• admin
  • topimage

    2017-08

    無意識の力? - 2011.09.08 Thu

    長男くんはこれまでに
    派手に道に迷ったことが3回あります。

    1度目は受験生の頃、
    気分次第で行く道を変えていた塾への登校途中、
    気がつけばすっとんきょうな方向へ…。
    夜道をずっと自転車をこぎ続け、
    その日は息も絶え絶え、真っ青な顔して11時頃帰ってきました。

    2度目は高校1年。
    すでに不登校状態だった彼ですが、
    日曜日にある校外模試は受けたい、と福岡市内の河合塾へ。
    1度行ったことのある場所、
    電車の最寄駅から歩いて2,3分の試験会場にたどりつけず、
    1駅分歩いて遠ざかってました。

    3度目はやっぱり高校1年。
    学習支援センターへの入所が決まり、1人で登校初日と2日目。
    前の日に1度行った場所。
    これまでも何度か通ったことのあるはずの道。
    なのに曲がるポイントが分からず、
    長男くんは3時間自転車をこぎ続けました。

    3度目の学習支援センターについては、
    次の日、私も一緒に自転車で登校につきあうことに

    どうやら、曲がるべきところを見逃して、その先の交差点で曲がったために、
    迷いの森へと紛れ込んだようでした。

    慌てて彼に追いついて、正しい道を教え直して、
    その日はめでたく目的地に到着。
    その後は迷うこともなくなって一安心。
    めでたし、めでたし。

    なんですが…

    一緒についていってみて気づいた、長男くんの妙な行動。

    曲がるはずの交差点あたりになったら、
    急に立ちこぎでスピード上昇。
    脇目もふらず、直進した彼。

    こちらとしては急なことでびっくりです。

    確かに、多少の上り坂。
    で、交差点も十字路ではなく、
    三つ又の交差点を鋭角に曲がります。
    見逃しやすいと言えば、見逃しやすい。

    だけど信号のある交差点。

    何度も通ったことのある場所。

    行きたくなかったのかな…って、そう思いました。

    本当は、行きたくないという気持ちが無意識の部分で大きくて、
    全力で行くことを阻止しようとしてるのかな…って、
    そう思いました。

    彼自身に自覚のないものだと思います。
    無意識の力。

    悪気はない。
    確信犯じゃない。
    だけど“イヤなもの”から身を守るために
    本能的に身に付いた動物的な勘みたいな…

    発達障害と言われる子たち。
    持ち前の感受性の高さからか、
    そういう勘がすごいと感じることありませんか?

    理屈ではかなわない彼の無意識の力に
    私は時折、お手上げとなります。



    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    自閉特性のある子供、うちの子もそうですが、同じ自閉症の子供同士でしか判らない、独特の感性をもっている気がします。
    だから自閉症児同士のやりとりは、摩訶不思議だったりします。
    二人とも一方的にしゃべっていて、会話なんて成立していない様に見えるのに、何故か意志の疎通が出来ていたりします。
    でも定型の子相手には、出来ません。(通じません)

    それに、独自のセンサー?で仲良くなれそうな子を上手に(無意識に?)見分けたり。
    本当に不思議です。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    あるある!

    確かにあります、そういうこと。

    本当に無意識のうち、自分の気持ちに正直に
    行動に出てしまうんですよね、きっと。

    感受性豊かで、勘の鋭さを持ち、気持ちをストレートに行動に出せる・・・

    これって上手くいくと芸術家路線ですよねぇ!

    starmayさんへ

    こんばんは。

    そうそう、センサー!
    まさにそんな感じです!
    生きる力も人それぞれの形で、
    元々備わっているってことでしょうか。

    本当に不思議に思います。

    美歩さんへ

    学校が苦しみを生む場所でないことは、やっぱり喜ばしいことですよ。
    二次障害なんて、無いに越したことありません。
    家で魂抜けても、抜けさせてあげて。きっと充電中なんでしょう。

    臨機応変なんてワザは、我が家も同様不可能ですねえ。
    もはや期待もしてない(-.-)
    どちらにしても、まだまだ大きなお子ちゃまですね(^_^;)

    kさんへ

    こんばんは kさん。

    芸術家…時に変人と同義語ですね。
    自分の感性を究極に大切にするとそうなるのかな。

    なんか、全力で逃げてるんならしょうがないかという気持ちに、
    その時はなりました。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/147-597c2c18
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    初めての怒り爆発 «  | BLOG TOP |  » 授業中の落書き

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹