• admin
  • topimage

    2017-10

    同じ嘘でも… - 2011.04.03 Sun

    一言で発達障害と言ってもその特徴は十人十色だと、前にも触れました。
    ただ、アスペルガーなど知能面に遅れのない高機能タイプは、
    はたから見て分かりにくいところが、
    逆に彼らにとって辛い日々の元凶だったりします。
    分からないこと、できないことを、
    分からないはずはない、できないはずはないという尺度で求められるのですから。

    長男くんの場合も、
    宿題をしない、嘘をすぐつく、優等生タイプとは真逆な小学生
    他力本願で、アドリブのきかないどんくさい小学生
    最初はそんな感じ。
    でも、周りを見れば、そんな小学生、うじゃ~っているわけです

    でも、宿題をさぼる気はないのに出されたことに気付かず、
    先生から、なぜさぼったと怒られます。

    友達から、したつもりのない約束を破ったと責められます。

    聞き取りと書き取りを同時にできないので、
    聞くことに専念してたら、メモをとれと注意されます。

    自分のどこが考え足りないのか分からないのに、
    ほかでもないこの母から、ちゃんと考えて行動しろと怒られます。

    その場をつくろうために、分かっているふり、気付かないふりに力を注ぎます。
    そんな小中学生時代だったのでしょう。
    そこに悲壮感をにじませていたのでしょう。

    今、長男くんは
    聞かれた時には、その頃の思いをぽつぽつ語って聞かせてくれるようになりました。
    こんな言葉が意味が分からなかったとか、いろいろ…

    分からないことを隠す必要がないことを少しずつ理解してきているのが、
    一歩前進です。
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/4-7cce8a03
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    お日様の光を浴びること «  | BLOG TOP |  » 「好き」ということ

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (555)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (98)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (1)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹