• admin
  • topimage

    2017-06

    もう~っっっ!!! - 2011.12.27 Tue

    ま~たやってくれました長男くん。

    今日入ってたカウンセリングの予約、
    すっぽかしてました

    昨日から今朝にかけてもう何度も何度も確認して、
    最後にはイラつかれるほど念押して、
    で、このありさまです

    忘れないために工夫しなさいよ~

    今までにも何度となく繰り返してきて、
    わざとじゃなく本当に「忘れて」て、
    特性ゆえの力不足の部分も無視できないくらい大きくて…。

    メモを貼っておくとか、
    目ざましをかけるとか、
    携帯のアラート設定するとか、

    そのたびに、いろんなこと提案してきて
    でも、長男くん的にはどうも不本意らしくて。

    本人の乗り気になった方法じゃなければ続かないから、と思って
    あえてそれ以上は無理強いもしなかったんですけど。

    一向に改善されないじゃないか~

    というわけで、
    仕事帰り早々に大爆発の私。
    気がつけば、肩で息してましたよ

    長男くんも長男くんなりに
    “忘れないための工夫”はしてたようです。
    長男くんなりに…です。

    どんなことしてたの?と聞けば、
    携帯の待ち受け画面にメモとしてはりつけておいたそうで…。

    で、時々はそれで思い出したんだって主張するわけです。

    うまくいかなかった時もあるけど、うまくいく時もあったから、
    見る習慣をつけるように今頑張ってるところだから、
    ちょっと待っててよ、と。

    いやあ、待てません

    それで自分だけがバカを見るならともかく、
    約束した相手だったり、周囲の人間だったり、
    自分以外のところに迷惑をかけてる状態が今。

    自分ができるようになるまで周囲が我慢しろだなんて、
    そんな主張はちょっと受け入れられません。

    だから、それは待てない。
    そう答えました。

    とりあえず、
    頭の冷えた2人で改めて話し合いをした結果、
    部屋のドアにメモを貼り付けるボードを取り付けることに。

    メモがあることに慣れて、かえって気がつかない、
    なんて異論を唱えたりした長男くんですが…

    携帯を開けないと見れないメモで満足していたくせにね

    そこは意識して気がつくようにしていこうよってね。

    もうなんでも、とっかかりとなればいいわけです。
    まずは、明日の病院への謝罪の電話からですね。

    さあ、どうなりますか。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    こんばんは(^^)/

    読み始めたばかりでようやくkanonさんの家族構成や子どもさんの様子が掴めてきたところなのですが、
    今回の記事に関して思うところがあったので初コメントさせてもらいました。
    まずは我が家の家族構成からどうぞ↓
    父・母(50代)、姉(28歳・既婚)、わたし(25歳・精神科にて治療中)
    妹(24歳・中~重度の知的ハンディを持つ)現在、4人暮らしです。

    >今までにも何度となく繰り返してきて、
    わざとじゃなく本当に「忘れて」て、
    特性ゆえの力不足の部分も無視できないくらい大きくて…。

    kanonさんの仰ることも長男さんの言い分もどちらも正論で、
    忘れないように、今までずっとふたりで努力してきたんだろうな。
    わたしは妹に障害があるために、周りに迷惑をかけてしまう事を申し訳なく思う母を一番近くで見てきたので、
    kanonさんの必死な気持ちは当時の母と(今でも心配性なのですが)同じ心境なのだろうと感じています。
    でも、自分が物心つく前から妹と一緒だったわたしからすると、
    妹ができない事があるのもそれを周りがフォローするのもとても自然な事だと考えています。条件反射のようなものですね!
    長男さんも、障害の内容は違えど努力しても出来なかったり「わざとやらない」じゃないのは妹たちと同じで、
    もっと周囲に協力を求めていいんじゃないかって思うんです。

    もしかしたら話し合いの中で出た提案かもしれませんが、カウンセリングの30分前に確認メールをkanonさん以外の違う人に送ってもらうか(お父さんだとインパクト強いかも)
    男の子には抵抗あるかもしれませんが、自分の好みのスケジュール帳を用意してみるのはどうでしょう。
    一ヶ月の見開き+週間+時間表のスケジュール帳を駆使して(今は自分で好きなように組み合わせる事もできますよね)、
    次の行動を起こす前に見落としがないか毎回チェックする習慣をつけていきたいものですね。
    カウンセリングの予定それだけよりも、
    『全体(一週間または一か月分)を見通す力をつける』
    という事を目標にしたら長男さんのモチベーションも上がるのではないでしょうか。

    うちの妹も同じことばかり注意するとふて腐れるので、「こうしたらもっと楽に生活できると思うよ?」とアドバイスする形で最近は本人の意思に任せるよう気をつけています。姉妹とはいえ立場は対等ですから(^_^;)
    ブログでは青臭い恋愛談が多いですが、私自身は結婚しようがしまいが妹と楽しく共生できる未来を思い描いているので、
    うちの母のように当事者(←この表現はあまり好きではないですが)だけで何とかしなければ、と思い込まないでくださいね。
    長々と失礼しました。今年も一年お疲れさまです♪

    kanonさんへ

    ぷんぷんv-12・・・がっかりv-11いろいろな感情がわたしも錯綜しました。

    言っておいたのに、ゆっくり見てたのに・・・なんでv-236

    でも、人のことだから言っちゃいます。

    「沢山手伝ってあげていいんです」って・・
    何かの本に書いてありました。

    でもホンとはkanonさん十分わかっている・・・と思います・・・v-16

    ひとつ思ったのですが長男くん、カウンセリングがいやではないですか?
    うちの次男は楽しみにしてたら一応忘れないのです。
    いやだと、無意識のうちにやめちゃうとこありません?

    ちょっと気になって・・・

    人のことは、いくらでも言えるんですよね~v-255



    うちの次男はほおっておいたら少し自分でやらなきゃと思ったらしく、
    「明日の午前中、習字の宿題をやらないとまずい!!」と言い出しました。
    午後は大好きな塾があるし、祖母のうちにあさっていくので時間がないと思ったんでしょうね。

    「蹴とばしてもいいから起こして・・・」

    すごい決心v-238
    いつもならお昼前に起きるところ、9:00に起きたそうですよ!!v-218
    すごいすごい!!

    でも・・・「やる気にならないけどどうしたらいい?」って電話が来ました。

    起きれてすごいね!ってほめるのを忘れて、じゃあやれそうなことやってみたら・・・。といくつか項目をあげたけどダメでした。

    誉めなかったなあv-164


    心海さんへ

    心海さん、はじめまして。

    コメントありがとうございました。とても考えさせられました。
    何よりも、妹さんとのつながりが、うちの息子たちともだぶり、とても温かな気持ちにもさせてもらいました。

    おっしゃる通りです。
    私も、長男の苦手も個性として受け入れられて、周囲にフォローされ、周囲をフォローしながらの生活が望まれるばかりです。
    ただ、周囲の助けを求めるスキルは、最低限身につけて欲しいかな。
    自力でやっていけるように、とは思っていないんですよ。
    私自身にも苦手はあるし、周囲の人たちに助けられながらの日々です。誰もがそうなんだとも思っていますよ。

    ただ、形にならない相手の心が見えない彼に、
    こういう場合は相手が不快に思うとか、こういう場合は他に影響がかかるとか、大多数の人がニュアンスで感じ取っていくものが後付けの知識として与えるしかない場合、どうするのが一番いいのか、とも思ってしまいます。
    長男は、例えばこちらが携帯を鳴らしても気付かない確率が8割だったり、スケジュール帳についてはずっと拒否されてきたり。具体的な策については、なかなか思惑通りにいかないのですが…。
    例えば予定を忘れないように意識していくことは、彼にとってもやはり必要だとは思うので、私の方がくじけてちゃだめですね。

    心海さん、本当にありがとうございます。
    妹さんへの思いは、とても自然体で素晴らしくて、感動しました。本心ですよ。
    同時にきょうだいってやっぱりいいなとも思いました。私は一人っ子でしたから。

    長男にも、心海さんのような理解者が現れてくれればいい。本当にそう思います。
    とても真面目で、優しい心の持ち主です。
    それが人々に伝わらないのはとても悔しいのです。
    人々に愛されながら、かわいがられながら、感謝しながら生きていってほしいと思います。
    親バカですね。

    またいろいろ教えて下さい。
    とてもありがたかったです。

    ももんがままさんへ

    こんばんは(*^_^*)

    そうなんですよねえ。彼なりのゆっくり速度を守ってあげないといけないんですが。
    長男、カウンセリングは多分いやじゃないんですよ。
    ただ、普段通りだったら学校帰りに寄るんですが、今は冬休み。
    家から病院に向かう形になるので、その普段と違うパターンが敗因かなあ。
    …と今なら冷静に分析できます。

    でもいやなことを無意識に避けるところ、すごくよく分かります!!
    まさにそう!そういうところありますよね。
    自分んへのダメージに鈍感な分、意識できないまま逃げてるのかなって思ったことあります。

    それにしても、次男君がんばってますね。
    今頃、次男君はいっぱいほめられてるかな。
    昼夜逆転が9時起きですよ!
    すごくほめてあげてね。

    ももんがままさん、ありがとう♪
    コメントに助けられました。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/233-14d96b27
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    そこまでやる?そこしない?の大掃除 «  | BLOG TOP |  » 荷造りもそれぞれです

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (549)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (30)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (94)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹