• admin
  • topimage

    2017-09

    彼なりに順調 - 2012.10.17 Wed

    長男くんの高校は、今中間考査の真っ最中です

    長男くんは浮いて沈んでを見事に繰り返し中。
    土日の模試は出席して、翌月曜日は欠席して、
    中間考査が始まった火曜日からは、連続登校中。

    テストは受けときたいのかな…

    テスト期間中は学校も半日。
    で、テストは聴く作業がなくなって本人の負担も小さいので、
    少しは楽だという自覚があるのかもしれないですね。

    昨日のテストの出来。
    「こてんぱんだった~?」と聞けば、
    「英語は“こて”くらい。数学は“こてんぱ”くらいだったかも」だって

    「欠点(赤点)はなさそう」と言ったから、
    「それは良かった」と言っておきました。
    「テスト2回も受けるのは、大変だもんね~」って。

    合格、ですかね、私

    実は昨日、仕事から帰ると長男くんの姿がありませんでした。
    ああ、出かけてるんだと思うだけのことなんだけど、
    最近の絶不調があったもんだから、
    頭の中、妄想だらけになっちゃって

    どこかでまた倒れてるのか、とか。

    気持ちが病んで至らんこと考えてないか、とか。

    電話しました
    居ても立ってもいられなくて…。

    あっけなく、すぐ電話口に出た長男くん。

    「ああ、ごめん。R(ご近所に住む幼なじみの子)とがちゃがちゃやってる」

    「がちゃがちゃやってる」がどういう意味かは全く不明だけれど、
    慌てた自分がおかしくなるくらい、
    さらっと普通の長男くんの声でした。

    ほっとしました。

    その声。
    友人と一緒にいる時の声。
    友人と一緒にいる時に、母親と話す羽目にあった高校生男子の声。

    私にどっぷり依存の今の長男くんです。
    家での調子もそれなり。
    それがそれが、
    友人の前では一線引いたような、クールぶった声色なんですもん。

    ああ、そういう気持ちはちゃんとあるんだ~って。

    長男くんの身に何が起きた!なんて、
    すごく慌てた癖にね

    二男くんの場合は、その落差がそれほど激しくないのを思うと、
    長男くんの家での感じが、
    まだまだ課題ありということなのだろうけど…。

    家にいる時とは明らかに違う、
    外面よくしようとかっこつける長男くんがちょっぴりうかがえて。

    嬉しかった~
    救われましたよ。

    世の同級生たちと同じ土俵に乗れないとしても、
    そんなの大したことじゃないんだって、
    改めて、そう思えるようになりましたから

    だって、彼なりに順調です



    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    kanonさんのうきうきした様子が伝わってきて、読んでて私まで微笑んでしまいましたよ。
    長男君、とっても頑張っていますね!

    そして、友達の前では母親に対してサラッと対応。
    う~ん、これには我が家の長男坊はまだまだ届かないな~。
    外で偶然であったときには「きゃっ、お母さああああ~ん」なんていいながら両手を振って喜んでいますから。
    まあ、かわいいっちゃ、可愛いんだけど、もうすぐ中学生なんだよね~と思うと少し心配。
    次男なんて、友達と居るときはほぼしかと。家ではまだべったり引っ付いてきますがね。

    何なんでしょうか、母親依存て・・・。
    具体的にどういったところかと聞かれたら難しいんだけど、明らかに次男とは何かがちがうんですよね~。
    私に認めてもらわないといけないというのがつたわってくるんですよね~。

    ここはうまく褒めて自身をつけていかせるのが私のやくめなんですね・・・。

    何はともあれ、順調そうで何よりです!

    あきちんさんへ

    ありがとうございます。

    > 何はともあれ、順調そうで何よりです!

    それがねえ、そうでもないんですよ。
    順調とは程遠い感じです。
    今日までぎりぎりがんばりましたけど、多分明日は無理か、なんて思ってます。

    覚悟ができてると、こっちもすんなり受け入れられるので、
    明日は私もどんと来いと待ち構える気分です。

    あきちんさんのところはまだ小学生でしょ。
    純粋にかわいいですよ。
    でも、そろそろですね。人前で親に甘えられなくなってくるの。
    最初は、そのギャップとか無理してる感とかが、逆にかわいいですよ。
    うちはなんたって、高校生ですから。しかも3年。
    はたから見てると大人ですもん。
    悲しいほどに…(泣)

    少しでも、かっこつけようとする気持ちがあるなら、
    多少は人目も気にできるんじゃん、と嬉しくなりました。

    依存したいと思われるだけでも、母親合格と思ってたらいいんでしょうかね。
    難しいですね…。
    あきちんさんのおっしゃるように、認めてもらおうと必死なんでしょうね。
    ほめていきましょうね!(^^)!


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/444-b9ea5798
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    限界ぎりぎり «  | BLOG TOP |  » “これしかできない”は“これができた”

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (554)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (97)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹