• admin
  • topimage

    2017-08

    彼と彼を取り巻く人たちとの関係 - 2011.05.02 Mon

    現在中3の二男くん、
    少しずつ少しずつ大人に近づくにつれ、
    友達づきあいも、ただ一緒に遊ぶ相手というだけではなくなってきたよう。
    ぐちを言いあったり、困った時に相談できる友人もできてきているようです。

    朝の時間、何やら色気づいてきた二男くんが
    前髪を気にして必死にドライヤーをかける姿はThe青春
    その横で長男くんは、親から言われなければ寝ぐせを直そうともせず通り過ぎます

    今、他人からの評価が第一の二男くんに対して、
    長男くんにとっての第一は何なのでしょう。

    「わいわいやる友達がいると楽しいけれど
     いなかったらいないでも、別にやっていける」
    そんなことを言う長男くんも想像できます。
    薄っぺらな関係しか築けていないようにも見えてきます。

    多分長男くんは、「かけがえのない存在」として他者を意識したことはありません。
    友人も、それから家族も…

    長男くんにとって家族とは、
    無条件に大切なものではなく、
    たまたま家族が、長男くんにとって好きだと感じる相手だったということ。
    長男くんにとって友達とは、
    気がむいた時に楽しく遊ぶことのできる相手だということ。
    時々そんな風に感じさせます。

    やっぱり寂しいし、
    将来、彼が実のある人間関係を築いていけるのか心配です

    でも
    やっぱり違う。

    発達障害だからと言って
    希薄な人間関係しか築けないなんてことはありえません。
    むしろ、自分の築いてきている人間関係の深さに気付いていないだけ。
    自分の中のあふれる思いを自覚できていないだけ。
    そんな気がします。

    結論は出てません。

    でも、
    多くの人に囲まれて過ごすのが好きな人
    休日は1人でひっそり過ごすのが好きな人
    世の中いろいろです。
    彼だって、
    きっと一番彼らしくいられる生き方を見つけられるはず。

    親の希望で型にはめないよう、それだけは気をつけないといけませんね。
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/35-0d35f3d2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    想像する力 «  | BLOG TOP |  » 『受』+『心』=『愛』

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹