• admin
  • topimage

    2017-10

    焦ってはいたあの頃 - 2011.08.24 Wed

    長男くんは、26日から2学期です。

    今日あたりは、
    残された大きな課題、作文に苦しんでいるようです。
    おとといくらいに、
    「原稿用紙がない」と言われました。

    自分で買いに行けよ、と思いつつ…
    締切に間に合うような行動が取れてきてることは確か。
    すごいではないか。

    …そういうことにしよう。

    小学校の頃、
    長男くんは見事に宿題ができませんでした。
    本当にお見事。

    それでも、中学3年の夏、
    もうすぐ夏休みが終わるという頃に、
    「いつもこの時期になると、カレンダー見るのいやだったなあ」
    ってつぶやいたのを聞いた時、
    一応は焦ってたんだ~って、
    変なところでほっとしました。

    その頃には、我ながらかなりのハードルの低さです

    焦ることは焦るんですよね。
    行動にうつせないだけで。
    焦るところまではみんなと一緒。

    例えば…
    大きな棚がひっくり返って、
    いろんなものが一緒くたに散らかってしまったら…

    その散乱した様子を前にしたら、
    誰でも、もうどこから手をつけていいのやらって
    心境になるだろうと思うんです。

    もしかしたら
    たまった夏休みの宿題を前にした彼らって、
    そんな状態なのかもしれません。
    そう考えると、
    彼らの焦り、痛いほど伝わってきます。

    泣きたくもなりますよね。
    子どもであれば特に…。

    ちゃんとやらなきゃいけないと思っていて、
    やり方が分からない分、人一倍焦ってるところに、
    母からの痛烈な言葉のパンチが入るわけですから。

    う~ん
    今さらだけど、
    ごめん長男くん。

    今、長男くんはのんびりクラスに編入して、
    出される課題の量ものんびりペース。
    課外授業があることもあって「中学の時より少ない」そうです。
    おかげで、
    夏休みの宿題も無事に完了しそうな気配。

    夏の課外授業は、
    単位と関係ない分、結構サボりがちな生徒もいる中で、
    あんなに学校が行きづらいはずの長男くんが
    本来のバカ真面目さで
    (というかサボるという器用なことができない不器用さで)
    気がつけば、電車を寝過ごした1日を除いて皆勤。

    不思議なもんです。

    本当にバカがつくほど真面目。
    それなのに今までは
    親から、友達から、先生から、
    事あるごとに『ちゃらんぽらん』のレッテルを貼られてきたんですものね。

    つらかったよね。

    で、彼のバカ真面目さが分かってた友人が
    最終的に彼の元に残ってた。
    中学時代を振り返るとそんな感じ。

    高校では、
    スクールカウンセラーの先生のおかげもあって、
    今は最初から
    彼のバカ真面目さを理解した上で迎えてくれています。

    周囲が自分を理解をしてくれているという実感が、
    こんなに彼を成長させてくれたんだなぁ。

    感謝しています。

    今後の課題は、
    「分からないはずがない」ことが「分からない」
    そんな嘘みたいな本当にぶつかってくる世間への対応…かな。

    事前だったり事後だったり。

    相手はなんせ『世間』。
    なかなかの強敵です。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    分からないはずがない が 分からない 本当に 適した言葉ですね。

    今日 まさに 二年通った児童精神科医から 意見書をもらって帰宅しました。隣接市の支援団体のSSTに申し込むために 市役所手続きに必要との事で。
    「たぶん アスペルガーでしょう…」から 「診断名。アスペルガー障がい」と文章にして見た時の 衝撃…。 息子の苦手は、誰もが往々にしてもっている苦手部分が、多いだけなんだなって ザッと考えていましたが、年齢が上がる事に みんなと明らかに差が出てきました。みんな違ってみんないい って言いますが やっぱり みんなと同じような楽しみや、家族の休暇を過ごしてみたいのが本音。

    学習障害もあるため 毎日の予定も立てにくく 大変です。

    それでも
    可愛い我が子 踏ん張らなければ

    シマトネリコさんへ

    シマトネリコさん
    シマトネリコさんが感じてたことが正解だと思うんです。
    苦手なことが少数派なために、なかなか生きにくい社会になってしまってますが、少数派なだけ、個性的なだけだと思うんです。
    診断名も、こちら支援側にとって便利なように存在するだけのものじゃないかな。

    だってね、あの子たちに伝えなければと思うことって、特別な何かというわけではなくて、
    要は大人が子どもに対して教えたいことで、つまりは子育て。
    ただそれだけのことじゃないかって思うんですもん。
    当たり前の育児を丁寧にしてるだけのような気がします。

    シマトネリコさんの息子さんは、ハグしてあげればそれだけで安心して眠りにつけちゃうくらい、お母さんが大好きで、とっても素直で。
    確定診断がつく前と何も変わってませんよ(^_-)
    うちはすでにひげ面ですけどねん(((・・;)

    Kanonさんの 文章を読むと 気持ちが スーッと楽になります
    o(^-^)o
    息子は甘えん坊ですが 一人っ子のせいか 一番こだわり が強く負ける事への妥協が出来ないので 友達とゲームやカードゲームをしても 揉めるんですよねf^_^;
    少しずつ 練習中です
    先日 用事があり 久しぶりに 大きい街へ。電車から降りて駅の構内に入った途端 落ち着かなくなり 私にガンガンぶつかりながら歩く息子。隣をみたら 主人も何やらしんどそう…。
    家に 帰り 主人が「俺 駅の構内苦手だなあ〜」と。すると「あっ!お父さん 僕も苦手だよ。人の声がいっぱいだと 耳がワーってなって 苦しくてフワフワする」と。今まで分からなかった事ですが 息子は聴覚がとても過敏だと言う事。全てにおいて苦手じゃないから わかりにくかったんです。駅のアナウンスは大丈夫 むしろ 好きな位。 人の声が共鳴?する感じがダメ? あっ、それで 学校の全体集会が ダメだったんだ…
    駅の構内でも 「人にぶつかるから やめて」と 叱りました。
    「そうか 耳が苦しかったんだね、怒ってごめんね」
    そう伝えたら すごく 素直に 私の話を聞いてくれるようになりました。
    「僕の気持ちを分かってくれた!」って 思ったのかな。

    ヒゲヅラ(笑) うちの息子も すぐに ヒゲヅラになるでしょうね(笑)

    シマトネリコさんへ

    そうかあ。
    息子さんもずっと苦労してたんですねぇ。
    分かってよかったじゃないですか。
    分かった時のタイミングが最適なタイミングなんですよ、きっと。
    息子さん、嬉しかったんですね。
    自分からどんな状況か説明もできて。大したもんです。
    そうやって、話してみるもんだと思ってもらえるようになっていけばいいですね。

    1番になりたいという気持ちだって、とても大切なことじゃないですか。
    今は大変だけど、やっぱりそれは息子さんのいい所ですもんね。
    大丈夫、人それぞれの伸び方があります。
    うちの場合は、一番ねらえよって感じです(-.-)


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/137-ac77af58
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    信じるって大変 «  | BLOG TOP |  » 診断はおあずけ

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (556)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (99)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (1)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹