• admin
  • topimage

    2017-08

    学校行っちゃった - 2011.09.29 Thu

    長男くん、学校行きました。

    治った〜というほどの体調の変化はないのに、
    人が変わったほどの気持ちの変化がありました。

    今朝も、相変わらずの微熱だったのかな…?
    37度台に乗ったあたりで、本人が計測をやめちゃいまして。
    私に体温計を見せずに電源OFFして、
    「まあ、大丈夫やろ。」って。
    本人がそう言うなら…。

    昨日までは、言われる前に熱測りだして、
    微熱の結果を私にいちいち見せにきてたのにな。

    薬飲んだ後には「しまった!」
    何かと思えば、
    「この薬飲まなきゃよかった。眠くなるから授業やばい。」

    そこかしこで“やる気”が…。
    何なんだ?この違い。

    咳も時々出てるのでマスクを渡して「いってらっしゃい」

    あそこまでがらっと態度が変わると
    こっちの方がついていけず、拍子抜けでした。
    本人曰く「すごく体が軽くなった」そうです。
    それが昨日と今日の違いなんですって。
    何が体を軽くしてくれたんでしょう…。

    実は、昨日から
    今度は二男くんが同じような風邪症状が出だしまして。
    熱も、長男くんより多少高い37度後半。

    熱もちょっと無視できないレベルだし、
    今朝は私の方から「学校あきらめて休んだら?」と持ちかけました。
    長男くんが勝手に誤解していじけても困るので、
    「熱も37度後半になると、やっぱりねえ」と理由を口にしつつ。

    二男くんのダウンに、
    内心(なんだ、長男くんはやっぱり本当の風邪だったんだ。)とほっとしたり、
    「大丈夫、今日中に治す」という二男くんの前向き発言に
    (そうそう、こういうことよ)と、
    聞いてるような聞いてないような長男くんの様子をこっそりうかがったり。

    長男くんの方は、ただただ「自分がうつした?」と気にしてました。

    二男くんの場合、長男くんの場合とは違う安心感があること、
    やっぱり否定できない。
    あらあら、風邪引いちゃった?と
    二男くんについては、私の方にも力みはありません。

    そのあたり、ダメですよね。
    私の中で長男くんへの信頼度がまだまだです
    私が勝手に疑ってるだけなんです。そうなんです。
    分かってるんです…。

    実際、長男くんが“気の持ちよう”テクニックを持ち合わせていないことは確か。
    二男くんから感じる安心感は多分そこにあります。

    でも…
    さっき思いました。

    結局は、彼の決めたペース取りの通りに事は進んだなあって。

    私が、あの手この手で何をしたところで、
    彼が休むと決めた日は休んで、行くと思った日に行って。
    私はただ、横でバタバタ気を病んでいただけでしたもの。

    任せてたってよかったってことか…。

    必死で自分に言い聞かせる必要なしに、
    手放しで信じてあげられるようになりたいです。長男くんのこと。

    変わらなきゃいけないのは、私ですね。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

      こんにちは。ゆずこです。

      長男さんよかったですね。ちゃんと、自分でわかってるというか
      納得ができたのでしょうね。
      
      うちも指が痛い~と言って、一生懸命シップ貼って、交換用のシップと
      ホワイトテープまでちゃんと持って今日は朝から学校へ行けました(笑)

      我が家も気の持ちようなんて、あり得ません(笑)逆に、気にしだすと、
      病は気から状態。だから、私としては、余計にいらだったりします。
      ほんと、信頼度なんでしょうけど、なかなか難しいですよね。
      

    ご長男くん、よかったですね!

    何か本人なりの納得と体調や気の流れの変化があったのでしょうね。

    さぼりやわがままではなく、本人が無理だという時には本当に無理なんだ、そこまでいっぱいいっぱい頑張っているんだ、と分かっているのに、何となくうだうたしはじめるととたんに・・・イライラしてしまう・・・の繰り返し。

    自分も変わらなきゃなあと反省の日々です。

    kanonさんの日記からいっぱい気づきをいただいています。

    ゆずこさんへ

    ゆずこさん、ありがとうございます。
    本当に、ほっとしました。風邪だったことにも。

    まさにゆずこさんのおっしゃる通り。
    納得ができたという表現がぴったりに感じます。

    次からは、納得するまでにもう少し時間短縮してもらえるといいんですけどね。
    その点、見事に強情です。
    ゆずこさんのところと一緒かな。
    いっぱい湿布用意してあげてて下さい(笑)

    病は気から症候群…ですよね。まあ、我が家の場合ダンナもです。

    みずきさんへ

    はい。ありがとうございます。

    まさに納得したという印象です。部外者にはかなわない何かがあります。
    サボるなんて器用なこと、できないのが彼だということは、よくよく分かってるんですけどね。

    当の本人は、復活初日なのに、えらく遅くなっても帰ってこないと思ったら、
    雨が降ってたから雨宿りがてら居残りで勉強してたら遅くなった、と先ほど電話がありました。
    それはそれで、病みあがりだから体休めた方がいいのに、と半ばあきれてます。

    本当に不器用なやつです。

    私こそ、みずきさんのブログでたくさん学ばせてもらってます。
    よき理解者に出会えたようでとても嬉しくて。これからもよろしくお願いします♪

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: ヤキモキ…

    おはようございます(#^.^#)

    本当に。一喜一憂です。もうくたくたですよ~。

    > 高校では「自分の事は自分で」を徹底するように指導されてるのを履き違えてるんだろうな(>_<)
    な~るほど。そうですね、きっと。
    選択科目かあ。
    彼らの場合は「好き」かどうか、趣向を中心に考えた方がいいかも。
    長男も単純にこれが受けたいという欲求だけで決めてました。
    男子は、理系物理が断然進学に有利ですという先生の助言と、彼の趣向がちょうど合ったので、
    それも後押しにはなっていたようですけど。
    彼に考えられる将来の展望は、今のところそのくらいです。
    まあ、うちの場合、学校復帰が決まった春休みに1日で決めたので、参考にもならないかな。
    資料など皆無でしたから。
    あったとしても、大学資料なんて、絶対見なかっただろうな…。

    ファイト♪


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/165-0dc9bfc8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    『違いの分かる男』は大変だ «  | BLOG TOP |  » 「調子はどう?」 「がんばる」

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹