• admin
  • topimage

    2017-06

    発達障害者数増加って言うけれど - 2012.07.26 Thu

    新聞に発達障害についての記事が載っていました。

    最近急激に増えている現在、
    その変化に対応しきれていない支援現場では、
    学習環境の質、量共に追いつかずに支障が出てる、ということ。

    本当に増加してるのか、
    それとも認知度が上がって、数字的に増加という現象になってるのか。
    どうなんでしょうね。

    多分、後者じゃないかな、と発達障害の子を持つ親としては思います。

    『普通』と認識される凸凹の幅も、
    昔と今では変わってきてるようにも思います。

    学校の先生は忙しいですから。
    時間も足りない。
    授業の進行を止める一癖ある子に、
    しゃがんで目線を合わせて相手をしている暇がない。

    昔と今で遊びの質が大きく変わって来ていることも大きいのかな。

    子どもたちが、遊びの中で身に付けていくはずのスキルが、
    外遊びがしにくくなってゲーム主流となってる最近では、
    ちょっと心もとない

    だから、ただでさえ自然学習が難しい子たちが、
    もっともっと自然学習できないまま大きくなって、
    分からないことが分からないまま、
    『当然』求められる年代になってしまう。

    あくまで個人的な考えだけど、そんな風に感じます。

    記事では、
    知的障害を伴わない高機能自閉症の小学4年生A君が、
    学校から帰るたびにお母さんに泣きながら言っていた言葉が載っていました。

    「勉強はしたいんだ。
     でも、授業中に何をしたらいいのか分からない」

    この「分からない」を理解してもらうのが、本当に大変。

    「分からない」わけないんですもんね、大多数の人からしたら。

    問題出されたら、問題を解く。
    「みんな」と言われたら自分もその中に入る。

    そんな「当たり前」のことにつまづいてるなんて、
    思いもしませんもんね。

    記事を読みながら、
    長男くんが学校生活に悲鳴を上げるきっかけになった頃のことを思い出しました。
    詳しくは→こちらをどうぞ。

    この頃のこと、
    実は長男くん、ところどころ記憶をなくしています。
    授業を受けさせてもらえなくなった国語の先生のことなんか全然。
    名前も顔も。

    その頃のクラスメートや担任の先生とは、
    今でもたまに学校で遭遇したらお話してるらしいのに。

    苦しかったんだろうと思います。
    要らなかった苦しみだったと思います。

    そんな思いをする子はなくしたいです。



    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    本当にそうですね。

    今も障がいかどうかもあやふやなまま苦しんでる子が居るのかなと思うと心が痛みます。
    そういった方面では、ホントに先進国と言えど遅れてる日本。。

    今も苦しんでる子たちみんな…幸せになってほしいと心から願います。

    あいさんへ

    コメントありがとうございます。

    日本は最も豊かで貧しい国。誰かが言ってた言葉です。
    すごく共感した覚えがあります。

    障がい認定うんぬんじゃなく、困ってる子に手を差し伸べてあげられてるかどうかが大切なような気がします。

    こんにちは kanonさん

    共感です。

    「先生の目には見えない困難さ」
    私がいつも思っていることです。
    先生にとっては一人だけが生徒ではないから
    見きれないのもわかるんです。
    実際に肌で感じています。

    凹凸のある子って想像できない不思議な困難さがあるんですよね~。
    過去を遡ってあれこれ考えるより、今の環境での困難さの原因をみつけて対処できるようになれたらいいなって思います。

    RinRinさんへ

    RinRinさんは教育の現場にいらっしゃるから、一層感じるものが大きいでしょう。

    私にできること、一体何があるのか。
    全く見えてはいないけれど、何かできればいいなと思います。
    凸凹がハンディと感じられないような社会が理想、ですね。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/400-9747c53c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    感動のツボ «  | BLOG TOP |  » 二男くんの三者面談はお気楽に

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (549)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (30)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (94)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹