• admin
  • topimage

    2017-10

    ほめることから手を抜かない - 2011.04.30 Sat

    連休ですね。

    長男くんの「友達を作らない」作戦も、じわじわと路線変更していっているよう。
    (↓関連記事)
    心がくたくたhttp://kanon129.blog.fc2.com/blog-entry-23.html
    「越えられる試練」http://kanon129.blog.fc2.com/blog-entry-24.html

    彼の精一杯の考え方、生き方に口をはさみたくはないけれど、
    少しずつクラスの子の話を聞かせてくれるようになって、
    やはり、ほっとしてます。
    私もその話、一生懸命聞いています。

    長男くんと向き合う時は、
    ある意味、相手が高校生であることを忘れないといけません。

    作業の手を止めてでも正面から話を聞き、話をし、ひとつひとつほめてあげること。

    それでも、子どもがまだ小さい頃は
    多少なりとも心がけていたこと。心がけるべきと知っていたこと。

    それが、大きくなるにしたがって、
    やはり“言わなくても分かるだろう”になってくるわけです。
    そこが彼らの場合は違うんですね。

    本当に意識して今、ひとつひとつほめてます。
    言葉の使い方ひとつでも、
    あの時のこの言い方はよかった、とか…。

    指示したり、説明したりする時にも、
    長男くんに対する時は“分かるだろう”は抜きにして1から説明。
    正直、面倒なこともいっぱいです。

    ほめられた時の長男くんは、というと、
    手放しに嬉しそうです。
    そのあまりに純な反応にも、高校生らしからぬ印象を受けます。
    これが、例えば二男くんの場合には、
    照れ隠しに反論してみたり、そうでもない風を装ってみたり…
    明らかに違います。
    小学生の三男くんはまだ素直に、にやっと喜んでくれますが。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~

    発達障害という言葉を、
    ずっと変わらないイメージに受け取られるとしたら、それは大きな間違い。
    いわゆる定型発達の子たちと比較して未発達の部分が、
    働きかけ次第で、これから発達していくのだと思うのです。

    その過程で、大多数の人が通過する学習年齢と違うから、
    はた目に違和感を感じるのだろうと。

    でも、ほめること、思いを伝えることを手を抜かないって、
    何も長男くんに対するだけじゃない。
    誰に対しても大切なこと。
    手を抜かないでいきましょう。

    それからそれから…
    自分のこともほめてあげましょうね、みなさん

    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    感心されちゃった^m^

    ありがとうございます。
    そんな手放しでほめていただけると照れちゃいます(*^_^*)
    >
    > 先生方には「できるだけ沢山の実例を作ってあげて下さい」と言われています。
    > 彼が社会に出るまでに充分な引出しは持てるのか?
    > ものすごく焦ります…
    >
    > 先は長いけれど時間は あるようでナイ。

    本当にそうですね…
    時間が足りないような感覚に陥る時、私もしょっしゅうです。
    そんなとき、私は得意(?)の開き直りです。
    今のこの速度が彼にとっては最適だから、これだけ時間がかかるんだ、と。

    この際目の前のことだけに集中してみるのもいいかも、ですよ。
    どうせできないことはできない。
    できることしかできませんから。
    要は、自分が胸張っていられたらいいんだと思います。

    連休…うちはなんてない休日です。
    長男くんは、とりあえず弟たちと何やかやと過ごしてます。
    何をしたらいいのか、なんて全く考えていないところが、ウチの場合は楽な休日なんでしょうね。
    お子さんはどうですか?
    やっぱり学校では頑張ってるんですよ、きっと。

    親子して力抜けた休日が実現できればいいですね。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/33-6904d1f0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    『受』+『心』=『愛』 «  | BLOG TOP |  » 憂鬱と不調の関係

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (555)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (98)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (1)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹