• admin
  • topimage

    2017-11

    限界ぎりぎり - 2012.10.18 Thu

    そろそろ限界かな。

    長男くん、今日まで中間考査なんですけど、
    今朝はもう、『限界です』って顔に書いてありました

    今日の午後から大学の説明会が予定されていることが、
    昨日になって分かりまして。
    まったくの予定外でしょう。
    そっちのショックも大きそうでしたよ。
    ただ、どうしても休めないとは思ったようです。

    呪文のように「頑張らなきゃ」って言いながら出て行きました。

    この分だと、明日あたりは無理かぁ。
    実は今朝から、そんな覚悟を固めてるところ。

    今、こちら↓の本を読んでいます。
    他の誰かになりたかった―多重人格から目覚めた自閉の少女の手記他の誰かになりたかった―多重人格から目覚めた自閉の少女の手記
    (2004/03)
    藤家 寛子

    商品詳細を見る

    いわゆる当事者本として有名なうちの1冊。
    なんとなく読む機会がないまま今に至り、
    今回やっと図書館でめぐり合えた本でした。

    うっかりすると、
    ついつい長男くんの頑張りを見失ってしまう私。

    そんな私にはいいタイミングでした。
    発達障害を抱える人たちがどんなに頑張らされてきたのか、
    ひしひしと伝わってきます。
    読み進めば進むほど、それを再認識させられてます。

    いい意味で、今の私にブレーキをかけてくれました。

    最初は、歩くことや呼吸することも、
    ひとつひとつ意識していないとできなかった。
    著者の藤家寛子さんはそう書いています。

    右足出して、左足出して、って…。
    息を吸って、吐いて、って…。

    そんな大変さ、想像できますか?
    私には無理。想像できないです

    長男くんは、それほどの困難を強いられてはいないみたいだけど、
    それでもやっぱり、私の想像を超える疲労感なのだろう、と。

    この大変さを知れば、
    発達障害や不登校の子たちをつかまえて、
    「甘い」という形容なんて、きっとできない。

    限界超えているのに休むことができない子たちが実はいっぱいいて、
    逆に、その子たちの方が心配だったり。
    だってね、休むことも本当は、
    すごくすごく勇気のいることだったりしますから。

    長男くんが帰ってきました。
    あれ、意外と元気 開放感が勝ったのかな。

    化学は、「こてんぱん」だったそう。
    欠点必至だそうです。

    ま、それも経験ね


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    こんにちは~

    うちの二男も今日まで中間テストでした。
    化学は苦手で、2年からずっと赤点ですよ。
    まぁ、勉強をしないからなんですけれど・・e-447
    2年生の中間テストの時には、
    「化学勉強してないから、テスト休む。」って事もありましたねぇ。(^_-)-e-447
    それを思えば、今回の中間テストは、全部受けられたから良しとします。

    火曜日は物理か数学Ⅲかどちらかだと思いますが、なんと徹夜で勉強してました。
    そして水曜日、最終教科の英語と古文。全くノー勉強でした。
    まさしくゼロ、百だわ~~、ですよね?
    ちなみに古典も赤点が多々ありです。

    kanonさんのご長男さんの{テストは受けないと}っていう気持ち、偉いですね。
    うちは先々週の模試は朝起きれず、学校を休みましたから。
    本人の勉強が模試を受けるほど追いついていないので、
    受ける必要がないと思っているみたいですが・・
    (3か月後にセンター試験を受けるとは、とてもとても思えません~。(汗))
    でも、良いのです。
    彼には彼のペース、やり方があるのですものね。
    自分によく言い聞かせています。

    本を読んで良い意味でのブレーキがかかることありますよね。
    二男を理解するのは、奥が深いというか、なかなか難しいですが、
    私も本を読んだりして少しずつ理解が前進しているのを感じます。

    私も、図書館で藤家 寛子さんの本、借りて読んでみます。
    情報ありがとうございます。

    kanonさんの心の頑張りに、いつも勇気をもらっています。v-10

    ナナさんへ

    ナナさん、こんにちは(*^_^*)

    今日、大学の説明会に参加してきた長男ですが、
    なんせ話を性格に聞き取ることが苦手なものですから、テストより断然くたびれたそうですよ。
    受験の仕方のパターンを説明受けてきたみたいです。
    センターなんて聞いても、AKBのセンターの方が身近に感じるくらい手応えのないお話です…。

    どうなることやら、です。
    一緒にそば食べながら紅白見てそうですもん。
    まあ、それはそれでね、素敵なことです。

    こんばんは

    私も読みました。
    はまってしまいまして(笑)他の本も読破しちゃいました~。
    藤家さんは特に感覚が鋭敏みたいですね。

    他人には理解してもらえない辛さ…
    大なり小なり大変ですよ。
    甘いと一言で一喝されても我慢しなきゃならないなんて理不尽です。

    長男くん、頑張りすぎないで欲しいな。


    RimRinさんへ

    RimRinさん、こんにちは(^^♪
    長男…頑張りすぎそうですからね。
    私もハラハラしてます。
    だけど、油断すると私自身が頑張らせすぎてるんですよ。

    難しいです(;_;)


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/445-19280286
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    無理をしないということ «  | BLOG TOP |  » 彼なりに順調

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (557)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (100)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (1)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹