• admin
  • topimage

    2017-11

    どっちが人間的?みんな同じ顔と宇宙人 - 2011.10.24 Mon

    相変わらず、私の“片付けたい”熱は続いています。

    まずは要らないものを処分!と見渡せば、
    私以外、家には無頓着な男ばかり。
    一番物があふれて処分しなきゃいけないのは私でした

    もちろん、世の男性陣の中にも
    こだわり派のおしゃれさんはちゃんといて、
    身の周りもきちんと整理されてるんでしょうね。
    我が家の男性陣と何でも一緒にしちゃいけません。

    男のこだわりポイント・我が家の場合

    長男くんのこだわりポイントは黒いかどうか。
    …まるでコウモリです。

    二男くんのこだわりポイントは流行ってるかどうか。
    …ミーハーです。

    三男くんのこだわりポイントは半袖かどうか。
    …子どもです。

    ダンナに至っては、何もこだわってません。
    問題外です

    同じような環境で育ってきて、
    1人1人個性が違うって、やっぱりちょっと不思議。

    長男くんの強烈な個性は、どうやら理由があるらしい。
    だけど、二男くん&三男くんだってかなりの曲者です。

    そりゃ、親の心の余裕具合とか
    兄ちゃんか弟か、とか
    そんな環境の違いでかなり変わってくることは重々承知してますけどね。

    それを上回る不思議がありますもん、やっぱり。

    この不思議が自然…なんですよね

    ず〜いぶん前、幼稚園の頃の話です。
    幼稚園で書いた父の日の似顔絵が、
    近場のショッピングモールに一斉に展示されまして。
    他の幼稚園も一緒に、いろんなパパがずらっと一堂に会したわけですが…。

    ある幼稚園、みんなパパがそっくりでした。
    目も鼻も口も、服装までも。

    …って、んなわけないでしょ

    モデルの絵があったんでしょうね。
    そこの園児の子たちは、
    それを真似して描くよう指導されたんでしょう。

    だって、みんなのパパが同一人物なんですもん。

    こわいです。
    こわすぎです。

    なんか違うなあって。

    なんか不自然。
    一体、何がよしとされてるんだろう。
    すごく引っかかった記憶があります。

    うちの太り過ぎの宇宙人みたいな似顔絵の方が、ずっと人間的だったな。

    もう10年くらい前の話です。
    今はどんな感じなんでしょうね…。

    一方で、うちが通ってた幼稚園は全然そんなノリはなく、
    しか使わない長男くんの『斬新な』絵を、
    笑って受け止めてくれる先生方でした。

    お日さまもでした…


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    あぁ確かに。
    本物のおひさまは赤じゃありませんものね。
    それは誰かに教えられた記号的絵ですよね。
    白っぽい光は青にも見えるものです。
    長男君 さすが!

    kataroさんへ

    もう、kataroさん優し過ぎです。
    多分、青が好きだっただけですよ~。
    でも確かにおひさまは赤くないですねえ。多数派のイメージですねえ。ホントだ。

    幼稚園の頃、青のクレパスしか買ってないんじゃないかというくらい、青だけが減っていきました。
    先生からも、12色いらないから12本の青持ってきて~ってからかわれたり。
    いい思い出です(#^.^#)

    長男くん 素敵な幼稚園に通えましたね

    うらやましい限りです。
    違いを認めてくれる環境って大切ですね
    パパの顔がみんな同じ顔。なんて恐ろしい。
    不思議でたまらないですね。展示をみたお母さん達は我が子の書いた絵を見て、どんな感想を持ったでしょうね。

    みんな同じで みんないい いかにみんなと同じか一緒か
    違ってはいけません。去年の息子の担任のようです。

    今 空を見上げてみましたが 太陽は赤くない。白いというか青にも近いかもしれない。

    青い太陽を書いた長男さん 素敵です 認めてあげられたカノンさんも

    シマトネリコさんへ

    こんにちは(*^_^*)

    みんな同じ顔のパパ、こわいでしょう。
    一緒に見に行ったダンナは、一夫多妻制?ってふざけてましたけど。

    そうか、太陽は青白いのか。
    私、逆に今までそんなこと考えもしませんでしたよ。

    本当にね、青が好きだったんです。
    幼稚園の先生に書いた年賀状も青いラインのみ。
    冬休み明け「差出人見なくても誰からか分かりましたよ、あの涼しげな年賀状。」って
    先生から言われましたよ。

    おひさまは赤ですと教えられない幼稚園で、本当によかったと思ってます。
    学校も、最近とみにあやしい雰囲気ですね。
    赤と教える方が楽なんだろうな。
    大体、国語とか美術とかで評価つけられること自体が疑問なんですよ、私。
    漢字習ったり、美術史の解説とかは別として。
    どう感じるかとか、どう表現するかとかは、人から甲乙つけられるようなものではないと思うんですよね。
    だって正解も間違いもないと思いますもの。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/186-7363f463
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    思い当たったこと «  | BLOG TOP |  » 「おかえり」と「Happy Birthday」

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (557)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (100)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (1)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹