• admin
  • topimage

    2017-08

    ただ今息切れ中 - 2012.04.23 Mon

    最近の長男くん、かなりのお疲れモード。
    新学期が始まって丸2週間。
    ペースをつかむまでには、まだまだしばらくかかりそう

    何かと連絡事項の多いこの時期に
    先生の声を拾うのにエネルギー使ったり、
    新しい先生のやり方や言ってる事の意味が分からなかったり…。
    この時期はやはり、試練の連続。

    言われていることの意味が分からないというのは、
    本当につらいだろうと思うんです。
    話がどんどん進んでいくのに、聞いてるのに、
    自分が何を聞いてるのか分からないんです。
    異国に放り出されたようなものです。

    モノクロの世界にいながら、赤いものを選べと言われて、
    赤ってなんだろうって思ってたら、
    なぜ赤いものを選ばないって怒られる。

    そんな経験を積み重ねてきたんでしょうから。

    だけど…
    いちごは赤だよ、
    信号は一番右側が赤だよって教えられたなら、
    モノクロの世界にいるとしても、後付けで赤を赤だと認識することができる。

    そういう後付け作業を、
    ひとつひとつ積み重ねていくしかないんでしょうね。
    そう思ってます。


    この前、長男くんが言ったこと。「最近、血行がうまくいってない。」

    肩が凝ってることを、
    彼らしいもったいぶった表現で言ってるのかな、とも思ったんだけど、
    話をよく聞いてみれば、
    血液が流れてる感じが、彼には実際に感じられるそうで

    本当かいな

    たまたま居合わせた三男くんが「すげぇ…
    そしたら長男くん「ええ? みんなは分からないの!?」

    ええ、分かりません。
    分かる人、そうはいないと思います。はい

    「ストレッチしたらいいよ」って言ってみました。
    そしたらですね、今度は
    「ストレッチするとそっちに血流が行って、頭の血液が足りなくなるんだよね。」
    って言われちゃいました。

    そういう無駄な敏感さ(失礼!)
    どうしたら、強みとして人生に生かせるんだろう。

    見つけたいですね。そんな裏技。
    できれば1日でも早く。

    でも
    とりあえずは、
    目下のところは、
    体調管理の腕前を上げること。

    それが目標

    今日もお世辞にも元気とは言えない状態で学校に向かった長男くん。
    だけど、帰宅みやげの弁当箱は空っぽでした


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    身体を動かすのに全部手動!って人いますもんね。
    血流がわかるって言われても納得です。
    ストレッチして頭に血がまわらないと感じても
    それが自分でわかる能力を持ってるんだから
    今度はこっち、みたいに正確にストレッチやマッサージができるのにねぇ。
    長男君の自分管理、すごく性格で無駄がないでしょうねぇ^^
    「すげぇ」 です!

    すこいですね!

    >「最近、血行がうまくいってない。」

    って言えちゃうところ。

    いい環境なんですよ。いえるような・・・v-22

    言える余裕もあるってことじゃないかな?


    >血液が流れてる感じが、彼には実際に感じられるそうで

    やはり、感覚がほんとに敏感なんですね。
    これだけ血液が流れてないから肩こりしてるとかもわかっちゃうんでしょうかねえ。

    まだまだ奥が深い・・・







    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    わんこさんへ

    びっくりしましたよ。
    だけど、悪くなるの分かるなら、良くなる変化も分かるはずだから、
    その方法を発見して実践したらこわいものなしですもんね。
    分かったらお母さんにも教えて、と言っときました(*^_^*)

    ももんがままさんへ

    やっぱり、感覚過敏がいろんな風に存在してるので、
    思いがけないところでそれが現れて、まだまだびっくりさせられます。
    でも血流は、久々大スクープでした(*^_^*)

    逆手にとって武器にできればいいんですけどね。

    鍵コメTさんへ

    我が家も、何も言わない子どもでしたよ。
    本当は今も変わりません。
    報告しなきゃと思って言ったというより、思いついたから話したという感じです。

    長男の場合、隠すつもりはなくても、言う必要を感じてないみたいなんですよ。
    言われてなかったことが判明するたびに、
    「言ってもらえると、こういう理由で助かるんだけど」といちいち説明してる状態です。
    忍の1文字で地道に地道に…ですね^^;

    Tさんの娘さんへの寄り添いもすごいと思います。
    本当に。見習うこといっぱいです。

    おれは分からないなぁ。
    同じ個性を持っていても人それぞれなんですね。

    ほにゃさんへ

    感覚過敏と一言で言っても、本当に人それぞれですね。
    長男の場合、聴覚過敏もあり、さまざまな音を取捨選択できないまま受け取っていますが、
    多数の人が訴えるような不快感はないようです。

    私には全く分からない感覚です。
    だけど、むやみにそんなはずないと否定することだけは
    しないでいられるようになりました。




    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/337-2900851c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    難しいコミュニケーション «  | BLOG TOP |  » 発電寸前の新入生

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹