• admin
  • topimage

    2014-05

    いじわるかなあ - 2014.05.27 Tue

    長男くんのことを続けて記事にしている間、
    二男くんは快調だったかというと、
    決してそうではなく。

    むしろ、彼も不調の中にいます。

    なかなかとんとん拍子にいかない自分をかばうのに
    ただただ一生懸命な二男くんは、
    見ていてとってもかっこ悪いです。

    本当に、本当にかっこ悪いです。

    話もあんまりしたくない。
    実はそんな気分。

    二男くんと関係良好で仲良くしていても、
    それが彼のためにならないような感覚に襲われます。

    あ~、どうしたらいいかなあ。

    どうもしない。
    うん、どうもしない。

    どうもできない。
    何もすることがない。

    今の二男くんには、何も。

    1人で焦って、
    誰のせいにもできないところで1人でひそかに焦って、
    腹くくって上がってこないと。

    私、いじわるかなあ。

    ちょっとね、
    今の私、あまり元気に見えないみたいです。
    今日は、何度も長男くんから
    「元気?」と聞かれました。

    ここで吐き出して、
    また明日から仕切り直しで。

    二男くん。
    自分ばっかりって思ってるんだろうなあ。

    自分ばっかり冷たくされてるって。
    自分の頑張りを、俺だけ分かってもらえないって。

    分かってもらうために力を注ぐ頑張りって、
    よけいなエネルギー消費しますよね。

    そんなだから、続かないんじゃないのかな。

    二男くん。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    度胸がついた! - 2014.05.23 Fri

    長男くん。
    無事に大学のカウンセリングに行ってきました。

    とはいえ、また駅まで車で送るリクエスト付きでしたが。

    実は行くのもかなり大変だったみたい。
    帰宅してから、
    「どうや?」と得意がる言葉の連発です。
    もちろん、ジョークで。
    でも多分、頑張ったぞという達成感は本心。

    ほんの30分程の“快挙”。
    それでも、そんなに自分を褒めてあげられることができるんだから、
    それが何よりグッジョブ

    まずは、学校に体を向かわせる、その練習も兼ねて、
    カウンセリングを入れていこう、と、
    来週も予約をとってきたそうです。

    事態は何も変わっていないんですけどね。
    でも、あちこちでどうにかしようと思ってくれる人たちがいます。
    ただ手をこまねいているだけではないんだってところが、
    じわ~っと私の焦りを取り払っていってくれました。

    長男くんに関する限り、
    流れに任せる度胸が、なんだか一気についた感じです。

    過去の記事でもふれていますが、
    長男くんの通う大学は、
    発達障害への理解も支援体制も進んでいる印象です。
    そういう意味では、本当に彼は幸運。
    幸せ者です

    入学当初の記事はこちら。
    『大学の支援事情』
    『大学の支援事情~その2』
    『入学式にて・・大学の支援事情~その3』

    夕方、カウンセラーの先生から私の方にも電話がありました
    「とても面倒見のいい先生」というお話の
    担任の先生との面談は来週になったようです。

    そんな面倒見のいい先生の担任も前期まで。
    9月以降は選択するゼミによって変わるそうです。
    長男くんが行きたいと思ってるゼミの先生は、
    長男くんによれば「今ほど面倒見のいい先生じゃなさそう」って

    ま、なるようになるか。
    そんなことを今から心配したところでね。

    ここはあえて、
    目の前のことだけを考えてみる。

    それも、流れに任せるためのテクニック。
    難易度はお高め。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    「配慮学生」でよかった - 2014.05.22 Thu

    今日、起きてきた長男くんが、
    「今日、お母さん暇?」と。

    現時点で、ぽつぽつと生き残ってる単位の講義が、
    今日の午後に入っていました。

    「駅まで送ってほしいんだけど。」

    本当なら自転車で駅まで行くのが常。
    だけど最近は、私が時間がある時には、
    駅まで送ったりもしていて。

    それでも、駅には着いても車から降りられず。
    なんてこともありました。

    朝のうちから長男くんの方から頼んでくるのは初めてのこと。
    気持ちだけはあるんだってことは分かります。
    行こうと思ってることだけは。

    今日は、1個だけ受けて帰ってきました。

    長男くんが出かけている間に、
    思い切って大学の学生相談室に電話を入れてみました。

    すると、なんと長男くん本人も電話を入れてたみたいで。
    「明日カウンセリングの予約を入れました」とのこと。

    ずっと、「学生相談室に駆け込みなさい」って言ってはいて、
    でも本人にしたら、ようやくのことで講義を受けた後で、
    とにかく疲労困憊。
    いつも行くどころじゃなかったらしく、なかなか遠い学生相談室ではありました。

    それが今日は予約するまでたどり着けた。
    ほんのちょっぴりだけど、いい知らせ

    私からも、少しだけ現状をお話しました。
    カウンセラーの先生からは、
    「担任の先生からも、心配してこちらに電話が入ってました」とのお話。

    これには驚くやら、嬉しいやら。

    入学の時点でアスペルガーであることを伝え、
    「配慮学生」として後方支援をしてもらっていたので、
    それがよかったのかもしれません。

    明日、長男くんの状態次第で、
    担任の先生のところに出向き、
    できれば長男くんの口から、
    無理そうならカウンセラーの先生から、
    現状を説明をしようと思っているとのお話でした。

    おまかせしてみようと思います。

    明日、カウンセリングの時間に大学に向かえるのかも不透明な今。
    しかも、何やら緊張してる風の長男くんです。
    カウンセラーの先生からの話をそのまま伝えたので、
    かえって緊張させてしまって逆効果だったかもしれません。

    とはいえ、緊張は本人の自覚の外なんですが。
    だから、タチが悪い。

    行けないかもね。
    でも、その時は「お母さんに電話します」ってことだったし。
    最悪を想定して準備をして下さってることで、
    とても大きな安心感。

    流れにまかせてみよう。うん。

    ダンナは、
    単位落とした後だって、学校に行って勉強してくればいいと言います。

    行きたいと思ってるのに行けなくて困ってる人間に向かって、
    何言ってるんだろう、この人…


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    現実 - 2014.05.19 Mon

    長男くんは、薬を変えました。

    まずは漢方で体質改善を目指しましょう、と始めたお薬。
    何ら変化もないまま、
    今期もまた単位を取れずに終わりそうな気配。

    この前の診察で、薬が弱めの抗不安薬に変更されました。
    飲んで2日。
    今のところ、副作用はなさそう。

    とは言っても、月曜日の今日。
    やっぱり学校には行けませんでした。

    やっぱり、最初の段階でもっと強く休学を勧めてみればよかったかなあ…。

    少しだけ後悔。
    こんなに本人は苦しい時なのに、
    サボりが続いてる学生という印象だけが残るんだろうか、と
    本当にそこが不憫でならず

    大学の手続きの中に、何か方策があるのかどうなのか。
    それもあんまり分かっていません。
    大学の学生相談室に、また駆け込んでみたら?って
    長男くんに言ってみてはいるんだけど…。

    口をはさむべきなんでしょうかね、私。
    大学に聞いてみるとか。

    どうしたものか…。

    今日は、二男くんも休んだようです。
    しかも、さも学校に行ったと
    私を誤解させるようなあれやこれやの工夫が目について、
    なんだか、本当に悲しくなりました。

    行かなかったことより、嘘で固めるそのやり方が。

    実は昨日、三男くんの体育祭だったんです。
    心の底から体育祭を楽しむ三男くんの姿を満喫した1日。
    とっても疲れたんだけど、
    それはもう心地いい疲れで。

    明けて今日がそんな感じでしょう。
    一気に現実に戻されたというか…。

    なんだかな

    今日は本当にくたびれちゃったな。
    もやは、なかなか晴れないものです。

    気持ち、上げないとね。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    「どうしよう…」 - 2014.05.14 Wed

    相変わらずの長男くんは、今日も相変わらずです。

    今日、早速2つ単位を落としたようです。
    状況は何も好転していないので、
    多分次から次に、ということにはなるかと思います。

    今日からは休めない。
    そう思ってた長男くん。
    それだけに、傷心ぶりも尋常ではなく…。

    「どうしよう。」って何度も言いにきました。
    小さい子どもみたいに。

    本当にね。
    どうしたものか。

    高校の不登校時代とは、ちょっと印象が違います。

    あの頃の彼は、
    「行かなきゃ」という義務感だけで自分を保ってたから。

    今、長男くんにとっての大学が、
    「行かなきゃ」ではなく、「行きたい」ところだというのは、
    多分間違いじゃないんです。

    春休みの間には、
    次の夏休みもサークルで忙しくするつもりだなんて話もしていたり、
    秋にある研修旅行への参加も楽しみにしていたり。

    彼の中で大学が得体の知れない『化け物』になってるとは、
    どうも思えないんです。

    それなのに、行けないものは行けない。

    本当に理由が見えません。
    本当にどうしたものか、です。

    「なるようになるから」
    「心配いらないから」

    そんな言葉を返す私自身が、
    本当は、誰よりも「どうしよう」な気分なんだけどな。

    終わらないなあ、いろいろと…。

    どうしよう…。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (549)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (30)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (94)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹