• admin
  • topimage

    2017-08

    To be,or not to be - 2011.11.03 Thu

    長男くんの高校、明日はいつもと違います。

    芸術鑑賞ということで、観劇があるらしく。
    いつもと違う時間、いつもと違う場所に生徒全員が現地集合です。

    いやあ、かなり不安

    相手が高校生であることは忘れて下さい。
    こんな時、長男くんのレベルは一般的な高校生ではありません。
    未経験が致命的。

    過去にやらかした電車の乗り違え、寝過ごし、
    数知れず…

    「必ず1人で行こうと思わず、友達と約束して」
    この母の切なる願いは、とりあえず聞き届けられました

    「○○に待ち合わせした」
    「何時に?」
    「それはまだ決まってない」

    …なぜ?

    まあ、いいです。
    今日のうちに、はっきり決まればね。

    でも、相手の動きを待たない。
    自分から動くこと。
    あなたの「~だろうと思った」ほど当てにならないものはないんだから!

    さっき、聞いてみたら、やっぱりまだ何も決まってない

    ほらね

    大丈夫かなあ。
    本当に相手の子は一緒に行ってくれるつもりあるのかなあ。
    相手の気持ちを正しくくみ取ってるのかなあ。

    これって過保護?

    過保護…なんだろうな。
    でもしょうがないんです。
    未だ信頼できないし、気になるし。

    小学校の頃には、
    いじめられてる自覚ないまま
    いじめられてたような時期もありましたし…。

    その頃のことは、私の中でひそかにトラウマとなり
    そうなると、過保護の上に妄想が加わります。

    ああ、悪い癖

    きっと明日が無事に終わるまで、この悶々は終わらないんです。
    しょうがないんです

    観劇自体はなかなかのもの。
    シェイクスピアのハムレットを魅せてもらいます。

    To be,or not to be

    いろいろな訳され方があるようですが、
    今回の劇は
    『生きるべきか死すべきか』ではなく
    『このままでいいのか、いけないのか』

    まさに今の彼らの悩むさまみたいですね。

    手伝うべきか、手伝わざるべきか…
    私の悩みも尽きません


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    あぁ、同感!
    そう思いながら読ませていただきました。
    うちも明日は部活の試合と学校祭がありながら
    その自分のスケジュールがわかっていません。
    連絡はみんなに行ってるはずなのに
    さらにもう一度 誰か友だちに何時にどこ集合かメールで聞いてる始末。
    本人が抜けてるんだが連絡してもらえないんだか…。
    雰囲気がわからないので妄想でいっぱいになりますよね。

    kataroさんへ

    こんばんは(*^_^*)

    ちょっと前までは、自己管理ができていない=責任感のなさと思っていました。
    それがどうやら違うらしいということが分かっても、じゃあどうする、というところになると皆目見当がつきません。
    安心して見守っていけるようになるまでに、どれほどのハラハラが待ち受けているんでしょうね…。

    今日、結局彼は友達とは会えないまま、でも集合時間には間に合うように現地に到着できました。
    1勝1敗です(~_~;)
    > あぁ、同感!
    > そう思いながら読ませていただきました。
    > うちも明日は部活の試合と学校祭がありながら
    > その自分のスケジュールがわかっていません。
    > 連絡はみんなに行ってるはずなのに
    > さらにもう一度 誰か友だちに何時にどこ集合かメールで聞いてる始末。
    > 本人が抜けてるんだが連絡してもらえないんだか…。
    > 雰囲気がわからないので妄想でいっぱいになりますよね。

    To be,or not to be
    本当にそう思いますよね・・・
    ある程度大きくなったら手を放したいですけど
    「わかってるのかなあ」と心配になります。
    発達障害って究極のKYですし。

    こんばんは kanonさん

    ARISSUMさんの

    ~発達障害って究極のKYですし~

    まさに、この一言に尽きるってかんじですね。

    1勝1敗ですかぁ
    まだまだ大丈夫!! 頑張れ長男くん。

    ある程度の道標は必要だと思いますv-221
    っていうか・・・やっぱり手が出ちゃうんですよねぇ

    ARISSUMさんへ

    その通り!!究極のKYですねから(ToT)
    それがいい味出したりもしてるんですけどね〜(*^^*)

    RinRinさんへ

    おはようございます♪
    ありがとう RinRinさん(*^^*)
    もう妄想のし過ぎで倒れそうだった〜

    RinRinさんこそ、無理しないでね♪

    「究極のKY」 名言です。(笑)

    うちの子もKYじゃなくて、KKYです。
    今は幼児なので事無きを得ていますが、きっとこのまま大きくなっていくんだと思っています。(苦笑)

    To be,or not to be
    このままでいいのか、いけないのか。

    子供たちを観ていて、このままではいけないと判っていても、どうする事も出来ないのが辛い所でしょうか・・・

    starmayさんへ

    > 「究極のKY」 名言です。(笑)

    本当に(^_^;)
    それもいい味だとは思ってるんですが。
    時と場合によるところが大きいですからね…。

    『時と場合』こそが、彼らにとっては超難問です。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/193-c16e233d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    素敵なひと «  | BLOG TOP |  » 『これっぽっち』

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹