• admin
  • topimage

    2015-12

    もしかしたらの話 - 2015.12.29 Tue

    三男くんの部活の都合で、
    今日は少しだけ遅く起きていい日なのに、
    無駄に早く目が覚めてしまいました。
    なんだか、すごく損した気分です。

    今年ももうすぐ終わり。
    総じて、二男くんに気持ちが波立つ1年だった気がします。

    結局、あんなに喜んで入学を手に入れた大学は、
    丸々1年捨てたことになりました。
    二男くんの来年は、
    もっともっと逃げたくなる状況との戦いです。

    まるで雪だるま式。
    そうやって逃げてしまえば、
    後がもっともっとつらくなる。

    そんなこと、分かってるんだろうにね。

    もう手伝わない。
    そう宣言した気持ちは継続中。
    だから、何も言わないかというと、
    やっぱり時々口出ししてしまう。
    あまりに幼い19歳の行く末は、
    心配以外の何者でもなくて…。

    ほっとけないんです。
    そんな自分にも、困ったもんです。

    ただ、実は
    ずっと内心で「もしかしたら」と思ってることがあります。

    それは、彼もまたアスペルガーかもしれないってこと。

    長男くんがそうだからと言って、
    二男くんが長男くんを追うように同じ轍を踏んでるからと言って、
    都合よく当てはめるようなことしちゃいけないって、
    ずっと自分を戒めてきました。

    だけど、時折感じます。
    言葉の受け取り方の極端さとか誤解ぶりとか。
    融通のきかないこだわり方とか。

    あれ?こんな感じ?
    という違和感。

    二男くんはそれでも、
    友達の中にいることが何よりだった子だから、
    年と共に、そんなに会話が豊富に交わされるわけでもなくて、
    だから、居場所を手放した最近になって、
    行き場のない二男くんとの会話も急に増えて、
    ようやく気付いた感じがあって。

    あー、だから過去の友達つきあいでも、
    すぐに何かやらかして関係をまずくしてきたのかなって、
    まあ、そう思うと
    しっくりパズルのピースがはまる感覚がありまして。

    だとすると、さあどうする?

    長男くんの時はあっさり告知して、
    親子ですっきりしました。
    長男くんにそれと伝える方が
    必ず救いになる自信がありましたから。

    でも、二男くんは違います。
    新たな逃げ場を提供してしまうことにもなるし、
    何よりもまず、今の彼はきっと
    受容できずに心の奥底で傷付きます。

    今の二男くんは、
    まだまだ自分に自信がなくて
    大きくみせようとばかりして
    それが一個性なんだと
    受け売りの知識だらけの頭では考えるけど、
    それはまだ本物じゃなくて、
    きっと彼は独りよがりに傷付きます。
    世の中の見方がまだそのくらい偏ってるんです。

    だから、どうにも難しいんです。

    で、結局何も善後策は思い付かずに、ただ見守っている状態。

    見守るなんて言うとかっこいいけど、
    放置と言った方が正解かな。

    「もしかしたら」って思うけど、
    何も動いてない。
    何も。

    だって、何も思い付かないから。

    そしてもし、
    この「もしかしたら」が正しいのだとしたら…。

    彼の今いる迷路は、
    かなり長いのかもしれません。

    そうだとしたら。

    そうだとしたら私、
    ちゃんとそんな長いトンネルに付き合えるのかな。

    結構な不安…。

    自信喪失…。



    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    二男くんの本当の“本当” - 2015.12.20 Sun

    前回の記事。
    「たなぼたで関係修復」

    あっという間に状況は激変しました。
    いや、状況は変わらないのか。
    二男くんが変わってるわけではありません。
    あの時のあの言葉はやっぱり嘘だったことが、
    分かっただけのこと。

    一度も行ってなかったんですって。
    二男くんがそう言いました。
    なんだろな。
    それも、もしかしたら嘘かもしれません。
    一度も行ってないことはないような気もするんです。
    でも、いいんです。
    どっちみち、行けないってことでしょ。
    そこは、さすがに把握できました。

    その“告白”を聞く前日。
    実は二男くん、長男くんに真剣に説教されました。

    人と、
    自分と、
    ちゃんと向き合おうよ。

    そんなことを言われてました。

    長男くん、大人でした。
    聞いてて涙があふれてきました。
    それを二男くんに気づかれないようにするの、
    大変でした。

    あれって、何の涙だったんだろう。

    二男くんが、
    あの長男くんの話に何かを感じたのかどうかは不明です。
    期待する方向には感じてくれていないような気がします。

    母と兄が結託して責めてくるような“孤独”を
    ひしひし感じていたのかもしれません。

    そこが向き合ってないところなんだけど。

    そんなことがあった翌朝にもう、
    二男くんは遅刻モードで…。
    おいおいって、声かけて、
    で、出てきたのが前述の“告白”。

    それを聞いても
    声を荒らげることはしなかったのだけど、
    「今後は何も手伝わない」宣言をして、仕事に向かいました。

    二男くんの高校時代。
    くじけてやめることになった最初の高校で
    カウンセリングを受けてた先生からの話を思い出してました。

    「何もしないでほっておきましょう。
    今は苦しませましょう。」

    そう言われたあの時の話。

    結局私はほっておけなかったんだな。
    怒って物言って、を繰り返してた。
    でもそれだって、彼を手伝ってることになるんだ。

    今はそんな心境です。



    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    たなぼたで関係修復 - 2015.12.13 Sun

    師走も中盤。
    そろそろ大掃除も考えないといけない時期ですね。
    考えるばかりで行動が伴わない昨今です。
    いや、前からか…。

    今日は、二男くんが携帯をiPhoneに替えるというので、
    未成年なのでということで、まだ名義人になっている私もお供して
    近所のドコモショップに行ってきました。

    口もあまりききたくないくらいの心境だったのに、
    それだけ一緒にいると話しないわけにもいかず。
    「いっぱい休んでるけど、大学は大丈夫なの?」
    「大丈夫。ちゃんと考えてる。」
    なんて会話も交わす結果になりました。

    「大丈夫。」なんて言われたら、
    「ちゃんと考えてる。」なんて言われたら、
    一気に信じてしまう親バカな自分がいます。

    本当に、普通に上手にサボってる大学生やってるんだろうか。

    実際のところは、やっぱりちょっと怪しいです。
    目先のことに逃げて、
    自分の首絞めてる二男くんが見え隠れしてるのは相変わらず。

    今までのことがあるから、極端に疑心暗鬼になってる。
    そんな自分も自覚ありです。

    留年しようがなんだろうが、
    そこも含めて、彼にとっては生きる教材だってことも、
    一応は分かってるつもり。

    まあ、いいや。
    騙されてみるか。

    明日からまた1週間が始まるけど。
    いろいろまた考えさせられるんだろうけど。

    口もききたくない状態からは脱して、
    ちょっと気持ちも軽やかです。
    たなぼたで関係修復しちゃった感じ。

    また新しい1週間。
    ちょいと頑張ってみましょう。



    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    報告することもないのです - 2015.12.06 Sun

    気がつけばもう12月で、
    今年も何も変わらなかったなと、ちょっとマイナス思考。

    頭にあるのは、やっぱり長男くんと二男くん。
    特に二男くんかな。
    長男くんに関しては、いい意味であきらめがついてる。
    二男くんに関しては、そこがどうも。

    「普通の大学生」を楽しんでくれることをあきらめきれない。
    なんであきらめなきゃいけないのか分かんない。

    前期丸々捨ててしまった後に臨んだ後期。
    必死にならなきゃいけないことは分かっていても、
    必死になることがもう難しいみたいで。
    自分への甘やかし度合いが日に日に高まっていく二男くんです。

    人間関係に自信をなくしてるとか、
    いろいろ抱えてるものはあるのです。
    彼にだってね。

    でも、だから何さ、なのです。

    長男くんは、残念ながら今期も全滅。
    だけど、講義を受けることはできるので、
    単位はさておいて、
    通うことだけは続けていこうとしています。

    それもなかなかうまくはいかず、
    行こうと試みちゃあ、帰ってくるを繰り返しています。

    薬も長男くんにまかせて、少量のまま続けています。
    効果の方は見ている限りあまり感じられません。
    最近は、食欲もすごく旺盛。
    最初は安心材料と感じてたそれも、どうやら薬の副作用のようです。

    効果がそれほどないのなら、飲まなくてもいいんじゃない?
    そう内心思いながらの傍観者です。

    こんな、大した変化もないままの毎日です。
    ただの愚痴記事になってしまいました。

    次はもう少し楽しくなること書かなきゃならぬと
    反省しつつ…。

    今日のところはご勘弁ください。m(_ _)m



    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (553)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (96)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹