• admin
  • topimage

    2017-10

    嬉しい変化 - 2012.01.31 Tue

    今日は、長男くんのカウンセリングでした。

    前回は、長男くん、
    す~っかり忘れてすっぽかしてしまいましたからね(こちら参照)。
    久々です

    今日は箱庭をしたそうです。

    なかなか自分の思いを自覚できなかったり
    心の中にある“何か”を言葉で表せなかったり
    そんな長男くんですから、
    たまに箱庭療法で探ったりするようです。

    どんな世界を作ったんでしょうね、今日は。

    カウンセラーの先生とは、
    修学旅行前に一度電話でお話しました。
    旅行に先がけての不安を聞いてもらったんですが、
    その時、ひとつ嬉しいこと言われたんです。

    「この前久しぶりに会ったら、
     随分と自分の気持ちを表現できるようになっていて、
     すごくびっくりしたんですよ。」

    久しぶりになってしまったのは、
    長男くんが最近、しょっちゅう予約をすっぽかしてしまうから

    「まだまだ言葉は足りないんですけどね。」

    確かに。
    まだまだ足りません。
    だけど…
    なんかね、やっぱり嬉しかったです。

    カウンセリングの時間中のやりとりを、
    私は全くあずかり知りません。

    長男くんが
    どんな表情で
    どんな態度で
    どんな話をするのか、

    全く想像もできないわけです。

    それだけに、嬉しい変化の報告でした
    まだまだ上手にはできないにしても、
    委縮する力が多少、ほぐれてきてるかも。

    第三者の方が、ちょっとした変化に気付いてくれますね。
    こんな時、親はだめ。
    期待しすぎて、誤差と思っちゃう。
    ちゃんと気付いてあげないとね。

    昨日の放課後から、
    美術部の先生の『デッサン特別講習』を受け始めた長男くん。
    まずは鉛筆をカッターで削ることから。
    それから描いた初デッサンは○(マル)

    なんか今さらながら、
    基礎からの本格的な講習で恐縮してます。
    また新たに部活に入ったようなものですかね。

    楽しかったようですよ


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    自分の気持ちを言葉にするって

    >なかなか自分の思いを自覚できなかったり
    >心の中にある“何か”を言葉で表せなかったり

    わが子も多分これが、うちの子に一番欠けていて、これがどのくらい出来るようになるかが将来を決めるんじゃないかっていうくらい重要なポイントですね。

    今小6でもうじき中学ですが、まだまだまだまだです(まだが多すぎですね、笑)
    離席、脱走を繰り返していた頃は、何故自分がそこにいられなくなるのかはもちろん、どこに行きたいとか、何をしていたいとか、もう帰りたいも言えませんでした。多分自分でもどうしていいのかわからなかったんでしょうね。

    それをひたすら学校側に要求されて、とても苦しかったと思います。(カードを見せるとか簡単な動作は恥ずかしいと拒否してました)

    今はほぼ、「図書室に行きます」「帰ります」と口に出せるように。
    そして最近は初めて私に「今日学校休んでいい?」と言える様になりました。
    普通ならショックを受けるこの一言ですが、私はとてもうれしかったです。
    「やっと自分の気持ちを言えるようになったね。」って。

    養護の先生に話したら、「それ進歩ですよ~。なるべくかなえてあげて欲しいなあ。息子君が「こうやって言えるんだ」って理解して欲しいから」って言われました。私もそうするつもりです。

    kanonさんの長男君、カウンセリングを素直に受けてくれるなんて我が家からしたらうらやましいです。
    うちの子は「なんでそんなやつに自分の気持ちを話ししないといけない訳!?」とか言って完全拒否ですね(汗) 病院の先生も同じみたいで終始無言です。
    親以外の第3者の大人に心開いてくれるようになるといいんだけど。

    ねこねこみーこさんへ

    うちもね、息子さんの頃はだめでしたよ。カウンセリング。
    カウンセリングが始まったのは、高校になってから。
    学校に行けなくなって、自分でも藁をもすがる思いだったんじゃないかな。

    5年くらいから、私の中で疑惑が膨らんで、
    私はすぐに病院に連れていって明らかにしたかったんだけど、
    本人はずっと「絶対いや」と、断固拒否でした。

    あと、相性もあるんでしょうね。
    きっと合ったんだと思います。
    合わなければ、カウンセリングも逆効果ですから。
    焦らないでいいと思うな。

    ねこねこみーこさんも言われること、分かります!
    「休んでいい?」とか「行きたくない」とか言えれば、
    それで自分を追い詰める荒業を防げますもんね。
    私も嬉しかった!
    しっかり進歩、しっかり成長してるじゃないですか。
    きっと今に、押し付けじゃない心開ける第3者にめぐり会えますって。
    拒否だって無言の姿勢だって意思表示よ~。
    大丈夫大丈夫!(^^)!


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/270-ec5b69e1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    悲しかった話 «  | BLOG TOP |  » 「知り合いのおばちゃん」願望

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (555)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (98)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (1)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹