• admin
  • topimage

    2017-08

    問屋は卸してくれませんでした - 2012.01.27 Fri

    バタバタと、記事をアップできないでいるうちに、
    長男くんはまた、ちょっぴりつまづいていました。

    やっぱり問屋さんは卸してくれませんでしたよ(前回記事こちら参照)。

    昨日の朝、家をいつも通り出た長男くんでしたが、
    5分くらいたった頃かなあ、すぐに戻って帰ってきました。

    途中の交差点で信号待ちしてたら、
    久しぶりに大きな「こわい」が突然来たんですって。

    すぐに私に電話しようとしたけど、
    よりによって携帯忘れてて。
    だから、帰ってきたって。

    何でしょうね、その恐怖感。

    パニック障害で通院中の友人がいるんですが、
    その彼女の話を思い出しました。
    長男くんのこれ、「パニック発作」に似てるみたい。

    いったん学校のことから離れれば、わりと元気な様子でした。
    午後からはずっと、
    部屋で音楽聞きながら小説読んだりしてましたしね。

    くたくたの様子で昼寝してた以前に比べれば、
    さほど深刻な印象はありません。

    よかったです

    だけど、気になるものは気になります。
    2日前も休んだし。
    例の修学旅行直後だし。
    年末からちょくちょく再発してることだし。

    担任の先生も気になったようです。
    夕方、電話がありました。
    あの先生いつも、私が話したいと思った絶妙なタイミングで電話をくれます

    心読まれてるのかしらね?

    先生に朝の状況を話したら、私もすっきりしました。

    明けて今日。
    長男くんは、案外さらっと出かけていきました。
    思ったより大変な1日でもなかったようです。

    よかった…

    今日は私もつらつら仕事しながら考えてました。
    長男くんの今後のこと。

    で、たどりついたところ…。

    もし留年になったとして、
    制服で出かけるのがつらいようなら、
    4年目以降は別の通信制か単位制の高校に転校してもいいし、
    そこから、今行きたがってる大学を目指してみる?

    そう思ったらね、
    なんか、すごく気持ちが楽になりました。

    明日は学校もお休み。
    長男くん、デッサンの勉強用の画材を買いに行く予定です。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    おはようございます。

    ゆっくり凸凹を埋めながら発達していく子たちにとって、時間の期限を決めてチェックされる進学や進級の存在は本当にそぐわないなと思っています。

    自分の能力を客観的に捉えられなかったり、気が向かないことにも必要性を感じて取り組むことができなかったり、周囲の言葉が耳に入っていないことによる圧倒的な情報の欠如があったり。

    でも、それって彼らにとっては、「話せば分かって努力すれば実行できる」わけではないから、しんどくなったり、結果が出せなかったりするんですよね。

    じんわりと多くの経験を通じてゆっくり理解していくわけですから、私の妹の様子などを見ていると10年くらいは余計に時間がかかっていたような感じがあります。

    もう私ものび太の入試に関しては腹をくくりました。

    通信制ももちろん視野にいれています。職場の「先輩」お母さんは超進学校→困難校→通信制→別の通信制と本人に合う学校を探していき、今息子さん二人は別々の自分に合った通信制で楽しくのびのびやっておられるとか。

    kanonさんが前回のブログに書いていらっしゃったように、「好き」でなければパワーの出ない人なんですものね。

    情報としてはいろんな道や考え方を示してやることは必要ですが、その上でどうしたいか、実際どうするかはやはり本人に決めさせるしかないのかな、と。

    だって、結局いくら言葉や情報を尽くして話しても、本人が食いつかなければ結局やる気を失わせたり、よくてもせいぜい「何の反応もなし」というのが我が家の実態です。

    こういうことを何百回も経験して、親としては本人の育ちの場を整えてやることくらいしかできないように思えてきました。

    私も私の妹も、結果的にすべて「自分で決めたこと」で人生を送り、数々の失敗なども経験してきました。妹はDVによる二次障害もなんとか乗り越え、元気に楽しく暮らしています。

    ご長男くんは、感受性が豊かなお子さんですから、ご家族(特にお母さん)の愛をパワーにして、がんばっていかれると思います。
    芸術方面からスタートして、他のことにも気持ちが広がっていかれるかも。

    今は自分はとにかく(世間一般的に)最悪の状態になったとしても、冷静に前向きに居られるよう、毎日シュミレーションしています(笑)

    みずきさんへ

    こんにちは(*^_^*)

    私もよく、自分だけ肩で息して疲れてるみたいなことがしょっちゅうでした。
    本人の育ちの場、まさにそうですね。
    あとは多分、勝手に育っていくんですね。人間は育つようにできてるんです。多分。

    受験、やっぱりエネルギーはいりますもんね。
    長男の時、受ける前から結果は分かっているような状態で受けましたから、結果も動じることなくず受け止めていました。
    長男からは、受けさせてくれてありがとうと言われましたよ。
    そして、今があります。

    いい結果が生まれますよ。
    それだけは、長男の2年間のおかげで意味もなく信じています。
    得られる結果が最善。がんばってイメージトレーニングに励みましょう(笑)


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/265-5f043852
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    免許更新に行ってきました «  | BLOG TOP |  » 「好き」>「無難」

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹