• admin
  • topimage

    2013-09

    『箱』 - 2013.09.28 Sat

    すっかり二男くん中心になってるこのブログ。

    元々は、長男くんが圧倒的中心でした。
    その長男くん、今じゃ大学生。
    結構普通に大学生活を満喫中です。

    そのことを、知ってもらいたい人がいっぱいいます。

    きっと大丈夫。
    ほら長男くんを見てごらん、って。

    今二男くんのことであたふたしてる私自身にも。

    周りにもね、いるんです。
    今年高校に入学してから、
    なかなか学校に行きにくくなってる子。

    二男くんの同級生で、
    転校した通信制もなかなか行けずに、
    自ら発達障害を疑って、調べている子。

    いろいろ、いろいろ。

    なんで私の周りってそういう子がこんなに多いんだろう。
    最初、そう思いました。

    だけど、そうか。
    多いんじゃなくて、多く感じるだけね。

    きっと関心の問題。

    発達障害の診断を受けたい、と
    いろいろ話をしたり聞いたりしたお母さんから、
    その日もらったメールに、こんな言葉。

    「今が必要だったんだと思えるようになるまで、
     無理せず頑張ります。」

    うん、私も

    それまでにかかる時間は十人十色で、ゴール地点は予測不能。

    だけど、止まない雨はないってこと。
    明けない夜はないってこと。


    長男くんにおねだりしたら、
    さらっとこんな詩を作ってくれました。


      『箱』

    大きな箱を出て歩いていくよ
    小さな箱を鞄に隠し持って
    大きな箱に乗って会いに行くよ
    小さな箱を君に渡すために

    大きな大きな波の中で
    小さな小さな僕はひとり
    大きな大きな闇の中に
    小さな小さな光を探す

    大きな箱を降りて歩いていくよ
    小さな箱を君に渡すために

    大きな箱の前で深呼吸
    小さな箱を持って深呼吸
    大きな箱の中にいる君に
    小さな箱をそっと渡すために


          by 長男くん・19歳の夏


    箱を飛び出した長男くんと、
    箱の中に残りたがってる二男くんと。

    外をのぞいてみるくらい、してみないかなあ…。
    二男くん


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    カウンセリングを始めます - 2013.09.26 Thu

    心療内科、行ってきました。
    二男くんと一緒に。

    結果は…「?」

    先生は、以前お世話になった先生でなかったのもあるかな。
    思春期の子向きではないというだけかも。
    親の私から背景の話を聞くこともないまま、
    本人に服薬を提案していたことで、
    私の中で、これはもうアウトでした

    本人抜きのところで話したいこともいっぱいあるのに、
    そんな機会も作ってくれないし。

    これはだめだ、と。
    思わずそう思ったのだけど…。

    それでも、カウンセリングを始めることになりました。

    カウンセリングをして下さる臨床心理士の先生は、
    長男くんの時にどっぷりお世話になった先生。
    あの先生なら安心です。

    医師の先生については…。
    勇気を出して変更を申し入れてみようかと思ってます。
    二男くんとの相性もさることながら、
    私自身が信用できそうにありません。

    あと、長男くんが最初に受けたWISK検査、
    二男くんも受けたいと申し入れもしてきました。

    凸凹を知るための検査と言っていいかな。

    二男くんのこと、『定型』だと思ってきました。
    今でもそう思ってます。

    だけど、こういうことって、
    本当に物は考えよう、というところがあって。
    もしかして、と思えばそんな気がしてくる。
    そんなものでしょう。

    で、今。
    どうも引きずられてきている自分がいます。
    二男くんの中に、凸凹を探している自分。
    だから冷静になりたいという気持ち半分。

    凸凹は誰にでもあるもの。
    だから、自分の苦手を知ることで、
    今後の彼の自信につながれば、という思い半分。

    凸凹も、生活に支障が来たせば障害、
    そうでなければ愛すべき個性。

    実はつい最近、
    相談を受けた2人の人に、こんな話をしたばかりです。
    それにとらわれるのは逆効果だよって。

    それを自分にも言い聞かせつつ…。

    ただね
    時間のなさを考えると、やっぱりちょっと焦ります。
    焦ってもしょうがないけど、焦る。

    まだ、腹のくくり方が足りない


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    相変わらずの週末と相変わらずの週明け - 2013.09.24 Tue

    三男くん色いっぱいになる最近の週末。
    先週もしかり。

    練習試合に行ってきました。

    こういう分かりやすい形で、
    三男くんへの関心をアピールしてる計算も
    あるような、ないような…。

    三男くんの世界に行けば行ったで、
    いろいろあります。
    それが思春期。

    腹立たしいことあり、気がかりあり。
    でも、いろんな形でみんな頑張ってる結果。
    たかだか14歳、15歳の子たちが、
    頭がパンパンになるほど、考えて悩んで。

    その一つ一つが栄養になって、血となり肉となるんだからね。
    大いに悩みたまえ。

    そう思う。

    だけど、頑張ってるなと思いながら見る目って大切。
    それが、足りなかったかな。
    長男くん、二男くんの頃の私。

    やっぱり…。
    私がいけなかったところ、いっぱいあるかな。
    今の二男くん、過去の私次第で防げたのかな。

    この感覚。
    多分、ずっとつきまといます。
    長男くんの時から、ずっとそこにある思いです。
    こればっかりは、どうも逃げられないみたい。
    うまくつきあっていくしかなさそうです。

    今週も二男くんは相変わらずです。
    相変わらず、行くという覚悟が決まらずに、うだうだ。

    実は、明日心療内科に予約を入れています。
    長男くんの時にお世話になった心療内科です。

    二男くんは、決して行きたいと言ったわけではないけど、
    半ば説得する形で、受診を決めました。

    学校に戻りたいと言う二男くん。
    だけどなかなか戻れない二男くん。

    「何かとっかかりとして、始めてみようか。」

    彼がそのまま通院することをよしとしないのなら、
    私が通うのもありかな。
    そんなことを考えながら…。

    実は、以前から何度か話をもちかけてみてたのですが、
    二男くん自身が行き渋っていて。

    話をふられた二男くん。
    最初はずっと無言で考えてました。

    抵抗があるのかな、
    一体何に対する抵抗だろう。
    もしかしたら、
    今の状態から変化することが、本当はイヤなのかも。

    何回かの「どうする?」の後、
    いったん「いいよ。」と返事をした後は、
    行くモードになったようでした。
    こちらから押し付けられてる感じでもないようなので、
    そこはほっとしてます。

    今週も行けなかったら、そろそろ欠席日数40日。
    また来週あたり、お呼び出しがかかる頃かな。

    毎回、なんて新しい進展も報告できないまま、
    いつもいつも、
    私の気持ちの整理のためだけの記事の更新です。

    お付き合いいただいてありがとうごさいます

    次回は、心療内科の後日談、かな。



    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    小さいけど『いいこと』 - 2013.09.21 Sat

    また週末まできちゃいました。

    だけど、やっぱり気は楽。
    行く行かないのアクションがありませんからね。

    二日前の中秋の名月。
    いつもだったら、わざわざ外に出てまで見てるのに、
    今回はすっかり忘れてしまい…。

    昨日、1日遅れの、
    まん丸ならぬ、ほぼまん丸お月様を見ましたよ。

    きれいなきれいなお月様でした。

    私、二男くんのことでは、
    やっぱり泣かされるしくたびれるし。
    だけど、それでも毎日元気に
    『母ちゃん』をやってるつもりだったんです。

    それが、それがです。
    二日前、三男くんに聞かれました。
    「お母さん、元気?」って。

    「元気よ~。」って答えながら、猛省。
    心配かけちゃってます。
    気を使わせちゃってます。

    頑張らないとな。
    三男くんには、遠慮せず反抗期を迎えてもらうためにもね。

    そんなことを、
    昨日月を見ながら考えてました。
    頑張ろうって。

    みんな優しいし。

    ずつとパソコンが二男くんに占領されてるもので、
    スマホからの更新です。

    そうそう。
    昨日は、仕事から帰ったら、
    二男くんが洗濯物を取り込んでくれてました。

    見過ごしてしまいそうな、
    小さな小さな『いいこと』がまたひとつ。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    中途半端 - 2013.09.19 Thu

    気が付けば、二男くんの話題は、
    「絶対」と豪語してたきりなんですね。

    なんか、随分日にちが経ってしまってました。

    実のところ、二男くんはまだ行けずにいます。
    何か見えない抵抗があるようです。

    期待してはいないつもりだったけど、
    やっぱり二男くんの「絶対」には期待してしまってたよう。

    お世辞にも冷静とは言えない状態の自分を
    少々持て余し気味のこの数日です。

    二男くんも、
    「絶対」を実行できなかったことに
    すねていらっしゃるのかどうなのか。
    朝もほっとけば起きてこないような空気を漂わせるので、
    バトルを2度3度

    バトルと言うか…。

    私からの一方的ないやみ攻撃かなぁ

    スクールカウンセラーの先生からは、
    朝起きないとしてもほっとけ、と言われました。

    だけど、彼の場合ほっとけば、
    性格的に、あっという間に昼夜逆転してしまいそうです。

    それもあり、かもしれない。
    自己嫌悪に陥らせるという薬のためならばね。

    だけど、そこまで時間をかける勇気が、
    私にはまだないです

    学校に戻りたいとする彼の気持ちは本物だとも思うので、
    そうなった時のために、
    少しでも負担のないように、あれこれ誘導すること。
    これは過保護なのかな。

    ちょっと悩んでます。

    長男くんの場合は、それは必要でした。
    それが彼の凹の部分で、
    自分が自分のものになるまでは、
    彼が今までにため込んできた『?』の答え合わせをするために、
    周りが具体的に教えていくことが、
    何が何でも必要でした。

    でも二男くんは?

    二男くんの中に、ずっと中途半端な甘えが見えていて、
    「行けない」のではなく「行かない」という正直な気持ちが
    どうしても見えてしまうので、
    それがどうにも今回腹に据えかねて、
    思わずそれを二男くんにぶつけてしまいました。

    言ったらいけないこと、言ったと思います。

    私の感じることが本当だとしても、
    (多分本当なんだけど、)
    それは無意識のことだから。
    本人にしてみたら、必死で苦しんでるんだから。

    とても傷つけたと思います。

    二男くん、その後プチ家出しました。
    3時間ほど。

    夜にはメールと共に帰ってきました。
    「今から帰ります。」
    「すみませんでした。」

    本当にタイミング悪く、
    私「おかえり」が言えませんでした。

    言いたくなくて言ってないと、多分思われました。

    それは本当に、ただただタイミングの問題だったんだけど。
    ちゃんと言っときたかったんだけど。
    あえてそこは。

    「おかえり」って。

    時計の針は戻せないので、
    そこだけずっと気になっています。

    私がぶつけた失言よりも、ずっと
    「おかえり」って言えなかったことが気になるんです。

    なんだか変なの

    喧嘩中というわけではないです。
    二男くんから、ご機嫌とりのようなアクションがなくなっただけ。

    「聞こえいいことだけ並べてご機嫌とりされても、全然嬉しくない!」
    って、この前言っちゃったし。

    今の状態。
    母が救いの存在なんぞには、全然なってない。
    むしろ逆。
    だけど、仲良し親子にも戻りたくない。

    私に救ってもらおうとしないでほしい。
    親離れしてよ。
    イライラするよ、まったく。

    彼があと一歩踏み出せないのは、私のせいのような気がする。

    だけど、言われた通りに完全にほっとくことも
    できないままです。

    中途半端なのは私です。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (551)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (31)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (95)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹