• admin
  • topimage

    2017-08

    三男くんへの感謝状 - 2012.03.03 Sat

    今日は久々三男くんの話題を

    今週の水曜日は、三男くんの小学校最後の参観でした。
    小学校最後の参観では毎年、
    子ども達からは感謝状、親からは内緒で書いたお手紙を渡し合うんです。

    かなり“ベタ”な企画ではあるんだけど、
    これがなかなかどうして…
    涙腺緩みっぱなしのおばちゃんは、まんまとはまっちゃうのでして。

    もう号泣

    だってだって
    あの昭和の香りただよう、
    元気過ぎるくらい元気なあの子たちが、
    女の子だけじゃなく男の子たちまでもが、
    感極まって、涙ながらにお母さんへの感謝の手紙を読むんですもん。

    ホント、あの子たちの豊かな感受性には脱帽。

    三男くんの感謝状でちょっと驚いたのが、
    書いていたエピソードが小学1年生だった頃のことだったこと。
    へえ、覚えてたんだ、と妙に感心しました。

    12年間育ててくれてありがとう だって

    日頃から、
    我慢させてしまったり、
    周囲を気遣ってみせたり、
    私を元気づけたりしてくれたり、
    そんな三男くんに、
    真っ先に私が思いつく言葉は、『ごめんね』。

    私からの手紙も、
    私から三男くんに送る感謝状です。

    これから先、また反抗期の大きな波がやってくるんだろうけど
    三男くんなんて、一番タチ悪そうだけど
    それでもやっぱり、あの悪ガキ坊主が大好きだ~

    反抗期に備えて、私の体力気力をちゃんととっておかないとね


     三男くんへ

     たくさんの友達に恵まれて笑顔で過ごす君が誇りです
     人を気遣う優しい心を持った君が誇りです
     だけど知っていましたか
     不機嫌な時の君も
     怒っている時の君も
     素直にごめんなさいが出て来ない時の君も
     丸ごと全部が家族の宝物です

     いつもごめんね
     いつもありがとう
     ずっとずっと仲良くいこうね

     卒業おめでとう



    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    kanonさんへ

    三男くん、授業参観のあと、どうでしたか?まんざらでもない感じ?なのかなあ。

    おてがみから気持ちが伝わってきます~♪
    文章を普段書いてるからもあるのでしょうし,・・・・何より思いが毎日あるから(特に三男君には手をかけられない思いがあると思うので)なおさらでしょね。


    私も言葉より文字が受け入れ易い次男に最近手紙を書こうと思っていますが・・・・
    なかなか・・・・文章も難しい。第一なんとなく思っていることを文章にする、そのことが難しいですよね。


    そして恥ずかしいし。やらせかもしれないけれど企画なしでは日本人はやらないことだろうから学校の企画もなかなか素敵ですね♪(うちの小学校もあるとよかったなあ)

    子どもにとってはもらったときは照れくさいけど、きっとお母さんからの思いを真正面から受け止められる素敵なチャンスですよね。宝物になると・・・思います。

     
    ☆個人的な報告☆

    次男が3学期4回目の登校が出来ました。それも、翌日が成績付けの最終日という日に期末試験を受け家庭科と美術の課題を提出しに・・・。

    要領がいいというか確信犯というか・・・
    心療内科の先生の「①具体的な②出来そうな目標をたててやらせていくことが彼らには大事な事です」ってこういうことなのかしら???
    と勝手に思っています。

    とりあえず、来年の高校受験をしようと思ったときに内申で「1」の評価だと受けられない高校があると兄から聞いていたからでしょうかね。
    テストは必須のようです。

    でもまだ希望はあるんだなあって。

    それが確認できただけでもいいか・・・


    ただ、私は普通高校だって難しいと思っているけれど・・・
    知識でなく生活がねっ!!!!
    まるっきり昼夜逆転してますもん。
    それにいままでは夕飯を私の目の前で食べる(家族との時間はまだ寝ています。)ので会うう時間はあるのですが・・・すれ違ってしまう日もでてきて・・・
    ヒトと生活する事がいやなので自己防衛なのかなあ・・・なんて思ったりして

    話をしているときは少しも辛そうに見えないんですけれどねv-9


    また、学年が変わります。
    先生方に挨拶しないと・・・
    (今年度は危うく忘れるところだったので・・・・)


    最近ちょっと毎日きつくてコメント入れられませんが、遅れたりしながら毎回楽しみにしてます!!こうして余裕のあるとき、限界っ!てとき、コメントしますね。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ももんがままさんへ

    > 三男くん、授業参観のあと、どうでしたか?まんざらでもない感じ?なのかなあ。
    ま~ったくいつも通りです(^_^;)
    ま、そんなもんですね。
    言われる通り、なかなか普段はそんなこっぱずかしいこと口に出来ませんから、あえてこんな機会を作ってもらえるといいんでしょうね。

    ところで、次男君は頑張りましたね。
    要領がいいのではなくて、そこは頑張らないといけないと思った、ということだと思いますよ♪
    褒めてあげて下さいね(^_-)-☆

    > でもまだ希望はあるんだなあって。
    > それが確認できただけでもいいか・・・
    本当ですよ。前向きな部分を見せてもらえて、よかったですね。
    将来のこと、本人なりに考えた結果ですもの。
    つらそうに見えないのは、リラックスできてる証拠。
    家でまでつらかったら、あまりにかわいそうだもの。

    彼らなりの速度で成長してますよ、きっと。
    その速度がなかなか理解できなくて、親としては本当に苦しいところだけど、お互いに頑張っていきましょうね。

    鍵コメMさんへ

    お元気でしたか?

    大変な時ですね。ストレスたまってませんか?
    1人で抱えちゃだめですよ。
    これからも、相談機関なんかフルに利用して、誰かの助けを借りながらしていきましょうね。

    うちの長男のこれまでを思い出したりして感じたんですけど、
    息子さんは今、自分が苦しいことをまだ自覚出来ずにいる状態かもね。
    はたから見てわけわからない以上に、本人がわけわかってないのかも。

    Mさん、つらいね。
    話くらいならいつでも聞きますよ。
    背中トントンってたたいてあげたいけど…。
    もうすぐ春です。
    きっと春は来ますから。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    鍵コメMさんへ

    自分を責めちゃだめですよ。
    事態をよく分からない私から見ても、今の選択は間違ってないと思います。
    今は、自分の中の何者かに襲われて我を忘れている息子さんですが、
    思いが母の中にあることは、必ず伝わりますから。
    自分を責めてはだめ。
    責めてはだめです。

    自分と息子さんを信じましょう。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/298-80221c48
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    雨の月曜日 «  | BLOG TOP |  » 長男くんにとっての学校

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹