• admin
  • topimage

    2017-08

    『聴覚過敏』我が家の場合 - 2011.09.25 Sun

    なかなか自分と向き合うことが難しい長男くんですが、
    『聴覚過敏』の感覚はよく意識できているので、
    家でも、そのことがよく話題になります。

    この前、学校を早退してきた日も、
    お昼を2人で食べながら、そんな話になりました。
    喉の渇きの話になった時のことです(こちら参照)。

    長男くんからこう言われたんです。
    自分の耳には聞こえている音が、
    他の人にはどのくらい聞こえていないものなのか。
    そこが分からないって。

    そういうことなら…
    「例えば、今どんな音が聞こえてる?」

    「部屋からは蛍光灯の音とか、何かのモーターの音とか。
      あと、しゃべってる時の自分のつばの音とか。」

    その時、私の耳にも届いていた音はあったんですよ。
    なのに、例に挙げられた音は、
    どれもこれも私にはな音ばかり。

    思わず苦笑い、いや大笑いかな。

    「そのあたりの音、お母さんには聞こえない音ばっかり。」
    「え〜、しゃべる時とか、つばの音聞こえてないの?」
    「正確に言うと、聞こうと意識すると聞こえたりもするけどね。
      普段は気にならない程度に消えてる。」
    「へえ…。」

    長男くんは言いました。
    「補聴器の逆バージョンで、聞こえなくなる装置があればいいのに。」

    確か、ないこともなかったような…。
    でも多分、長男くんは求めるものとは少し違うはず。

    長男くんは多分、
    この音はボリューム下げて
    この音はボリューム上げて、という作業を
    自由自在にできる道具をイメージしてるんでしょう。

    それこそ脳のお仕事。
    脳の機能の問題って、つまりはそういうことですね。

    たとえば、
    すご〜く散らかった部屋は、
    いざ片づける時、
    どこから手をつけようって、途方にくれちゃいます。
    情報が多過ぎて整理できないって、そんな感じかな。

    過去の記憶に残るシーンが、
    アルバムに入らずにたまってる写真のように
    ぐちゃぐちゃに存在してると、
    だから、シーンは思い出せても、いつのことかが分からないと、
    そんな表現をしてる人もいましたっけ。

    長男くんの場合、助かっているのは、
    その敏感すぎる聴覚が、
    必ずしも不快感と直結しているわけではないこと。

    ただし、
    受け取りたい情報を正確に受け取るために、
    こちらが想像する以上の集中力を求められていること、
    それは変わりありません。

    そこは、絶対的な信用で理解してあげようと思います。

    集中を持続させるための彼独特の工夫も(こちら参照)、
    他に迷惑かけたり不快感を与えない限りは“あり”かな。

    人それぞれに持つ、人それぞれの感覚があります。

    少数派だけに、先人の知恵が利用しにくい。
    その点だけがハンディなんです。

    彼が特別なわけじゃない。
    我が家で、誰より服の首後ろのタグの感触が苦手なのは、
    誰よりもコミュニケーション上手な三男くんです。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    美歩さんへ

    おはようございます♪

    焦りますよね、社会に出る時のこと考えると。
    できるようにならなくても、できない時の対処ができればOKだと思うんですが。
    まず自覚すること。
    その一歩がとてつもなく難題ですね。

    > なんせ「自分が困る」と言う実感さえないみたいですから(>_<)
    > 散々、困ってると私には見えるんだけど(笑)

    そうそう。散々困ってるようにしか見えません。分かる~^m^


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/161-eb8f5f78
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    「学校休みたい」 «  | BLOG TOP |  » 笑顔がいちばん

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹