• admin
  • topimage

    2017-08

    優しく自然に向き合うこと - 2011.08.15 Mon

    発達障害をテーマに連載が続いていた朝日新聞の記事
    『いま子どもたちは』
    昨日で終わっちゃいましたね。

    いい連載だったなあ。
    私は好きでした。
    肩入れもし過ぎず、
    冷静にアスペルガーの少年コウ君と向き合ってた。
    そう思います。

    13日に掲載された第14回、ぐっときました
    聴覚過敏が引き起こすパニックに襲われる
    そんなコウ君を受け入れ、理解する同級生たちに焦点を当てての話でした。

    記事は最後にこうしめています。
    「優しく自然にコウ君と向き合っている」

    私自身、
    長男くんと弟たち、長男くんと友人たちとの間に、
    そんな関係を見てきました。
    まさに自然体の関係です。

    長男くんにも感覚過敏は確かにあります。
    触覚過敏が何より不快感とつながっているようです。

    一方で、
    不快なものとしてよく話にのぼる聴覚過敏は
    長男くんの場合はちょっと違うよう。

    大音量で襲いかかる、うるさいものではなく、
    長男くんが以前説明してくれた言葉をそのまま借りると、
    「方々から指でつんつんとされる感じ
    だそうです。

    音の耳に入ってき方が、多分優しいんでしょうね。

    「ねえねえってされてるみたいな感じ」
    とも言ってました。

    その感覚、
    まずは感謝しなくては。

    ストレスが少なくて済むことは、ありがたいことです。
    学校などの集団生活で、
    パニックに陥ることもなく過ごせる。
    これは助かります。

    逆に言えば、
    学校に行きづらい長男くんにしてみたら、
    「こわい」と表現するばかりで、
    その原因の正体が分かりにくいという難点にもなるんですが…。


    逆手にとっての長男くんの音遊びは相変わらずのようです。

    この前、セミの大合唱を相手に
    セミを1匹ずつ聞き分けるということをしてみたそうで。

    「途中で鳴きやんだり、途中から鳴き出したりするから
     数えるのあきらめた。すごく疲れた~。」
    そうです…。

    自分の聴覚過敏とも自然体で付き合う長男くん。
    そんな長男くんがほほえましい
    母なのでした。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    美歩さんへ

    母のことについて記事にしてみて思うことは…
    皆さん意外に多くの人が似たようなことそれなりに抱えてる問題なんだなあということ。
    純粋に驚きました。
    親子って難しいんですね~。
    反面教師じゃないけど(じゃなくないけど)、結果教えられてることはあります。
    ダンナも…。

    難しいことだらけ。
    修行の日々って感じです(^_^;)

    北海道は夏休み終わりなんですね~。
    夜風冷たいんだ~。へ~。
    うらやましい(;O;)

    学校がこわい

    うちのこもよく言いますよ。(学校が)なんかこわいって。
    現在6年生で、学校には行くものの、教室に入れたり入れなかったりの日々。

    こちらも北海道であと1週間で始業式ですが、本人にもカウントダウンが聞こえてきたらしく、夜はねつけず、夕方不安定になってます。
    「また死にたくなってきちゃった」(ちょ、ちょっと~、と親は動揺しまくり)

    8月末の修学旅行が悩みなんです。
    行くか、行かざるべきか。

    昨日は急に「やっぱり行かない」と言われて動揺してしまって、傷つける事を言ってしまい反省の母です。
    「行っても行かなくてもどっちでもいいんだよ」と言いましたが、それが決められず、苦しんでいます。

    ごめんなさい、自分の話ばかりですね。
    こちらのブログは毎日のように更新があるのでとってもとってもうれしいです。

    毎日楽しみにしています。

    こんにちは

     
    応援クリックさせていただきました。
     
    ブログを拝見して、勉強させていただいております。
    また寄らせていただきますね。
     
    暑い毎日ですが、ご自愛くださいませ。


    ねこねこみーこさんへ

    こんにちは(*^_^*)

    > うちのこもよく言いますよ。(学校が)なんかこわいって。
    > 現在6年生で、学校には行くものの、教室に入れたり入れなかったりの日々。
    そうですか…。闘ってるんだ~。
    死という言葉は、聞き捨てならないですね。
    ドキッとさせられます。
    でも、お母さんにそれを伝えられてることは、安心材料にはなりますよ。

    修学旅行か…。
    せっかくの、って思いますよね。分かります。

    私もいつも失言の嵐ですよ(^_^;)
    ねこねこみーこさんも、
    悪いこと言ったと思ったら、息子さんに謝っちゃいましょう。
    私なんて、謝ってばかりですから(;_;)

    ねこねこみーこさんも北海道なんですねえ。
    こちら九州の人間からしたら、憧れの北海道です。

    塚田さんへ

    はじめまして。
     
    応援クリックや温かいコメント、ありがとうございます。
    どこにでもいる母ちゃんのつたないブログです。
    こちらこそ、勉強させていただいてます。

    また遊びにいらして下さい。

    ありがとうございました。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    はじめまして

    はじめまして。コメントありがとうございます。
    お孫さんのことをそんな風に理解し、受け止められてることに、まず感動しました。
    夏休みですから、過ごす時間が長い分ストレスも大きいですよね。それをおじいちゃんおばあちゃんが引き受けてらっしゃるのは、本当にすごいと思います。
    伝え方、難しいですね。どうしてもこちらは「だろう」で動いてしまいますから。
    複数の動きを一度に求められるダンスなどが苦手なのもよく分かります。でも能力がないわけではないんだと思うんです。
    よく、発達障害に関してワーキングメモリーという言葉が使われますが、うちの息子の状態について、性能はいいのにメモリーが決定的に足りないパソコンを思い浮かべるとしっくりきました。
    CPUとかはばっちりなのに、ディスクやメモリーが足りない。そういうことじゃないかなと思いました。
    いろいろ情報を行ったり来たりさせないといけなかったり、普通より時間がかかったり。
    でも、一度刷り込まれたものは間違いありません。
    そして何より思うことは、発達障害の子たちは総じて純粋です。
    だから夢中になるし、驚くし、なかなか気づかないようなところに気づいたりするんだと思います。
    うちは変わってると思いながら、気づくのが遅かった。
    その分息子は、随分傷をため込みながら来たと思います。
    かわいそうなことしました。
    お孫さん、幸せですね。うらやましいです。
    好きな学校に来るまで送り迎えしてくれるご両親がいて、夏休みに自分を理解してくれているおじいちゃん、おばあちゃんがいて。
    集団登校は確かに厳しいかもしれませんね。
    でも、お孫さんにはお孫さん独自の感性があっての成長段階なんですから、
    お孫さんなりの学校(社会)とのつながり方でいいんじゃないでしょうか。
    いずれ、もっと全体に理解が広まるといいですね。
    子どもは社会が育てるもののはずですから。
    お孫さんだけが他の子どもたちに伝えられる大切なことって、絶対あると思うんです。
    繰り返しになりますが、本当にうらやましいです。
    理解してくれているおじいちゃんおばあちゃんがいるって、すばらしいことだと思います。
    ぜひ、これからもお孫さんの側で成長に付き添ってあげて下さい。

    コメントありがとうございました。私も改めて、頑張ろうという気持ちになれました。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/127-63482020
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    これもSST? «  | BLOG TOP |  » トランプでも凸凹でした

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹