• admin
  • topimage

    2017-08

    病院づきあいも大変だ - 2011.08.03 Wed

    今朝起きてきた長男くんが、おはようのあと言った言葉。

    「今日はさわやかな朝だね」

    さわやかな朝って…なんだそりゃ
    なかなか言いそうで言わないセリフです

    気持ち、すっきりしたんでしょうかね…
    まあいいや。
    さわやかな気分でいられるってステキなことですから

    昨日3度目の寝過ごし事件勃発が明らかになってから、
    また睡眠外来受診のことが頭をもたげました。

    学校の先生から勧められていた睡眠外来受診。

    だけど…
    最近は、長男くんの不眠はそれほど深刻でもなさそうだし、
    何よりも、睡眠外来は違うなという根拠のない勘も働き…
    なんとなく足が重いまま夏休みが始まり、
    もういいかなあ、なんて思ってたところでした。

    ここにきて
    “ちょっとうたた寝”が一気に爆睡になってしまうところ、
    また小さな不安となって復活です。

    元気なんですけどね。
    朝も自力で起きて来れるタイプだし。

    それよりも、
    発達外来に診断を受けに行こうかという気持ちになっていたところでした。

    まずは地元の発達障害支援センターに問い合わせ。
    発達障害者支援センター一覧

    長男くんは17歳なので成人扱い。
    成人の診断もしている病院を紹介してもらいました。

    これまでの経緯も大まかに聞いてもらいました。

    今までは、不登校の問題がまず第一にあって、
    彼の心の安定が最優先だったから、
    1年前には、私自身がそれほど診断にこだわっていなかったこと。

    今でも、診断名自体にこだわっているつもりはなく、
    支援側である自分のあくまで目安として知っておきたいこと。

    一方で、診断名があった時のメリットは
    今もはっきり分からないということ。

    診断については、
    今後就職などの機会になった時に、
    明確な診断名があった方が具体的な支援を受ける際に便利な場合もある、
    そんな説明がありました。

    で、次は今かかっている心療内科に相談です。
    もし診断を受けに受診するとなったら、
    やはり紹介状があった方がいいので…

    スクールカウンセラーの先生つながりで始まった
    今の病院とのおつきあい。
    その病院は発達心理学専門ではありません。

    病院からは意外にも“慎重な”反応。
    「発達障害は本来、明確な分類はできないものなので」

    百も承知なんだけどなあ

    かかり始めには担当の先生から、
    「発達が専門ではないので、専門の意見をと思われる時は
     紹介状も書きますから、声かけて下さい」
    って言われてたんですけどね。

    実は、担当の先生が産休に入って途中で代わったという経緯もあります。

    正直、私と今の先生との
    コミュニケーション不足ですね…

    一度会ってお話しましょうか、ということになりました。
    予約は私の仕事の都合もあり、3週間後。

    夏休みおわっちゃうなあ…。

    診断名に縛られることのないように、とは
    私自身が強く思ってること。
    そのあたりの誤解を解いて、
    私の心境をじっくりお話することが
    今は必要だということですね、きっと…。

    ちょっとめんどくさい

    がんばろ…。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    うちも 不登校が きっかけで 児童精神科にかかりました。でも 不安定でも未だにはっきりとした検査はうけられず「おそらく アスペルガーだろう」と。「だろう」ですが…。
    保育園 一年生二年生と なんとか過ごしてきたけれど きっかけはたぶん二年生後半のグループ学習。担任の先生は大当たりで 本当によくして下さいましたが、運動会が終わったら すっかり電池が切れて 朝靴が履けなくて泣くように…。「お母さん僕はもう学校は行けないかもしれない、ごめんね」なんて8才の息子に言われるなんて…。
    それから充電し 三年生の春に学校再出発&初受診。ただ担任がそれはもう大ハズレで
    パニックをおこしてしまい、一年まるまる不登校。鉛筆を一切持たなくなり いまに至ります…。
    診断名… なんか私は辛いものがありました。おまけに 自閉ちゃん アスペちゃん なんて人に言われるとなぜだか相当腹の立つ私…。「まずは親が障害を認めないと」 なんて言われた事がありますが。子供の障害を 受容できる親なんているのでしょうかね?

    親以上に、子供自身が自分の苦手に気づきはじめています。
    「僕は暇な時間がすごく嫌い、ボーっとできない」「だいたいで良いよ、とか ちょっと待って とか 全くわからない」「みんなと同じような事いってるのに 僕だけ怒られる」
    あげだしたらキリがない…
    障害って名前が、ついてなくたって みんな苦手がありますもん。
    一つずつ 一歩ずつ 策を見いだして 不安を取り除いていくしかなく 働くようになった時… 私も本当に考えますよ

    おはようございます

    札幌も短い夏真っ盛りです。
    でも爽やかな風は吹いてるのでソチラとは比べものにならないくらい過ごしやすいでしょうね


    カノンさん、私も同じ事を考えていました。
    上手く説明つかないのですが、一度ハッキリと聞いておきたいと思っています。
    確かに目に見えるような物でも数字で表せる物でもないのは十分承知なんですが、今聞いておかなきゃ私と息子の関係も危ういですし息子も事実は聞いた自分で聞いた方が良いと思っています。
    手遅れになる前に…
    そんな思いが絶えず頭の中にはあります。

    何より自分がシッカリ把握できてない事が非常に気持ちわるい(笑)


    ウチの息子も「うたた寝」が「爆睡」になります。
    電車を乗り過ごした事はないけれど(朝は超満員なせいかも)
    別な場面で有り得ない状況での爆睡を何度か…

    発達障害、一体、「何が、どのように、どのくらい」発達に障害があるの?
    リトマス試験紙で測れないですかね…(^_^;)

    コメントありがとうございます

    幼くしてお子さんの背負ってるものの重たいこと!
    読んでいて、こちらも身につまされました。
    ごめんねだなんて、本当に優しいお子さんに育ってますね。
    私も、障害だなんだ言う前に、ひとつの個性だと思ってます。
    定型というくくりの中にいる人たちにだって支援が必要な時があるのです。
    とりたてて大げさにいうことでもないはずです。

    自分の苦手をそんな風に把握できてることは、純粋に感心させられますよ。
    正直うらやましいくらいです。
    17歳になるうちの長男が、いまだその域に達せず、わからないの連発ですから。

    せめて、のびのび自分の苦手と向け合える環境にしてあげたいですね。
    でも、お子さんの優しさ、自信持っていいですよ。
    本当に。
    > 診断名… なんか私は辛いものがありました。おまけに 自閉ちゃん アスペちゃん なんて人に言われるとなぜだか相当腹の立つ私…。「まずは親が障害を認めないと」 なんて言われた事がありますが。子供の障害を 受容できる親なんているのでしょうかね?
    >
    > 親以上に、子供自身が自分の苦手に気づきはじめています。
    > 「僕は暇な時間がすごく嫌い、ボーっとできない」「だいたいで良いよ、とか ちょっと待って とか 全くわからない」「みんなと同じような事いってるのに 僕だけ怒られる」
    > あげだしたらキリがない…
    > 障害って名前が、ついてなくたって みんな苦手がありますもん。
    > 一つずつ 一歩ずつ 策を見いだして 不安を取り除いていくしかなく 働くようになった時… 私も本当に考えますよ

    美歩さんへ

    こんにちは(*^_^*)

    リトマス試験紙!ほしいですね~
    どういう時に、助けてあげるべきか、助けてあげないべきか、
    難しいですね。本当に難しいです。

    みんな大人になっていく上で必要な苦労なんでしょうけどね。
    誰にも苦手はありますから。
    自分で把握するスキルが備わっていない分、
    どう手を貸すべきかが本当に悩みどころに思います。

    今日の福岡は35℃超えです。乾物になりそうです(゜o゜)

    こんにちは kanonさん

    前回の記事でも同じように悩んでいらっしゃいましたよね。
    診断名をつけるかつけないか・・・?

    人それぞれですよね。
    お母さんががそれで納得すれば受ければいいし
    但し、「グレーゾーンですね~」
    って言われたら、もっとややこしくなるかもしれません(泣)
    (kanonさん自身がですよ)

    最初のコメントの方がおっしゃったように
    「まずは親が認めないと・・・」とよく言われますよね。
    親はわかってるんですよ。
    自分が育てているんだもの!!
    それをどう育児に反映していくか・・・が問題でして(当事者は語ります 笑)

    でも・・・私個人の意見として受け止めてくださいね。
    本人が困っていたなら、相談機関は行くべきです。
    今の、発達支援センターは
    成人してもずっとサポートしてくれます。
    それで、少しでも不安や悩みを相談して解消されればベストかな?
    (親には言えないことがあるはず)

    あとは、信頼関係のもてるお医者さんに出会えれば
    ・・・・これが難しいかな・・・・
    (新しい記事を読ませていただきました)
    kanonさん親子には新しい道が開けますよ!!

    また語っちゃいました・・ごめんなさい。
    自分のブログでもないのにねぇ~i-241
    私、活字に餓えてるのかもしれません。
    ご了承ください。



    RinRinさんへ

    こんにちは RinRinさん♪

    そうなんです~、あれから皆さんのアドバイスいただいて、
    自分がぶれさえしなければ、診断受けといて損はないかって思ったんです。
    意外や意外、とんとん拍子に話は進まず、
    やっぱり難しい問題なんだなあと思ってたところでした。

    ただ、今のかかりつけの先生とまずは信頼関係作りなさいということかなと、
    そこは流れに従ってと思ってます。

    えっグレーゾーン!?
    思いもしてなかった!確かにそれはややこしくなる~!

    > 本人が困っていたなら、相談機関は行くべきです。
    > 今の、発達支援センターは
    > 成人してもずっとサポートしてくれます。

    この言葉はしっかりと肝に銘じておきます。
    そうなんです。
    私の安心のためじゃない。本人の安心のためにケアは存在するんですもんね。

    RinRinさん、どんどん語りに来てちょうだ~い
    楽しみにしてま~す!(^^)!

    はじめまして

    はじめまして。最近頻繁にお邪魔させていただいています。
    小6のアスペルガーの息子がいます。現在ちょっと不登校気味です。

    小3でうつ病と強迫性障害になったので服薬もしてますが、わが子も爆睡が悩みの種です。
    小4から小5にかけてはずっと朝起きられず、夜も普通に寝ているのに、朝11時とかにならないと全く起きれず、こんな時間に起きる事しかできないなら、この子は一生普通の仕事にはつけないんじゃ、と不安で一杯でした。

    でも段々と早い時間に起きられるようになり、小6の4月からは6時半に起きられるようになって、「よかった~」と思っていたのが、また6月頃から疲れがたまってきたのか、学校を早退して3時間くらい爆睡することが何度かありました。
    眠いときは何言ってもだめで、糸が切れたみたいに寝ちゃいます。
    そして起きるとすごくすっきりして元気。

    この体質とずっと付き合っていくしかないのかなあ、と最近はあきらめムード。

    成長とともに良くなってくるといいのですが。

    長男君が一生懸命高校生活を送っているのを、これからもサイトを見ながら応援させてくださいね。

    ねこねこみーこさんへ

    こんにちは ねこねこみーこさん♪
    コメントありがとうございます。

    小3からうつだなんて!
    小さい体でずっとずっと頑張ってきたんですね。

    睡眠障害と自閉症は切っても切れない関係のようですね。
    でも難しいです…。
    でも、眠れてしまうその状況自体が、
    脳がすごく疲れてしまってるということなのか、とも思います。
    目に見えないものだけに、かわいそうですよね。

    ただ、睡眠に関しては、成長にしたがって変化してくることは確かです。
    息子さん、徐々に自分の体調と上手に付き合えるようなったらいいですね。
    うちもまだまだなんですが…

    家に帰ってきたときくらい、リラックスさせてあげましょうね!(^^)!
    すっきり目覚めがあることも、喜んじゃいましょ(^_-)-☆

    まずは自分がリラックスですよ。
    ねこねこみーこさんも、リラックスしにまた来て下さい♪


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kanon129.blog.fc2.com/tb.php/117-e334d005
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    小さくたって…初の快挙 «  | BLOG TOP |  » 事の真相

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (95)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹