• admin
  • topimage

    2017-09

    これもSST? - 2011.08.16 Tue

    昨日のことです。
    長男くんが二男くんを誘って
    2人でカラオケに行くことになりました。

    何時に帰る予定か聞いたら、
    長男くんの答えは、
    :6時に向こうを出る。

    おいおいそれじゃ分からん

    :向こうってどこよ。
    :○▲☆♯(近所のカラオケ屋さん)

    そこで、私と長男くんとのやり取りを聞いていた二男くん
    :俺、5時までがいいな。ちょっと時間がない…。

    長男くんはいったん納得…したようでした。
    5時に店を出る予定で2人は出かけていきました。

    …と思ったら、すぐに戻ってきて…。
    長男くん、言いました。
    :やっぱり行くのやめた。

    驚いたのは後ろから付いてきた二男くん。
    :えっやめると
    :だって、どうせなら長く行ける時の方がいいし。
    :じゃあ、いいや。
      帰ってからがんばるけん、6時までにしよう。

    ここまできて、
    ようやく長男くんから二男くんを気遣う言葉が…。
    :いいと?
    :いいよいいよ、帰ってから頑張ればいいけん。

    結果、6時ちょっと前に帰宅したお2人。
    間を取ったのかな。

    帰ってくるまでに、
    紙にそのやりとりを書きました。
    長男くんが考えが足りなかったと思われるところには
    “問題点”と印をつけて、
    改善案を書く欄を作ってみました。

    私が気になったこと。

    第1に
    帰宅時間を聞いたのに、返事の仕方が曖昧でまったく伝わってないこと。

    第2に
    何時頃帰ってくるか、
    一緒に行動する二男くんと話し合うことなく、
    自分の気持ちだけで決めてしまっていること。

    第3に
    やっぱりやめるという決定も、
    二男くん抜きで、自分の気持ちだけで決めてしまっていること。

    帰宅後の長男くんにその紙を見せ、
    まずは1人で考えてもらいました。

    第1の問題点については、
    過去にも似たような繰り返しをしてきています。
    その場で少し突っ込んだりもしたので、
    すぐにぴんときた様子。

    第2、第3の問題点は、長男くん的にはお手上げ。

    一緒に行動する二男くんとまず相談して決めるのが筋であること、
    自分で決めるにしても、了解を取るべきであること、
    その時のセリフも考えながら、
    ひとつひとつ説明しました。

    自分の決定(変更)で影響がかかる相手には、
    前もって相談したり、報告したりのアクションが必要。
    そんな定義づけをしました。

    これもソーシャルスキルトレーニング(SST)と言えるのでしょうか。

    こちらが説教口調でなかったこともあってか、
    長男くん、神妙に聞いてくれました。

    が、間違いなく次もあるだろうな。
    覚悟はしてます

    それにしても、まいったなあ。
    やっぱりやめたってこと、同行してる相手に伝えないなんて。
    予想以上でした。

    手ごわいです


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    >やっぱりやめたってこと、同行してる相手に伝えないなんて。
    長男くんの頭の中では完結しているのでしょうね・・・

    でも、間を取ったんですね!
    素晴らしい~~

    初めまして!

    いつも、なるほど…と感心しながら読ませて頂いてます。(^_^)

    >第2、第3の問題点は、長男くん的にはお手上げ。

    …やっぱりお手上げなんですね。
    この相手の気持ちを配慮出来ないって、これから社会に出た時に大きな問題となってのしかかって来ますよね。。。

    親しい間柄なら、いつものパターン?まぁ、いいかで通るけど、社会的には単なる自分勝手で済まされがち…親としては何としてでも身につけて欲しいスキルの一つですが、やっぱり厳しいのかなぁ~…

    アリッサム。さんへ

    えっ!?素晴らしいですか?
    そうですか~。

    そうか~。

    アリッサム。さん、ありがとうございます!

    kuronekoさんへ

    はじめまして(*^_^*)
    コメントありがとうございます♪

    もう、社会性はどこへやらです(;_;)
    しかも、は自分の言動がどう見えるか知った時、
    誰よりも本人が一番凹むんですから。
    正直かわいそうになってきます。

    でも、学習能力がないわけじゃないんだと思うんです。
    こちらから見たら同じ過ちを繰り返しているように見えても、
    細かい違いが決定的に違って見えて、
    同じパターンと認識することができないだけだと思うんです。

    こうなりゃ根くらべですね。
    少しずつ、少しずつ、
    経験値上げていくのに付き合うしかなさそうです。

    また遊びに来て下さいね(^_-)-☆


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/129-8b209e40
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    私が凹んで立ち直るまで «  | BLOG TOP |  » 優しく自然に向き合うこと

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (554)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (97)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹