• admin
  • topimage

    2017-10

    ゆる〜くを目指して - 2011.12.13 Tue

    このブログでも、過去に何度となく登場してきた
    息子たちがお世話になっているピアノの先生(こちら参照)

    昨日その先生から、オススメということで、
    この本↓が届きました。
    はじめに読むアスペルガー症候群の本はじめに読むアスペルガー症候群の本
    (2009/01/21)
    榊原 洋一

    商品詳細を見る

    タイトル通り入門的な本で、とても分かりやすくまとめてあります。
    これから勉強したいという方にはオススメです。

    何よりも、ピアノの先生が何かと気にかけて下さってることが
    とってもとっても嬉しかったりして…
    ちょっとうるっときました

    こういう第三者の存在って、本当に救われます。

    家族以外で、無条件に自分を認めてくれた上で、
    遠慮なく叱りも怒りもしてくれる存在。
    これは大きいです。

    長男くんにとって、
    というより、誰にとっても何物にも代えがたい宝物です

    私だって助けられてます。
    何よりもメンタルな意味で。

    家族が支える、それが基本。

    だけど、基本だけじゃ
    親も大変、子どもも大変。
    基本だけじゃ、少々息苦しくなるというもの。

    そうじゃありませんか?

    息抜きだったり
    手抜きだったり
    誰かに寄っかかってみたり

    世の中、ゆるキャラが流行ってますからね。
    こっちだって、ゆるゆるでいきたいものです。

    油断してると、す〜ぐがちがちになっちゃうので、私の場合。

    意識して、
    もうとにかく意識して、ゆる〜くゆる〜く。
    長男くんに対してもゆる〜く。

    それから、それから、

    誰かにとっての
    寄っかかられる存在になれたらいいなって思います。

    誰かにとっての
    貴重な第三者になれたらいいなって思います。

    ピアノの先生から届いた本から、
    エールを感じて…元気をもらって…
    で、思わぬところに着地した今日の記事。
    うまくまとまってなかったら、ごめんなさい


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    kanonさんへ

    ゆるーくゆるーく・・・いい表現ですよね。

    私もその感じでいこう!!と思いつつ。

    今朝、頑張って起きてきた次男に
    「せっかく起きたんだから、遅刻なしで言ったほうがいいと思うなあ」

    と、やっぱりv-8言ってしまいました。
    それも、
    「ぜったい行くからほっといて!」と寝転んで言ったので
    「じゃあちゃんと行かなかったらどうする?」
    「うーん。1週間ゲームとりあげ」
    「うーん・・・・じゃあがんばって!」

    罰を条件にまたしてしまった・・・
    あー辛抱の足りない母・・・・

    主人が「こうあるべき」ばかり言うのでよくけんかになるのだけれど・・大して変わりませんねv-13


    そんな中でkanonさんは私にとっての貴重な第3者ですv-22

    毎日、共感してくれるので第3者以上ですが・・・v-238

    いつか、家族に共感者ができ、普通v-236の貴重な第3者になるといいなと思っています。

    感謝感謝です。


    ももんがままさんへ

    難しいですよね、
    ゆるーくゆるーくって言うばっかりで、
    私も全然だめなんですよ~。
    あくまで願望です(^_^;)

    私なんかが役に立ってます?よかった~♪
    私も、すごく助けられてるんですよ。
    共感してもらえる人がいるって、本当に救いです。

    検査結果、ご主人にも理解の一歩となって、本当によかったですね。
    これからですよ。大丈夫♪大丈夫♪

    私にとってもkanonさんは貴重な第三者です。

    家族が応援団でありたいけれど、母親は子どもにとってきっと一番頼りたい存在。

    そうなると、母はどうしても気持ちを知らず知らず張り続けているんですよね。

    誰かに共感してもらえるのが一番のエネルギーになるのに、身近で心からわかってもらえるような人はなかなか見つかりません。

    力を抜いて、と思っても、はっと気づくと力が入っていて、ゆる~くがあこがれでもついつい・・・

    そんな時、ブログでいろいろな方のお気持ちや悩みに共感する瞬間にほっと力が抜けるんですよね。

    嬉しいことが起こったときにはこちらまで嬉しくなったり・・・。

    これからもkanonさんのブログ、楽しみにしています。

    いつもありがとうございます♫

    みずきさんへ

    そんな風に言ってもらえて嬉しいです。
    ありがとうございます。

    私も一緒ですよ。
    会ったことはなくても、理解してもらえる安心感はものすごく大きくて、
    今の私の原動力になってると思います。

    身近には、なぜかなかなかいませんよね。なんでだろう。
    でも、多分逆に身近な人には、
    自分の方が、自分をさらけ出せずにいるのかなと思ったりします。

    難しいですね。人づきあいって。
    大人だって難しいんです。
    20年も生きていない彼らが上手にできるわけもありません。

    みずきさん、これからもよろしくお願いしますね。
    ブログでつながった大切なお友達ですから。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/221-0146eb77
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    能天気にな~れ «  | BLOG TOP |  » 月のおみやげ

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (555)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (98)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (1)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹