• admin
  • topimage

    2017-08

    今日の収穫 - 2012.12.10 Mon

    月曜日って、
    やっぱり他の日より大変なんですかね…。

    って、今さらだけど

    長男くんにとって、
    今週は、授業がまともにある高校最後の1週間。
    昨日その話をしたら、長男くんもちゃ~んと気づいてました。

    それだけに、期待してたんですけどね。

    ざ~んねんお休みです。

    週末の2日間は、
    普通の受験生らしく、長い時間机に向かって頑張っていましたよ。
    長男くんにしては、の一言付きです
    よそでは塾が当たり前ですから。

    勉強ができてる自分に悦に入ってるくらいの長男くんでした。
    頑張りすぎちゃったのかなぁ。
    体調も問題はなさそうだったし。

    学校に行く行けないは、体力的な問題ではないんだということ。
    ここにきて、改めて実感

    しょうがないか。
    これが、今の時点での彼の精一杯。
    大学進学の可能性も危ないのに、
    現在のことと将来のことと、いっぺんに考えろというのが、
    今の彼には無理っちゃあ無理

    ただ、私にとっては、
    ひとつだけいいことがありました。

    今日、長男くんが「休みたい」と言いにきた時、
    ダンナさんも一緒にいたんです。

    ダンナさんが、そのまま相手をし出しました。
    私としては、
    言っちゃいけないことを言いやしないか、
    しちゃいけないことをしやしないか、
    内心かなりびくびく

    最初の頃、無理やりひきずって行こうとしたこともあるし。
    そのあと、自分のしたことは全部否定すると逆ギレされちゃったし。

    今日は今日で、せっかく話をしようとしてるところを口出せば、
    またへそを曲げてしまうことは必至。
    こちらとしては、しょうがないので様子見です。
    こっちにばかり逃げようとする長男くんに、
    お父さんが話をしてるでしょ、と父親に向かせるよう仕向けて…。

    でも、案外大丈夫でした。

    どうして今回、ダンナさんが長男くんの相手を買って出たのか、
    実は不思議な気持ちもあります。

    逆ギレ以来、私も用心して、
    長男くんのことは自分だけで抱える覚悟もできちゃったし、
    ダンナさんも「我関せず」の姿勢が強まったものだから、
    聞かれないうちは、こちらからは何も話さないと思ってたら、
    何も聞いてこないから、ダンナさんは何も知らないまま。

    ずっとずっと、そんな状態だったんです。

    「『頑張る』じゃなくて、行く行かないは自分で決めたらいい。
     ただ将来のことも考えて、お父さんは行った方がいいと思う。」

    そんな言葉で締められた父親の話。

    なかなかいい線言ってると思いません?
    ダンナさんも成長してた上から…
    初めて気づいた。
    それが、今日の収穫。
     
    気持ちがよかったので、
    高校に欠席の連絡をした後で
    結露の水を使って新聞紙で窓拭き敢行。ただし3箇所だけ。

    プチ大掃除のつもり

    う~ん、私ってエラい


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    父親

    ひやひや はらはらしませんでしたか?
    うちは、ダンナと息子の関係性より私との方がどうしても強くなりがちで。
    そのわりに 私が抽象的で、感情的なため、息子はより一層 やりにくいんだと思いますよ。
    卒業できるめどがたったのなら 休んでもいいと思うよ。

    こんにちは。ぶうたです。

    大掃除の季節ですね、、
    我が家もあちこち汚れがたまってきて、気にはなっているのですが、からだが動きません、、、

    今日の記事は、珍しくご主人と長男さんのやりとりだったので新鮮な印象です。

    ご主人の言葉は私にも染みました。
    男親の言葉って、重みがあるように感じちゃいます、、、

    親子関係を振り返ってみると、父親と長男の会話が少なかったので、意識して、話をしてもらうようにしました。仕事や、社会
    の事など。

    夫婦も難しいですね、、長男が告知されてすぐは、嵐のなかにいるようでした。右も左もわからずに苦しみました。夫の言葉にほっとしたり、逆に傷ついた事も、、、
    本音をいえば、母親の方が絶対悩みは大きく、深く、重たーい。半分でいいから持って下さい~。(甘いかな。)せめて、母親の荷物を増やさないで~!。です。

    わが家はまだまだ始まったばかりです。
    長男は長男さんにタイプが似てると思います。発達障害でもいろいろ凸凹があるんですね。だんだん学習してきました。

    長々とすみません。
    では失礼します。




    まさみさまさんへ

    めっちゃしました!
    ひやひや、はらはら。倒れそうでしたよ^^;
    非常に体に悪い時間帯でした。

    それだけに、よけいほっとしたんですけどね。
    本当に、何の関心も示さないタイプだったので。

    ちょっとした驚きです。

    ぶうたさんへ

    父親と長男とは、以前こんなことがありました。
    http://kanon129.blog.fc2.com/blog-entry-50.html
    それ以来、どうも私の方で警戒モードだったので。
    今日の展開は、いい意味で予想外の展開でした。

    母親の方が、子どもの「今」を受け入れることが上手だと聞いたことがあります。
    父親の方が、このままではだめだとより焦ってしまう。
    母親にも、もちろん同様の焦りはあって、しかもとてつもなく大きい不安として存在してるけど、
    腹のくくり方が上手、というか、
    父親よりも早く腹をくくって、「今」を受け入れることができる。

    確か、そんな話でした。

    凸凹があろうがなかろうが、
    コミュニケーションが苦手だったとしても、
    最高の笑顔を見せてくれた幼い頃のわが子は本物ですからね。
    それさえ信じとけば、きっとどうにかなりますよ。

    今、私もそれを自分に言い聞かせる日々です。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/473-b5ddde10
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    目標 «  | BLOG TOP |  » 卒業できちゃう?

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹