと - 2013.01.20 Sun

    とうとう始まりましたね。
    センター試験。

    お天気にも恵まれて、言うことなし

    試験会場には、各クラスの担任の先生が待機してくれています。
    昨日1日目を終えて帰ってきた長男くんのお土産話で…

    「○○先生に会ったよ」

    ○○先生とは、1年の時の担任の先生です。

    6月から不登校になって
    7月から学習支援センターに移籍して
    1月から復帰するかどうか検討して
    4月から戻ることに決めて
    3月に久しぶりに学校に面談に行って

    一番激動の高校生活だった長男くんの1年間を、
    担任としてかかわって下さっていた先生です。

    「抱きしめられた」

    男の先生です。
    一応ね、語弊がないように

    「頑張れよ」「頑張ります」の会話をしてきたようです。

    ありがとうございます。
    多分、長男くんは嬉しかったんだと思います。
    「嬉しかった」とは言わなかったけど、
    すごく励まされた気持ちになったと思います。

    思えばあの頃、
    長男くんがセンター試験を受けるなんてね。
    全く想像できなかったから

    ○○先生にとっても、多分
    学校から消えていってもおかしくない生徒だったから。

    そんな生徒に対して、
    義務でも職務でも何でも、
    最後までまめに電話してきて下さってたことは、本当に感謝。

    ちょっとその頃のことを思い出しました。
    思い出して、鼻がツンとなりました。

    今日は2日目。
    二男くんからプレゼントされてた「キットカット」も、
    「テストの2時間前にチョコを食べるといいらしいよ」と言って、
    おばあちゃんが持ってきた一口チョコも、
    忘れず持って行きました。

    「鼻血出そうやん」なんて言って笑いながら

    人の心を汲むのが苦手な長男くんにも、
    今回はさすがに伝わってるでしょう。

    みんなが応援してくれてるってこと。

    IMG_convert_20130120101049.jpg
    今頑張ってるみんなに 
    頑張りたいと思ってるみんなに



    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    うちらのような子を持つ親にとって 一番頼りにしてるのが担任で、失礼ながら先生次第で一年間が決まる…ような所ってありますよね。
    一年生の時の 激動時代を知っているからこそ、学校からいなくならずに頑張って来たことを知ってくれている、家族以外の存在は 大きくてありがたいと思うのです。
    私も鼻の奥 つーんとなりました。
    結果に繋がれば最高よね。
    国公立目指す子は こっからが長いですからね。
    結果がどうあれ まずはお疲れさまでした!!

    鍵コメMさんへ

    ありがとうございます♪

    とりあえず一つ終わりました。
    本人もほっとしてます。
    私も。

    受験生になれただけでもすごいことですもんね。
    長いお付き合いのMさんとお話ししてると初心に帰れます。

    まさみさまさんへ

    先生次第というのは、真なりだと思います。
    うちは、その点いつも幸運に恵まれてきました。

    まさみさまさんこそ、お疲れ様でした。
    とりあえず一つ終わって、やっぱりほっとしますね。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    鍵コメMさんへ

    ありがとうございます♪

    いい経験であることは、定型不定型関係ないですね。
    いい経験をしてると思います。
    これもThe高校生の姿ですもんね。

    そんな姿を拝めるなんて思えなかった日々が確かにあります。
    そんな時期も財産ですね。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    鍵コメさんへ

    ありがとうございます。

    長男は、こんなに人の柔らかな思いに包まれながら生きているのだ、と私もとても感動しました。
    人の温かさを知ってる人間はきっと大丈夫と、自分に言い聞かせてもいます。
    温かさに包まれて、自分もその温かみを持てる人間に、その温かみで人を包める人間になってほしいと思います。

    一生応援団を宣言する先生に見守られている娘さんも、きっととても温かな存在なのでしょうね。
    おばあちゃまが、こんなに温かい方ですもの。

    もうひと踏ん張り、受験というイベントが終わった時、彼が新生活にどう馴染んでいけるのか馴染めないのか、想像もつきませんが、自分が平常心でいられるよう願うばかりです。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/493-9e34976a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    一喜一憂できるということ «  | BLOG TOP |  » 『お守り』

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (555)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (98)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (1)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹