• admin
  • topimage

    2017-06

    「これからは分かる」 - 2011.09.02 Fri

    長男くんが高校に行けずにいた頃、
    学習支援センターのおかげで、
    まがりなりにも高校生らしい生活が維持できた長男くん。
    こちら参照

    センターで出会った友人や先輩と、それは楽しそうに過ごしていた毎日。
    週末もよく集まって遊んでいました。

    唯一気になっていたことがあります。
    それは帰宅時間。

    センター帰りにも、制服のままどこかに寄って食事して帰ってみたり。
    休日ともなると、さらに帰宅時間は遅くなり…。

    なんか“違和感”でした。

    長男くんだけじゃなく、
    不登校を経てセンターに集まってきたみんなが、
    毎日楽しんでる自分というものを演じて、
    それにひたって酔っているような…
    そんな不自然さ。

    私の勝手な思い込みかもしれません。
    彼の友人たちには会ったこともないし。

    その頃は私も、楽しそうな長男くんが嬉しくもあり、
    どうしたものか、と
    強気になりきれない弱い自分もいたりして…ね。

    今どきの都会の高校生って、何時帰宅が普通なんだろうって、
    私自身が、とても田舎で高校生活を送ったので、
    基準も分からなくて、
    いろんな人に聞きまわりましたよ。

    でも、やっぱり高校生。
    お腹が空いたなら
    食べて帰ろうではなく、家に帰ろうが基本じゃないか。
    そう思って…

    結局、基本の門限を設定。
    出かける時は帰宅予定時間を必ず言って出かける。
    急な変更で予定が変わりそうになったら、事前に連絡する。

    そういう取り決めをしてから、
    基本、落ち着きました。
    小さな失敗は今も重ねてます。
    でも、守るべき門限のことは頭から消えずにあるようです。

    一度、我が家にとっては大事件がありました。
    連絡もなく11時半頃になってやっと長男くんが帰ってきたんです。
    そんな夜に限って、救急車の音が耳に響きます。

    その後、「ただいま」といつも通りに帰ってきた長男くん。
    多少は遅くなったという自覚もあったらしく、
    「ごめんなさい」はありました。

    でも、あんまりでしょう

    「こんなに遅くなるまで連絡もなくて、どんなに心配したか!」
    「こっちの身にもなって!」

    そしたら長男くんが言いました。
    「心配してるって分からなかった。」

    へっ?

    分からなかったんだ…。

    怒れなくなりました。
    力が抜けました。
    言葉にして説明してあげないと、本当に伝わらない。
    かるく衝撃

    7時くらいには帰ってくるだろうと思ってる家族が、
    連絡もなく、こちらからの電話にも出ず、
    いつまでたっても帰ってこなかったら、
    何かあったんじゃないかって、
    救急車の音がすると事故でもあったんじゃないかって、
    悪いことばっかり考えて、すごく心配する。

    さっきまでの剣幕はどこへやら、
    半ば落ち込みながらそう話した私に対して、
    長男くんの答えは「これからは分かる」

    不思議な言い方ですよね。
    「これからはしない」じゃなくて、「これからは分かる」

    本当に分からなかったんですねえ…。

    その夜は、
    長男くん曰く「友人の相談事に乗っていた」らしく、
    よけいに悪いことをした意識が薄かったようです。

    長男くんの「知らないこと」をひとつ知った
    印象深いエピソードです。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へblogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    厳しいなぁ・・・

    2度目のコメです。v-283
    やはりですかぁ~…e-441
    この自分に一番深く関わってくれる相手の気持ちを推し量れないって部分が、人間関係を築く上で最もネックになると思うのだけど…特に家庭を持った時のパートナーとの関係や会社内での人間関係。
    本人にいくら悪意がないって分かっていても、時として許させない事が多々あって、関係性がギクシャクして、結果的に我が身を追い詰めて行くパターンを周りで見掛けるたびに、非常に残念に思います。
    相談される側としては、もっともだと共感しつつ、親としては切なく、障害特性の中で最大の難題だと感じています。


    こんにちは♪

    kanonさん

    先日はコメありがとうございました。+.゚ヽ(o´∀`)ノ゚.+。

    いつも記事拝見させていただいております♪

    下校途中や休日ににお友達との時間
    高校生ライフだなぁ~~と微笑ましく羨ましくもあります。
    でもさすがに11時半は心配ですよね。
    私も今後の参考にしたいと思いますφ(。_。*)メモメモ


    我が家の場合ですが 小学生のときに下校時間が
    少し遅れると
    「遅かったね。心配したよ。」
    ということばをかけていたのですが
    これが 「いけないこと」 に直結してしまい
    学校行事などで下校が遅れると 混乱してしまうことも
    多々ありました。

    「これからは分かる」 ひとつづつ枝を増やそうとしている
    長男君。。
    かっこいいです(人´∀`).☆.。.:*

    これからは分かる 我が子も同じ事をいいました。
    私自身がホトホト疲れて 怒りながら泣いてしまったら 我が子も泣きながら「これからは分かるから」と。泣いていたのがその言葉で思わず笑ってしまいましたよ

    私も11時半は驚くと思います、家庭によりそれぞれだと思いますが、救急車のサイレンにハラハラして、 探した事もありましたよ

    息子はまさに「朝起きてどこも行く所がない」状態です。フリースクールも うまく行かなくて。このままだと 最終学歴小学二年生 なんて気の毒な事になりそうです。右往左往しましたが今は 疲れて休憩です。
    カノンさんのblogを読み「なるほど」「そうそう」「そんな考えもあるんだ」 などと とても 癒されてますよ。

    kuronekoさんへ

    kuronekoさん、こんばんは(^^)

    切ないですね。本当に。
    どうしにかしてやりたいと思って、いろいろレクチャーしても、
    相手は、応用のきかなさのエクスパートですもんね。
    やらかしたことのたんびに、指摘していくしかないのかな、と今は思ってます。

    本当は失敗しても、失敗後の対応ができればそれでいいんですけどね。
    凹んでも立ち直るだけの強さが身につけられたらいいんですけどね。

    まだまだ山積みの課題です(^_^;)

    ぐりんぐりんさんへ

    ようこそ♪

    > 私も今後の参考にしたいと思いますφ(。_。*)メモメモ
    参考になります?かなり心配ですが(・_・;)

    > 学校行事などで下校が遅れると 混乱してしまうことも
    > 多々ありました。

    あ、そうなるんだ。
    う~ん、本当に難しいですね。
    どう伝えれば、負担なくストンと伝えたいことが伝わるのか、
    こればっかりは試行錯誤しすぎて、時々いやになります…(^_^;)
    それを、かっこいいなんてやつのことをほめてもらえるなんて、
    思いもしませんでしたよ。
    ありがとうございます♪♪

    シマトネリコさんへ

    これからは分かる
    本当に、分からなかったんだってストレートに伝わって、
    それを言われた時は言葉を失ってました。
    でも、正直な気持ちなんですね、それが。
    シマトネリコさんの息子さんも同じセリフを言ってたなんて!

    息子さんの今は、やっぱり必要な今なんだと思います。
    昨年がうちにとって必要な1年だったように。
    息子さんにとっての充電期間、
    でも2学期が始まると落ち着かなくなるということは、
    息子さんがちゃんと前を向いてる証拠だとも思いますよ。
    えらそうなこと言えませんが、信じて待っていてあげましょう。

    私の知り合いの息子さんは、
    小学校入学式の翌々日から学校に行けなくなり、
    中学に入ってからは行けたり行けなかったり。
    今はまた調子が出て毎日通ってます。
    お母さんはブッダのように、すっかり悟りきっています^m^

    大丈夫。
    その子その子の最適な学校生活があるんだと思います。
    今は、神様からのプレゼントと思って、
    親子でラブラブしちゃいましょう♪

    泣けるー 本当に毎日苦しくて まわりに同じような子がいないため その子みたいになれたらいいなあ…

    発達特性の子を持つ親の会には 入っていますが 登校していない子はいないので 段々と集まりに行くのが辛くなりまして。

    息子も勉強は辛いので何もやることがなくてどうして良いか分からなくて 毎日イライラしてぶつけてきます。

    夜も眠れず 転換症状というのをおこし 痙攣したり。

    なかなか大変だけど なんとか乗り越えたいです

    シマトネリコさんへ

    つらいですね、シマトネリコさん。

    でも1人じゃないよ、絶対。
    1人で抱え込むことがないように、それだけは願っています。
    息子さんが毎日楽しみにできることが見つかればいいですね。
    レゴの教室とかあればいいのにね。

    シマトネリコさん、ファイトです。
    何よりため込まないでね。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/143-cd6b5a03
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    嵐と学校と長男くんと «  | BLOG TOP |  » お次は体育祭!

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (549)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (30)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (94)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹