• admin
  • topimage

    2017-10

    長男くんと授業ノート - 2012.04.17 Tue

    長男くんが少しずつ重たい空気になってきてます。

    今は、本人のやらなきゃという気持ちが勝ってます。
    だけど、時間の問題かなぁ。そんな気がしてます。
    ドキドキです

    新学期になって、教科担当の先生が多少変わり、
    それに伴って、以前より英語の予習が必要だったり化学の宿題が出たり、
    ほんのちょっぴり課題が増えてるここ数日。

    英語や古文のノート作りに関しては、
    学校復帰が決まってから、家で予行演習を必死でした過去あり。
    学校を休んでいる間に、
    実際に教科書の本文を利用して、ノート作りを練習してみましたよ

    聞き取りと書き取りがいっぺんにできないシングルタスクの問題だとか、
    初めてのことに即座に対応できない問題だとか、
    多人数向けの授業をまた受けることが決まって、
    じゃあどうする?となった時。

    授業中はなるべく『聴く』ことに専念できるように、
    事前にできる準備を完璧にして、
    その場で対応しなければいけないことを、極力減らしておく。

    もし、授業で初めて教わることが出てきたら、
    『聴く』は置いといて、『書く』を優先すること。
    黒板に書かれていることをとにかく写して、写して、写して、
    理解できなくても、理解しようとする前に写して、写して、写して、
    後で意味を考える。
    分からなかったら、先生に質問しに行けばいい。

    親子で知恵を出し合って編み出した“授業対策”

    これは、本当のところ正しいやり方なのかは分かりません。
    板書はその時にしか写せないので、
    その時にしかできないことを最優先にして考えた結果、こうなりました

    ほとんどの子たちが、
    準備をするのが楽か、その場でどうにかするのが楽か、
    自分にとっての楽な道を自然と選んで、
    どうにか切り抜けていくうちに、自分に向いた方法を見つけていくもので。

    ノートだって、
    色をいろいろ付けるのが好きな子、
    そんなこと面倒でやってられない子、
    いろいろいて当たり前なんだけど…。

    まして、そこに親が介入するのは、
    ちょっと前だったらありえなかったな…私

    でもね、
    長男くんの場合、
    最初の1歩を示してあげることは、まだまだ必要不可欠のようです。

    本文の間は2行空けるとか、
    意味を調べた単語は赤ペンで印をつけるとか、
    当時、2人で決めていったノート作りのポイントをメモした紙が
    今も、机の前に貼り付けられたままです。

    そのメモ、いつしか
    ただはずさないというだけの紙になってたんだけど…。

    存在はちゃんと長男くんの頭の中に残ってて、
    今回、そのメモがしっかり役に立ってくれているようです。

    2回目はレクチャー要りませんでした

    頑張ってるよね。
    いっか、そろそろ学校お休みしたくなったって


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    おおむね一緒ですわ~。
    親子でって感じではありませんが
    「予習してだいたいの流れをわかっておきなさい
    明日の自分を助ける工夫をしなさい」
    最近はそう言うことが多いです。
    やることがいっぺんにたくさんあるから
    脳内パニック起こして疲れすぎて動けなくなるんですもんね。
    できるだけ分散できるよう自分を助ける練習ができるといいですよね。

    鍵コメさんへ

    以前、こちらにコメントいただいた方のお話ですが、
    やはり聞き取りと書き取りの同時進行にものすごく困難を感じてた方で、
    その方は大学の講義を受ける間、ただひたすら先生の話す言葉を書き写していったそうです。
    意味などは全く考えずに。
    で、帰ってから読み返して意味を考える方法をとって、逆に成績も上がったということでした。

    録音できるのであれば、その方法はいいかもしれませんね。

    大学は、学校によっては発達障害の認識も結構進んでいて、サポート体制も整っていたりするという話も聞きますが、実際はどうなんでしょうか。
    娘さんの学校で、何らかのサポート体制ができていたら、ぜひそのあたりの利用もできたらいいですね。

    応援しています。
    でも、いっぱい抱えすぎないようにされて下さいね。

    わんこさんへ

    > 「明日の自分を助ける工夫をしなさい」

    わんこさん!名言です!
    まさにそういうことです。
    何をすれば助けることになるか、から分からずにいるんで困り者ですが。

    自分を助ける工夫。
    何度聞いても名言!

    すごいすごい!!ノートの取り方の練習ですね。

    考えたことなかったv-12(反省)

    そういう細かいことにまだまだ気づけない私です

    今からやります。!!


    ☆近況

    ところで、昨日はアスペルガー茶話会というのが毎月あって今は仕事を抜け出して行っているのです。

    修学旅行の件相談してみました。

    そうしたら、朝必ず起きることが、昼夜逆転を直すコツなんだそうです。
    意欲のあることに向かうときはパワーがでるようになった次男なので出発日の2しゅうかんまえの5/3~楽しいことを予定して毎日起きるようにするんですって・・・v-10

    いまから、何をするか考えます。



    少しずつ、前に進めたら・・・と思っています。
    又報告させてくださいね!!

    ももんがままさんへ

    うちの場合は、本当に聞き取りと書き取りの同時進行ができないんですよ。
    よりましになるためにね、ない知恵をしぼってます。

    修学旅行が、“にんじん”になって、朝起きる原動力になればいいですね。
    1時間でも早く起きれたらほめてあげて下さいね。
    できなかったという事実にとらわれがちな彼らですから。
    少しだけでもできたことにも、気づかせてあげましょう。

    バロメーター!確かに欲しい!
    せめてつらさの自覚ができればいいなと思います。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/333-3921102d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    「ととのえる」 «  | BLOG TOP |  » 二男くんからの手紙

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (555)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (98)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (1)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹