• admin
  • topimage

    2017-10

    本人抜きでカウンセリング - 2012.10.29 Mon

    カウンセリングに行ってきました。

    病院に向かいながら、
    実は大して話すことないんじゃないかしらって思い出したりして、
    でもせっかく予約したことだし、と。

    長男くんのカウンセリングは、
    不登校になりだすかどうかの1年の6月から始まって、
    今年の4月になり、長男くんが「もう行かない」と言い出して半年。
    今に至ります。

    3年になってからの長男くんの様子を、
    9月はわりと頑張れていたこと、
    10月に入って急に崩れだしたことなど、
    思いつくまま話してきました。

    崩れるきっかけになったと思われる具体的な出来事はありますか?
    そう聞かれたけど、答えは『No』

    受験一色になった学校生活がストレスフルなのだろう、と
    やはりそこに落ち着きました。

    ただ、いろいろ話す中で、
    長男くんが自分のスケジュール、
    例えば、次の週末は模試があるなどの予定が、
    全然把握できていないこともふれて、
    そこは具体的な支援ができるととらえてくれたようです。

    担任の先生に、話をして配慮をお願いしてくれることになりました。

    今はまだいい。
    将来社会出る時にもまだこんな状態だったら…。
    そういう不安はあいかわらず。

    「まだ4年以上ありますよ。」
    主治医の先生からは、そう言われました。笑顔付きで

    そうなんだよね。

    去年から比べたら、
    ものすごくゆっくりだけど、確かに少しずつ変化してるし。

    漠然とした「こわい」という気持ちに縛られてた最初の頃。
    そういえば最近は「こわい」と感じないって、
    この前長男くんは語ってくれました。
    かわりに「もやもや」があるんだって。

    あと4年もあるんだ。

    あと4年しかないけど。

    もちろん、大学進学できたらの話。
    そのためには、長男くんの山盛りの頑張りも必要だし。
    そうなると、また長男くんは前に進めなくなり…。

    なんか、堂々めぐり。
    メビウスの輪みたい

    今日の長男くんは、
    朝課外だけ休んで、通常授業は全部受けて帰ってきました。
    くたびれてたけど、明るいままでした。

    1週間の始まりです。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    だめだぁ~
    親目線なので先生のニッコリ「4年以上ありますよ」も
    「4年しかない」に変換されてしまいますぅ~~~~~。
    我が家もドキドキ。
    4年のはずの思惑が、息子の勉強不振のおかげで2年かも・・・。
    あぁ・・・。
    この子たちには長く学生生活を送ってもらって
    その間にできるだけ社会性をつけて欲しいですよね・・・。

    わんこさんへ

    そうなんです。正直な気持ちは「4年しかない」なの。
    なるようにしかならないと思うし、それでいいんだとも思うんだけど。
    人一倍できなくて、人一倍できないことに敏感な彼らのことなので、
    自己嫌悪でつぶれてしまうのが、何より怖かったり…。

    先が見えません(T_T)

    すでにその時期を過ぎた我が家の長男です(笑)ほんとは笑ってる場合じゃないんだけどね。
    次の6月で22才になります。今年の春 専門学校を出たけどいまだに就職決まりませんし、バイトもうまく探せません。実質、働いたことがない。20才を過ぎると年金支払いが生じてきます。収入がないので申請して期間延ばしている状態です。
    とても心配ではありますが、いっそ主夫に仕立てようかと思ってしまう時があります。
    パートで働いてるので洗濯物の取り込みや、お風呂沸かすのは彼の仕事です。
    お風呂掃除と雨戸閉めるのは小学校1年から続いています。やれば出来るんだもの。

    ですが米すら計って研げませんけど...。いやいや、仕込めば出来るかもしれないし。
    (それは我が家が土鍋で炊くからわからないのかもしれないし)

    女の子は卒業後、「家事手伝い」っていうことでおうちにいる人もいますよね。
    男の子はそういわれないのは ナンでかなぁとか 思ったりして。

    彼の性質をわかってくれて過ごしやすい環境の職場があると信じてます。信じたいですよ本当に。

    まさみさんへ

    きっと教え方次第でいろいろできるのだと、私も思いたいです。

    > 彼の性質をわかってくれて過ごしやすい環境の職場があると信じてます。信じたいですよ本当に。
    本当にですね。
    ちょっと変わり者のいいやつで通用する職場。生き場所。
    見つかるまでは息もつけませんが…。
    頑張りましょうね。お互いに。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/451-e41cbd95
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    月 «  | BLOG TOP |  » 冬眠願望 かわりに芸術鑑賞

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (555)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (98)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (1)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹